« 山田ルイ53世 | トップページ | 石橋 »

2008年12月25日 (木)

賢者の贈り物

 今日はクリスマスという事になっていますが、日本では「クリスマス当日」よりも、むしろ前日の「クリスマス・イブ」の方が有り難がられる風潮にあるようで、今日あたりはもしかすると、祭りの後みたいな空虚な気持ちで過ごしている人も居るんじゃないのかな(笑い)

 で、時には私も人並みに、クリスマスらしい記事でも書こうと思います (^.^; ポリポリ

 

 クリスマスにまつわるエピソードとか寓話の類は、それこそ数え切れないくらいあるんじゃないかと思いますが、昨日、ネッ友さんのお一人であるこやなぎ名人が、「サンタはほんとうにいるの?」というタイトルで記事を書いていらっしゃいました。

 100年以上も前に、「サンタはほんとうにいるの?」という女の子の手紙をもらった新聞社の記者が、社説を使って回答した実話を紹介しているのですが、私はこういうハナシが大好きです (*^.-^*)♪
 有名なエピソードなので、ご存じの方も少なくないと思いますが、ご存じない方はぜひ読んで頂きたいので、下のURLをクリックして訪問してみて下さい ( ^-^)/ ♪

http://blogs.yahoo.co.jp/koyanagimeijin/57821899.html

 

20081225001  クリスマスのお話としては、やっぱり心温まるものがいいだろうという事で、今日私が選んだのは、タイトルにもあるように、オー・ヘンリー作の「賢者の贈り物」です・・・ o(*^▽^*)o~♪

 詳しい内容は、こちらをクリックしていただければお読み頂く事ができますが、あらすじを簡単に述べると・・・

 

 若くして夫婦になったジムとデラは、貧しくも互いを愛して暮らしていました。

 二人は貧しい生活をしていましたが、それぞれに大事な宝物を持っていました。
 ジムの宝物は祖父から父へと代々伝わる金の懐中時計、一方、デラの宝物はその美しい髪の毛でした。

 クリスマスの前日、デラはそれまで生活を切り詰めて少しずつ小銭を貯めてきたにもかかわらず、愛する夫にプレゼントを買うだけのお金がないことを嘆き、思案したあげく、自慢の美しい髪を切ってかつら屋に売る事を思いつきます。
 そして髪を売ったお金で、ジムの宝物である金の懐中時計に付けるプラチナの鎖を買ったのでした。

 ジムは家に帰ると、髪を切ったデラの姿を見て・・・ 怒りでも、驚きでも、不満でも、恐怖でもない、複雑な表情をしました。

 ジムがデラのために用意したプレゼントは、デラの美しい髪に似合うべっ甲の髪飾りだったのです。
 でも、その髪飾りによって飾られるべき美しい髪は、もはやデラにはありませんでした・・・

 それでもデラは感激し、髪はすぐに伸びるからと言いながら、ジムの時計に付けるために買ったプラチナの鎖を渡します。
 ところがジムは、デラにプレゼントする髪飾りを買うために、自慢の金の懐中時計を売ってしまっていたのでした・・・ (^^;

 

 お互いに、お互いを思いやって選んだ最高のプレゼントのはずなのに、結果としてどちらのプレゼントも役には立たず、あまつさえ、どちらも宝物を失ってしまうという、最悪の結末なのですが、男女の間において、こういう心のすれ違いは往々にして有りがちであるだけに、短いストーリーではありますが、簡単に読み飛ばす事のできない奥深さを秘めていると思います。

 

 男性が女性のためにと思って密かに用意するプレゼントというものは、えてして独り善がりのものが多く、女性には気に入ってもらえない事が少なくないんですよね (^.^; ポリポリ
 そのあたりが、男性と女性との感覚のズレというか・・・ (^^;

 反対に、女性が選ぶプレゼントを気に入らない男性はあまり居ないと思いますよ(笑い)

 

 やっぱり、プレゼントを選ぶ時には、しっかりコミュニケーションをとり、相手の意向を聞いた上で決めるのがムダもないし、結果として喜ばれるのかなと(苦笑)

 そんな、身もふたもないような事を言ってしまったら、この「賢者の贈り物」に対する冒涜になるのかな (^◇^) 。。。ケラケラ

 しかし、宝物は失ってしまったかもしれませんが、この二人のお互いを大切に思う愛情はホンモノですから、それこそが何にも替えがたい「宝物」なんでしょうね o(*^▽^*)o~♪

 だから、この話を読み終えたあとに、なんともいえないほのぼのとした幸せを感じるのでしょう・・・

 

 ところで、この話の中において、鎖を貰ったジムと髪飾りを貰ったデラ、どちらの方が得をしたのでしょう・・・ (^^;

 やっぱり、いずれ髪が伸びて来るであろうデラの方が、もらった髪飾りを使う事ができる分、得をしたんじゃないのかなぁと私なんかは思っています (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« 山田ルイ53世 | トップページ | 石橋 »

季節便り」カテゴリの記事

コメント

こんにちはお邪魔します。(~o~)
今年はクルシミマスの人が多いの
では無いでしょうか。私は
毎年クルシミマスです。

余談ですが、(全部余談ですが)
安馬は安馬のままでよかったの
じゃないですか。山本山ってお茶と海苔の
山本山から懸賞金出るのでしょうね。
山本山は話題になりそうですね。
お邪魔致しました。


投稿: 偏屈オヤジ | 2008年12月25日 (木) 13:58

 偏屈オヤジさん、どうもです (^_^)/

 日馬富士の四股名については、11月27日の記事で語った事もあります。もし、ご覧頂いていないのなら、そちらも合わせてご一読ください ( ^-^)/ ♪
http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-26cb.html

 山本山は、入門当時から山本山が関心を寄せています。
 幕内に昇進したら懸賞をかける事を検討すると言ったとか言わないとか・・・ (^^;
 彼には入門当時から華があります。けっこう人気者になれるんじゃないかなと思いますよ。もしかしたら、高見盛の人気をを凌げるかも (^^)v

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年12月25日 (木) 23:02

ジムとデラのお話、おもしろいですね。
髪が長くなった頃、この2人はまだ夫婦だったのかな。
ちょっと、気になりました。
プレゼント。どうも困ると、貴金属に逃げちゃいます。

投稿: むうさん | 2008年12月26日 (金) 02:37

 むうさん、どうもです (^^)/

 きっと、二人の愛は変わらなかったんじゃないかと・・・
 そんなふうに、個人的にも応援したくなります (^^)v

 私の場合は、困ったら花束です(笑い)
 どんな人でも、花をもらって喜ばない人はまず居ないと思うから。

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年12月26日 (金) 07:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賢者の贈り物:

« 山田ルイ53世 | トップページ | 石橋 »