« ツツジ | トップページ | 筍掘り »

2009年4月18日 (土)

富士山ナンバー

20090418001_2  昨年の11月から交付が始まった「富士山ナンバー」ですが、昨日、伊豆の下田駅前で初めてその姿を見ました(笑い)

 これはレンタカーなので、別に番号を隠さなくてもいいかということでそのままアップしましたが、「96」という番号が笑えますね (^^;
 どうせなら「69」だともっとおもしろかったのに・・・
 (。_°☆\(- - )

 

 普通、ナンバープレートで人気の番号というと、「1」「7」、あるいは「777」など、全国どこに行ってもそれほど変わらないと思うけど、こと「富士山ナンバー」だけは事情が違います。
 なぜなら、一番人気は「3776」という事で、次が「223」だそうです。

 そうでしょうねぇ、富士山ナンバーというからには、番号は「3776」でなければ意味がないというか、「3776」だからこその富士山ナンバーともいえるわけで(笑い)

 数字だけをちょっと見ても、なぜこの番号が人気なのかすぐにはおわかりにならないかもしれませんが、「3776」というのは富士山の標高であり、「223」というのは、富士山と読めるからといいますから、そういわれてみればなるほどと納得する方も多いと思います。

 あるいは、「富士は日本一の山」なんていわれていますから、「1」というのもいいかもしれませんね(笑い)

 

 ただ、富士山ナンバーで特筆すべきなのは、複数の運輸支局をまたいだナンバー交付という事で、山梨運輸支局と静岡運輸支局の沼津自動車検査登録事務所の二つの管轄区で交付されることになったそうです。もちろん、これは全国でも初めてのケースです。
 普通、ナンバープレートを見れば、どこの県から来た車なのかが一目瞭然だったワケですが、「富士山ナンバー」に限っては、静岡県の車なのか、山梨県の車なのか、判断はつきかねるということになります (^^;

 静岡県は広いので、「富士山」の他にも「静岡」「沼津」「浜松」「伊豆」というナンバープレートがありまして、その数は全部で五つ。

 

20090418002  これも、昨日熱海市内で見かけた「伊豆ナンバー」で、ついでに撮ってみました。
 交付開始は平成18年といいますから、同じご当地ナンバーでも「富士山ナンバー」よりもずっと早いお目見えでした。

 

 蛇足ですが、私の愛車も、新設された「成田」というご当地ナンバーを付けて走っています (^_^ゞポリポリ
 それまでは「千葉」だったのですが、昨年買い換えた愛車に付いてきたナンバーは「成田」でした(笑い)
 個人的な好みでは「千葉」よりも「成田」ナンバーの方に断然思い入れがありますね (^^)v

|

« ツツジ | トップページ | 筍掘り »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

『会津』ナンバーも最初は珍しかったけど、
今では普通に見られるようになりました。
富士山はインパクトありますね。
次はどういうご当地ナンバーが話題になるのでしょうか(^_^)

投稿: こやなぎ名人 | 2009年4月18日 (土) 08:24

 名人、どうもです (^_^)/

 「会津」は、ナンバーとして用いるのなら絶対に旧字体の「會津」であって欲しかったのですが、そうなると読めないとかのいろいろな問題もあるだろうから仕方なかったんでしょうが、やはり一抹の淋しさを感じざるを得ません (^^ゞ

 いろいろと言われているご当地ナンバーですが、私は肯定派です (^^)v

投稿: 夢ピ | 2009年4月18日 (土) 08:31

2県にまたがるなんて、画期的ですね。
何処の地域が境なんだろう??
富士山が見える市町村??

投稿: すが太郎 | 2009年4月18日 (土) 23:33

 すがさん、どうもです (^_^)/

 画期的なことは認めますが、こういう事が広がっていくのはいかがなものかと保守的な私は懸念しています (^.^; ポリポリ
 例えば、神戸市から大阪市あたりにかけて、「阪神ナンバー」を作ろうなんて声はすぐに上がりそうだからです(笑い)

投稿: 夢ピ | 2009年4月19日 (日) 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山ナンバー:

« ツツジ | トップページ | 筍掘り »