« 高所作業 | トップページ | 寝言 »

2009年5月15日 (金)

市場のパン屋さん

20090514021

 写真は、船橋市の湊町にある、卸小売市場内に昨年の暮れにオープンした「市場のパン屋さん」という、自家製のパン屋さんです。

 

20090514022  それだけなら、街の自家製パン屋さんの一つということで特別珍しいお店ではありませんが、このお店がオープンしているのは、一週間のうちの月・木・金の3日間だけ (^^;
 しかも、営業時間は9:30~14:30の間だけという事で、かなり変則的な営業をしている特殊なお店ということになります。

 私がこの写真を撮ったのは、8日の14時前ですが、すでに「本日は終了しました」のボードが下がっていました (^^;
 という事は、この日焼いたパンは全て完売したという事になります ヽ(^◇^*)/

 ご覧のように、このお店では電話での予約も承っているということですから、あらかじめ購入するパンが決まっているのなら、週に3日間しかお店が開いていないとか、営業時間が短いとかはあまり関係ないという事になります。
 いついつ伺うからと電話で予約を入れてさえおけば、来店時にはパンが用意されているわけですから (^^)v

 一週間のうち、3日間しか営業できないというからには、お店側に何かしらのご事情があるんだと思いますが、そういうハンデをお客様に積極的にアピールしていくことで、逆に他店との差別化を図ることができるわけです。

 

 このお店のある場所は、駅から近いわけでもありませんし、大きな通りとか商店街に面しているわけでもありません。
 お店の前を歩く通行人はめったに居ませんし、駐車場だって無くて、抜け道となる狭い道路に在るわけですから、お客さんから見れば、足を運びやすいお店だとは決して言えないんですが、すでに半年近く営業しているわけですから、そこそこお客さんも付いているのだと思われます。

 

 要は、立地の悪さや営業時間の制約を嘆くのではなくて、こんなところでも、やりようによっては自家製パン屋も十分に商売になるという、良い見本なのではないでしょうか ( ^-^)/ ♪

|

« 高所作業 | トップページ | 寝言 »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市場のパン屋さん:

« 高所作業 | トップページ | 寝言 »