« スイカ | トップページ | ガソリンスタンド »

2009年6月29日 (月)

板橋不動尊

 昨日、仕事の途中で見かけてずっと気になっていたお寺に、あらためてティンクを伴って行ってきました。

 「板橋のお不動さん」として、古くから関東一円の皆さんから信仰されてきた、茨城県はつくばみらい市(旧伊奈町)に在る「清安山願成寺不動院」、通称「板橋不動尊」です。

 

 主要な幹線道路や駅などからも離れているために、マイカー以外のアクセスは決して良いとはいえませんが、駐車場として設けられている空き地はかなり広いので、参拝客はけっこう多い方だと聞きます。

 よく言えば、田舎の閑静な場所に設けられた豪華なお寺で、建物に施された装飾は見事の一言 (^^)v

 記録によれば、このお寺は、大同3年(808年)に弘法大師が諸国行脚の折に、自ら御本尊の不動明王を彫刻されたのが始りとされ、実に1200年の歴史があるそうです。

 

 以下は、昨日撮ってきた写真の一部です ( ^-^)/ ♪

 

20090629010

20090629012 20090629011 20090629013

20090629014 20090629015

 これが、願成寺の本堂です。
 安土桃山時代に建立された、入母屋造の建築物ということで、県指定文化財にもなっています。
 さすがに重厚さと歴史の重みを感じます。

 ところで、このお寺の狛犬は、ちょっと変わっています。
 普通、狛犬といえば獅子の姿などをしており、お稲荷さんでは狐だったりもしますが、板橋不動尊では普通の白い犬の姿をしています。
 これは、このお寺が、安産子育ての霊験あらたかなお不動さんとして皆さんに親しまれている事の象徴であり、次のようないわれがあるそうです。

 江戸の昔、この近辺では難産の婦人が多かったために、親子共々亡くなってしまうことも少なくなく、子どもを身籠もると不幸になるというウワサが立つようになったそうです。
 そんな時に、村の名主の夢枕に雌雄の白い犬が現れ、板橋不動の使いだと名乗り、不動尊に参詣し、護摩祈祷をすれば難産の苦しみから救われると語り、その通りに祈祷して、白犬一対を奉納したところ、以後、難産で苦しむ者は一人もいなくなったということで、それからは誰言うともなく「お犬不動尊」と呼んで白い雌雄の犬を奉るようになったというものです。
 そのいわれから察するに、左側の犬は子どもを伴っていますから雌犬で、右側が雄犬だと思われます。

 これは、犬は多産でありながらお産が極めて軽いということから、昔から安産の象徴として、妊婦帯と戌の日のいわれにもなっている事に似ており、そういう古来からの言い伝えがモチーフになっているのかなと・・・ (^^ゞ

 

 しかし、このお寺の醍醐味は、なんといってもこの「三重塔」だと思います o(*^▽^*)o~♪

 

20090629002_2 20090629003

20090629004 20090629007

20090629005 20090629006

 どうですか、この見事な装飾の施された荘厳な趣は (o^∇^o)ノ

 安永元年(1722年)に建立され、足かけ8年かかって落成した県指定文化財です。

 高さ、25.1m、三層の屋根の下側(尾垂木)にはびっしりと竜の頭が彫られており、その迫力と精巧さは「見事」という他はない。
 他にも、彩色や彫刻が施されており、この三重塔だけでも見る価値は十分にあります。

 

20090629001_3 20090629016_2 

 ただ、このお寺の楼門は、昨年から改修工事が行なわれており、その姿を見ることができなかったのがちょっと残念かなと・・・ (^_^ゞポリポリ

 右側の写真が、本来の楼門の姿なんですが、完成予定は平成23年度中ということで、今しばらくその姿を見ることはできないようです。
 その代わりといってはなんですが、ちょっと得難い体験をしてきましたのでご報告を・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20090629009 20090629017 20090629018

 これは、楼門に安置されている仁王像です。
 左側が密迹金剛像(みつしゃくこんごう)、右側が那羅延金剛像(ならえんこんごう)という事で、それぞれ門の左右に納められているのですが、門の改修工事の間に、この象も修復されるそうで、門の改修が終わるまで専門業者の元に預けられることになっているそうです。

 今、この二つの象は、境内に設けられている休憩所の隅に白い布をかけて置かれています。
 せっかくですから、そばに寄って布の上からそっとお体を触らせて頂いてきました (;^_^A アセアセ・・・
 こんな事、普通はできませんからねぇ、本当に改修様々で、有り難い事だなと・・・(苦笑)
 布の下から覗いている大きな足が印象的でした (^_^ゞポリポリ

 

 一通り、境内を散策した後、お寺を後にしましたが、帰宅途中に雨が降り出しまして、成田に着く頃には本降りになっていました (^^;

 貴重なお参りをさせていただいたことに感謝して、今日の記事とさせていただきました ( ^-^)/ ♪

|

« スイカ | トップページ | ガソリンスタンド »

寺社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋不動尊:

« スイカ | トップページ | ガソリンスタンド »