« 防空壕 | トップページ | 競演 »

2009年4月 7日 (火)

競馬場

 私は、競馬にはまったく関心がないので、馬券を買ったことはおろか、競馬の中継を見たこともありません(苦笑)
 競走馬の名前も、引退したごく一部の有名な馬は別にして、現役の競走馬はほとんど知りませんし、名前を聞いたことがある馬もどんなレースをしているのかさえも知りません (^_^ゞポリポリ

 競馬場というタイトルですが、競馬場に行った事は一度もありません。
 ただ、習志野に住んでいたことがあり、そこは船橋競馬場のすぐ近くでした。なおかつ、中央競馬を代表する中山競馬場も近くに在りまして、私自身は利用したことはありませんが、競馬の開催日には付近は渋滞するので、なるべく近寄らないようにしていました (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 先日、お花見をした記事を書きましたが、そこには興味深いモノがありまして、今日はそれをご紹介してみようかと・・・ (^^ゞ

 

20090407012  これは、露店が出ていたそばにあったもので、小高く盛り上がった土手のようになっています。
 今ではそこにも桜の木が植えられていまして、子ども達が駆け上がったりして遊んでいる姿も見られました。

 実はこれ、かつて「馬見場」だった跡だと聞きました。
 馬見場・・・ 競馬に出走する競走馬を外から見るところで、今でいえばパドックのようなものでしょうか。

 

 日本競馬の発祥の地は横浜ということになっていますが、ここ、三里塚にもかつて競馬場があり、競走馬の育成も行なっていたという事を知りました。

 

20090407011_2

 

 これは、現在の三里塚の地図ですが、中央に円形に道があるのがおわかりかと思います。
 これが、かつて三里塚で行なわれていた競馬のコースの名残です (^^)v
 そして、コースの上端にある緑地が、先日私たちが花見をした「三里塚第一公園」で、そこに先の馬見場が設けられていたわけです。

 

 昭和44年に、成田空港建設の決定を受け、三里塚一帯にあった「下総御料牧場」は空港の敷地となることが決まり、牧場関係者や家畜たちは栃木県高根沢町に移転する事が決定されて今に至ります。

 その際に、競走馬などの民間のサラブレッド生産牧場は北海道の日高地方へと拠点を移しましたが、「シンボリ」の冠名で有名な「新堀牧場」を始めとして、今もなお三里塚の周辺には競走馬を飼育している牧場がいくつも点在し、往年のサラブレッドの産地としての面影を残しています。

|

« 防空壕 | トップページ | 競演 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競馬場:

« 防空壕 | トップページ | 競演 »