« 決定回避の法則 | トップページ | 大凧会館 »

2009年4月13日 (月)

権現堂桜堤

 埼玉県の桜の名所で、幸手市にある「権現堂桜堤」・・・
 近くに住むネッ友さんの情報もあり、ティンクも一度ここの桜と菜の花を見てみたいと思っていたようなので、昨日の日曜日、二人で花見に行って来ました。

 

 ネットで調べると、今年の「桜まつり」は、3月26日から4月9日までということで、この期間は花見客で混み合い、堤へと続く県道もマイカー渋滞が延々と続くと聞いていたので、まつりが終わった12日なら桜も満開を過ぎ、それほど混み合うこともないだろうということでこの日に決めました。
 時期が終わって誰も居ない観光地というのもなんですが、むやみに混み合う場所というのは私は苦手なので・・・ (^.^; ポリポリ

 

20090413012

20090413001 20090413002

 しかし、昨日の駐車場も、すぐに停めることはできましたがけっこう混み合っていまして、お花見客も露店も会場ではたくさん見かけました。
 さすがにソメイヨシノはだいぶ散っていて、代わりに葉っぱが目につく状態でしたが、菜の花は満開でした。
 会場では、有名な場所だけに、「桜まつりが終わってもさすがに人が多いね」とか言っていたんですが、帰宅して幸手市観光協会のHPを見ると、いつの間にか開催期間が3日間延長されて、昨日までに変更になっていました (^^;
 そうでしょうね、会場にアレだけの露店が並んでいるというのは、桜まつりが続いているというなによりの証拠だったんでしょうが、気がつかないままに会場を後にしました・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 以下は、昨日撮ってきた写真の一部です ( ^-^)/ ♪

 

20090413003 20090413011

 堤の下で花見を楽しんでいる人々です。私らが会場に着いたのはお昼過ぎでしたが、ご覧のようにたくさんの人々が場所を取ってそれぞれに楽しんでいました。

 屋台も、4~5百メートルくらいに渡って延々と軒を連ねていました。

 

20090413004 20090413005

 私らが席を取った、菜の花畑の前の堤です。桜はご覧のような感じでしたが、時折風に舞って降り注ぐ桜の花びらがなんともいえないくらい風情がありました (*^.-^*)♪

 目の前には、広大な菜の花畑が広がっており、昨日は桜よりも、むしろこちらのほうが見事でしたねぇ ヽ(^◇^*)/

 

20090413006 20090413007 20090413008

 これが、菜の花畑を撮った写真です。一面、黄色い菜の花の海で、見事の一言に尽きます。

 

 上にアップした会場の見取り図にも書いてありますが、菜の花畑の先の中川に架かる吊り橋が写真に写っています。
 この橋は外野橋(そとのばし)と呼ばれ、行幸湖(みゆきこ)とを結ぶ連絡路になっています。行幸湖の中には、権現堂大噴水と呼ばれる噴水が設けられており、毎正時と30分にそれぞれ30m以上も水を噴き上げているのが見えました。

 

20090413009 20090413010

 似たようなお店が軒を並べる露店の中で、一際異彩を放っていたお店です。
 「天狗屋」という名前の「たこ焼き屋」なんですが、このお店だけお客さんが長~い列を作っていました(笑い)
 「おいしくなければ代金はお返しします」という張り紙は、おそらくはったりだと思われますが、行列を見た人がさらに後ろに並んでいくわけで、お店の前から土手の上へと、延々と並んでいるお客さんの様子を、上と下からそれぞれ撮ってみました (^^;
 まったく、日本人というのはどこに行っても行列が好きというか・・・ 私には考えられませんよ(笑い)

 

 実は、会場でティンクのお弁当を食べている時に、チャットで横浜のネッ友さんが旦那さんと二人で偶然にこの会場に来ているのを知って、せっかくですからどこかで待ち合わせしましょうということで、ミニオフをしてきました(苦笑)
 初めてお会いする方ですが、あの人混みの中でも意外とすぐにそれとわかるものですね (^_^ゞポリポリ
 世間話を交わしたのはホンの10分ほどでしたが、みけさん、楽しい時間をありがとうございました o(*^▽^*)o~♪

|

« 決定回避の法則 | トップページ | 大凧会館 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権現堂桜堤:

« 決定回避の法則 | トップページ | 大凧会館 »