« この国はおかしい | トップページ | 4月の順位は »

2009年4月27日 (月)

木枯らし紋次郎

 昨年の2月、映画監督の市川崑が肺炎で亡くなった時にも、このブログで「木枯らし紋次郎」を取り上げて語りましたが、このGWに「木枯らし紋次郎」がテレビに帰ってくるそうです(笑い)

 といっても、連ドラではなく、今週放送のフジテレビ系の「金曜プレステージ」で、一夜限りの放送だそうで、その点だけがちょっぴり残念なところです。

 無宿渡世に怒りを込めて 口の楊枝がヒューと鳴る
 うわさのあいつが15年ぶりに帰ってきた!

 そうコピーが踊る、その最後に、新紋次郎には江口洋介!という文字が・・・ w(゚o゚)W

 

 無理もありません。木枯らし紋次郎といえば、中村敦夫を語る上では切っても切れない役柄であり、中村敦夫以外の木枯らし紋次郎なんて考えられないほどですから。

 しかし、フジテレビのHPから番組の前宣伝を見てみると、意外にも渡世人姿が似合っている江口洋介の紋次郎がそこに居ました (o^∇^o)ノ
 なるほどねぇ、誰がこのキャスティングをしたのか知りませんが、意外とはまり役かもしれませんね(笑い)

 

 ところで、「江口洋介」といえば、役者デビューは映画の「湘南爆走族」でした。
 その中での役名は、主役の「江口洋助」・・・ (^^;
 ナンと、文字は一字違いますが、読みはどちらも一緒です (^◇^) 。。。ケラケラ

 ですから、私はずっと、江口洋介という芸名は湘南爆走族の中での役名にちなんで付けられたものだと思っていました。
 しかし、江口洋介という名前は「芸名」ではなく「本名」だということで、それなら湘南爆走族の中での「江口洋助」役は、同じ名前だから回ってきた仕事だったという事も考えられるわけで、もしそうだったとすれば凄い「運」の持ち主だと考えざるを得ません。
 役者なんて、一応の役がもらえるまでどれだけの下積みが必要な事か・・・
 まして主役を演じることのできる役者なんてほんの一握りに過ぎないんですよ。
 それが、いきなり主役での役者デビューとなると、異例中の異例と言わざるを得ないわけで・・・

 

 私が江口洋介をドラマの中で意識したのは、あの有名な「101回目のプロポーズ」でした。主役は武田鉄矢、江口はその鉄矢の弟という役柄でした(爆笑)
 しかし、ドラマの中とはいえ、こんな似ていない兄弟が世の中に存在するんだろうか (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 その後、「ひとつ屋根の下」のあんちゃんとして柏木達也を好演します。このドラマはけっこうはまって見ていました (^_^ゞポリポリ

 奇しくも、今フジテレビでは午後3時から、「ひとつ屋根の下」が再放送されています。これも、この金曜日に「木枯らし紋次郎」が放送されますから、それに合わせて江口洋介の代表作の一つである「ひとつ屋根の下」が再放送されることになったものと思われます。
 先週、たまたま第1回目を放送しているのを見かけて、思わず懐かしくて見入ってしまいました(笑い)
 今週も、昭和の日で祝日となる水曜日を除いて、金曜日まで毎日放送されています。
 このドラマが放送されたのが93年といいますから、もう16年も前の事になるんですね (^^;

 

 江口洋介が演じる「木枯らし紋次郎」・・・
 私は以前に大河ドラマの中で坂本龍馬を演じている江口洋介を見たことがありますが、江口が時代劇に出るということ自体かなり珍しいことだと思うので、はたしてどのような渡世人姿を見せてくれるのかが、今からとても楽しみです p(^_^)q ワクワク
 放送が好評だったら、単発で終わることなく、ぜひ連ドラとしてシリーズ物にして頂きたいものです。

 

 蛇足ですが、本家の紋次郎を演じた中村敦夫も、友情出演ですかね、1シーンだけ登場するそうですよ (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« この国はおかしい | トップページ | 4月の順位は »

コメント

一つ屋根の下は、私もずっと見てましたよ。
江口洋介の木枯らし紋次郎も、結構、はまりそうな気がします。

投稿: すが太郎 | 2009年4月27日 (月) 12:06

 すがさん、どうもです (^_^)/

 ね、なんとなく期待持てそうな感じがしませんか o(*^▽^*)o
 私ゃ、今から待ち遠しくて (^_^ゞポリポリ

投稿: 夢ピ | 2009年4月27日 (月) 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木枯らし紋次郎:

« この国はおかしい | トップページ | 4月の順位は »