« アワビ | トップページ | ダースベーダー »

2009年5月 6日 (水)

会津帰省記 09GW編 その1

 故郷の雪も溶けたことですし、例年のごとく、このGWも会津の実家に帰省してまいりました (^_^ゞポリポリ

 ただ、今年のGWはいつもとは違って、ティンクと一緒に二人での帰省となります。
 ティンクは、昨年のお盆と11月の2度、私の実家に来てくれていますので、今回で3度目の訪問となりますが、GWは初めてになります。
 過去の2度の帰省で、私の父母ともすでに親しくなってくれていますので、今回の帰省でも最初からうち解けてくれてくれていたのでありがたい事だなと・・・ (^^ゞ

 今回の帰省は、3日・4日・5日の3日間で決行してまいりました(笑い)
 その顛末を、順に語ってみようかなと (^_^ゞポリポリ

 

 3日の朝は5時に起き、簡単に身支度を整え、ネッ友さんの部屋をザッと巡回して7時に自宅を後にしました。

 会津へのルートですが、いつものように高速道路などは一切使わずに、ひたすら空いている一般道を選択して向かいました。
 ラジオの交通情報などでは、各地で大渋滞をしているようなことを伝えてくれていましたが、私の選択したルートでは、全く渋滞は無く、とても快適にドライブを楽しめましたよ(笑い)

 主なルートは、我孫子市の栄橋を渡って利根川を越え、茨城県の利根町~竜ヶ崎市~牛久市と抜けてつくば市に入り、そこから桜川市(旧真壁町・旧大和村・旧岩瀬町)を経て栃木県の益子町に入ります。
 茨城県と栃木県との県境を越えてすぐのところに在る「本沼パーキング」でトイレ休憩を兼ねて一服し、さらに北上します。この辺りで10時を少し回っていました (^^)v

 益子の市街地は、こういう連休には焼き物を求める観光客が大挙して押し寄せてくるのを知っていますから、ここから矢板ICのところまではマトモな道は一切走らず、ひたすら裏道を走りついで走り抜けます (^^;

 矢板ICの付近からは、県道30号線で那須塩原市の関谷に抜け、ここからは国道400号線で塩原温泉郷を経て日光市の上三依で国道121号線に入ります。
 上三依に入ったところで、昨年のお盆に寄った美味しい蕎麦屋で昼食をとりました (^^)v
 私は温かなきのこそばを、ティンクはざるそばを注文、あとは岩魚の塩焼きを注文して一尾ずつ二人で食べました。
 ここで13時を回ったくらいです。

 14時少し前くらいにお店を出て再び走り出しました。
 あとは、一本道をひたすら北上するだけです。山王トンネルで福島との県境を越え、南会津町に至ります。

 15時くらいには、南会津町の田島付近を過ぎました。
 ここで当初の予定を大きく変更し、翌日に回る予定だった下郷町の大内宿に立ち寄って、土産物屋から「じゅうねん味噌」を購入してきました。
 この、じゅうねん味噌はティンクのお気に入りで、会津に行った際にはぜひまた買ってきたいと言うので、ついでだからちょっと寄り道して買ってきました。
 ただ、休日の大内宿はとても混み合います。この日も「大内宿から渋滞7.5キロ」という表示を見かけたので、表の正規のルートからではなく、裏からズルをしてイッキに駐車場付近まで乗り入れ、そこに一旦車を停めて徒歩で土産物屋に向かいました (^^)v
 観光ではなく、単にそこで売っている土産物を買うだけなので、渋滞に並ぶような悠長なことはしていられませんから(苦笑)

 

20090506001 20090506002

 写真は、駐車場に向かう観光客の車の長い列を撮ってみました (^^;

 右の写真は、正規のルートで混み合う右側の道路と、抜け道が合流する辺りを撮ってみました。
 この車の列の先に大内宿の有料駐車場があります。

 

20090506003 20090506004

 これは、駐車場に入るのを待ちきれずに、途中の路肩に停めてあった車の中の一台ですが、ロータススポーツです (^^;
 こんな車でこんな場所に乗り付けて、なおかつ屋根をオープン状態で無造作に路駐していける大胆なお方に脱帽です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 また、右は当日の大内宿の様子です。凄い混みようでしたよ (^^;

 

20090506006 20090506005

20090506007_2 20090506008 20090506009

 この後、大内宿から私の実家に向かう途中、芝桜が咲いている場所を見かけたので、ちょっと寄り道してみました(苦笑)

 それほど広い場所ではありませんが、周囲の施設もよく手入れされていて、なかなか感じのいい場所でした。

 ちなみに、ティンクの特別出演でアップして見ました(爆笑)

 

20090506010 20090506011

20090506012 20090506013

 

 さらに、同じ下郷町の桑取火(くわとび)地区に、カタクリの群生地があって、カタクリ祭りを行なっているというのぼりを見かけたので、こちらもついでだからと足を運んでみました (^^;

 ただ、すでに盛りの時期を過ぎてしまったそうで、カタクリの花はほとんど見かけることはなかったのが残念だったなと (^^;

 

 などと、無計画にあちこち寄り道しながらの帰省でして、最終的に実家にたどり着いたのが17時前となりました (^^;

 居間に上がると、私らの到着を待ちきれなかった妹夫婦が、すでに父とお酒を酌み交わしていました(笑い)
 しばし、妹夫婦を交えた酒宴で盛り上がりましたが、多少疲れていたこともあって、20時過ぎには床につきました (^_^ゞポリポリ

 

 以上、帰省初日の様子です ( ^-^)/ ♪

 総走行距離は、約300キロ。約10時間近い、の~んびりとしたドライブでした o(*^▽^*)o~♪

|

« アワビ | トップページ | ダースベーダー »

故郷「会津」を語る」カテゴリの記事

コメント

約300kmの道のりを高速を使わずに一般道を走るなんて凄いですね。
でも、渋滞のイライラを考えると、その方がいいのかもね。
参考にします。

投稿: すが太郎 | 2009年5月 6日 (水) 06:28

 すがさん、どうもです (^_^)/

 一般の方たちは、道を知らないから高速道路を利用するのだと思います。
 高速に乗ってしまえば、黙って目的地の近くまで行けますから、目的地の近くのICで下りれば、あとは土地勘があるのでなんとかなるわけです(笑い)

 それに、一般道というのは高速とは違って、いろんな景色を見ながら走れるんですよね o(*^▽^*)o
 気分次第で脇道に入ることも出来るし、食事だってPAなんかのお仕着せだけでなく好きなお店に入ることが出来ますし (^^)v

 走り慣れると、一般道でも100kmや200kmくらいの距離ならそれほどたいへんだとは思わなくなると思います(苦笑)

投稿: 夢ピ | 2009年5月 6日 (水) 07:31

いい帰省の旅でしたね。
二人連れだから、なおさら楽しかったことでしょうし(^_^)
またお二人で、いいドライブを楽しんでください。

投稿: こやなぎ名人 | 2009年5月 6日 (水) 10:35

 名人、ありがとうございます (^_^)/

 一人と違って、二人だと退屈しないので助かります (^_^ゞポリポリ
 なにより、いつも隣に座ってくれているのがいいです o(*^▽^*)o~♪

投稿: 夢ピ | 2009年5月 6日 (水) 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/44911188

この記事へのトラックバック一覧です: 会津帰省記 09GW編 その1:

« アワビ | トップページ | ダースベーダー »