« 賀正 | トップページ | 箱根駅伝2009 往路 »

2009年1月 2日 (金)

ニューイヤー駅伝2009

 元日恒例の「第53回全日本実業団対抗駅伝」を今年もテレビ観戦しました (^^)v

 

 いやぁ、今年のニューイヤー駅伝はおもしろかったですねぇ(笑い)
 例年だと、コニカミノルタとか中国電力とかの有力チームを中心にレースが展開され、結果もある程度見えている事が多いので、途中で観戦意欲が削がれてしまう事が少なくないんですが、今年は、1区が旭化成、2区は日清食品、3区はホンダ、4区は小森コーポレーション、そして5区が富士通と、トップがめまぐるしく入れ替わる大混戦で、最終的に7区で旭化成、日清食品、富士通の3チームが団子になってアンカー勝負に・・・

 そして、劇的だったのは、終始後方から旭化成と日清食品の様子を窺っていた富士通の松下龍治が、ラスト300mを切って後ろから一気に前に出、日清食品の大西とのデッドヒートを制して感動のゴールテープを切った・・・ ヽ(^◇^*)/

 いや~、素晴らしかったですね~ ヽ(^o^)尸

 5区の中盤から続いたこの3チームの優勝争いは、実に30キロ以上にもおよび、どこが優勝するのか最後の最後までわからないという最高の展開になりました。
 その中にあって、富士通のアンカーであった松下は、この熾烈な併走を楽しんでいる風があり、笑顔とも思える表情を見せながら、旭化成の足立と日清食品の大西を風よけにして後方からついていった・・・
 残り3キロ付近、一度松下はスパートをかけて前に出た事があったが、引き離す事はできずに吸収されて再び後方に・・・
 あとは、ジッと我慢で、最後の最後にラストスパートで飛び出した大西と足立を、ゴール直前で交わして、わずかに1秒差で優勝をもぎ取った。

 こういうレースは、戦っている方は堪らないだろうけど、見ている方は最高ですよね(笑い)

 

 ところで、私の一押しの中国電力ですが、今年も見せ場を作る事のないまま7位でレースを終えた・・・ (ノ_-;)ハア…
 ただの一度も優勝争いに絡む事のないまま終えた中国電力の敗因は、2区を走った黒田将由と6区を走った油谷繁の不本意な走りだろう。二人とも区間23位という信じられない走りで、先頭から大きく引き離されてしまったからだ。
 2区はスタートしてきたランナーからタスキを受け継ぐ役目であり、6区はアンカーにタスキを渡す役目を担っている。
 ところが、この二人がブレーキとなって中国電力は優勝争いに絡む事はついに無かった・・・

 この二人以外の選手達は、一応区間5位か6位くらいの順位で走っていたから、もう少し好成績を残せたのではないかと思うと、チョッと残念ですね (^^ゞ
 もっとも、今年からコース変更があり、2区はインターナショナル区間という事で外国人選手の起用はこの区間だけに限られ、ハイレベルのスピードレースになったため、区間23位だからといって一概に黒田将由を責められはしないが、だったら中国電力もそういうレースに対応できるだけの選手を起用するべきだったのではないか・・・
 一応、黒田は日本人選手の中では4位のタイムで走ったわけではあるけれど、8.3キロという最短区間でトップの日清食品とはちょうど2分の差となってしまった・・・
 まぁ、これはある程度予想のできた展開ではあったろうが、さすがに油谷のブレーキは致命的だった・・・
 せっかく、佐藤、伊達、岡本と、いい走りでタスキをつなぎ、トップの富士通とは1分34秒差まで詰め寄ったのに、逆に2分28秒差まで広がってしまったからだ・・・ (__;)

 アンカーの梅木も意地を見せてよく走ったけれど、最終的にトップとは2分34秒差の7位でのゴールだった・・・ (^^;

 

 振り返って、中国電力がこの先優勝を目指すとすれば、スピードに対応できるかどうかがカギとなるだろう。
 純和製のサムライ軍団なんてのにこだわるのもいいかもしれないが、積極的に外国人選手を獲るとか、区間賞を取れるだけの選手を育てるとかしない事にはハナシにならないんじゃないのかな。
 結果的に、昨日のレースでは、区間4位の岡本が最高で、佐藤と伊達が区間5位、梅木が区間6位、藤森が区間7位という成績しか残せなかったわけですから、優勝争いに絡めないのはやむを得ない事なんじゃないでしょうか・・・ (__;)

 

 ちなみに、優勝した富士通も区間賞は一人も取っていませんが、1区と2区以外では、常に区間3位以内で走っていたのが、結果として優勝という結果につながったのだと思います。

 来年も、こんなワクワクするレース展開だといいな・・・ o(*^▽^*)o~♪

|

« 賀正 | トップページ | 箱根駅伝2009 往路 »

ロードレースを語る」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
たすきをつないでいく駅伝は、
マラソンにはない魅力がありますね。
区間賞が一人もいなくても、
優勝できるというのもすごい!
チームワークの大切さを教えられるような気がします。

投稿: こやなぎ名人 | 2009年1月 2日 (金) 05:50

 名人、おめでとうございます (^_^)/

 マラソンと駅伝は似て非なる競技で、私は駅伝の方が断然好きです o(*^▽^*)o~♪
 今日は箱根の往路なので、これも楽しみにしています (^^)v

投稿: 夢見るピーターパン | 2009年1月 2日 (金) 07:30

いや~、実に面白いレースでした。
100kmを走るのに、たった1秒差で決着がつくなんて、これが、駅伝の面白さだ!というのを見せてくれた大会だったと思います。
今日の、箱根駅伝もまた、感動ものでしたね。
山登りでの、東洋大の大逆転。
今年は、駅伝が面白いですねー!

投稿: すが太郎 | 2009年1月 2日 (金) 21:42

 すがさん、どうもです (^^)/

 おっしゃるとおり、元日も、昨日も、素晴らしいレース展開でした ヽ(^◇^*)/
 今日は、いよいよ箱根の復路。おそらく、早稲田が前評判通りに優勝するんじゃないかな(笑い)

投稿: 夢見るピーターパン | 2009年1月 3日 (土) 06:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤー駅伝2009:

« 賀正 | トップページ | 箱根駅伝2009 往路 »