« お札の向き | トップページ | 裕次郎寺 »

2009年7月 6日 (月)

ぴぃ散歩「佐原編」

20090706001_2  一週間前の、29日と30日の二日間にわたって、テレビ朝日系で放送している「ちい散歩」という番組の中で、千葉県の佐原を取り上げてくれました。

 

 「ちい散歩」というのは、俳優の地井武男さんが散歩の楽しみ方、散歩のお勧めコースをお茶の間の皆さんに紹介する番組で、関東周辺の観光地とかを実際に歩いて見せてくれます。

 私はほとんど見ることはありませんが、ティンクがこの番組が好きでよく見ていて、この日千葉県を取り上げていたのを教えてくれ、一緒になって見ていました。
 写真は、地井さんが番組の中で立ち寄った「ほていや 蔵店」という和菓子屋で、入口のところの黒板に「ちい散歩立ち寄りのお店」と書いてありました(笑い)

 

 佐原は、水郷として有名な潮来と、利根川を挟んで対岸に位置していることもあって、水路を利用した商業で古くから栄えた街であり、江戸時代の名残を留める昔ながらの建物が多数残っていて、北総の小江戸と呼ばれている風情のある街です。

 成田からですと、20kmも離れていない距離にありますし、仕事でもよく出かけるところなので、以前からゆっくりと歩いてみたいと思っていました。
 しかし、一人で行くには億劫な事もあって、つい先延ばしにしていたんですが、番組を見たティンクが行ってみたいと言ってくれたので、それではということで重い腰を上げることにしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ・・・というワケで、「ちい散歩」に倣って「ぴぃ散歩」とタイトルを付けてみました (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 11時頃に成田の自宅を出発。
 お天気はというと、曇り空でしたが、かえって暑い日射しに悩まされることもなく、のんびりと市内を散策できました (^^)v

 

 以下は、昨日撮ってきたスナップの一部です ( ^-^)/ ♪

 

20090706004 20090706005 20090706006

20090706012_2 20090706013

 

 これが、佐原の街並みです。まるで大正から戦前の昭和の時代を彷彿とさせてくれるレトロな街並みが見られます。
 映画でいうと、「ALWAYS 三丁目の夕日」とか、「地下鉄(メトロ)に乗って」なんかの世界に迷い込んででもしまったような、ちょっと不思議な世界がそこにあります。

 

20090706007 20090706008

20090706009 20090706014

 

 佐原の市内を南北に流れ、街を二分している「小野川」です。川の東側を「本宿」、西側を「新宿」と呼び、有名な佐原の大祭と呼ばれる祭事も、本宿は夏に、新宿は秋にと、別々に行ないます。

 この川の両岸には、江戸時代や明治時代の建物が数多く残り、このあたり一帯は文化庁指定の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

 

20090706015 20090706016

20090706017 20090706018

 

 小野川を行き来する観光遊覧船です。
 今回は乗りませんでしたが、いずれ乗ってみたいと思っています。

 

20090706010 20090706011

 

20090706026  街の中で見かけた山車です。
 今度の金曜日から行なわれる、「八坂神社の祇園祭」、通称「本宿祭」の主役となる山車の準備をしているところです。
 その大きさに驚かされるとともに、祭りを楽しんでいる佐原の若い衆が粋でした。

 

20090706019 20090706020

20090706021 20090706022

 

 この日の目的の一つである、酒蔵の見学と、利き酒の様子です。

 酒蔵は、清酒「東薫」の製造元である「東薫酒造」です。
 もともとは、伊能忠敬の実家で営んでいた酒蔵で修行して創業したという事で、佐原でも老舗の酒蔵の一つです。

 見学も利き酒も無料でした。もちろん、私は甘酒のサービスを受けただけで、飲んだのはもっぱらティンクです(笑い)
 右側に「叶」という大吟醸の清酒が置かれており、これだけは特別のお酒ということで一杯300円取られました(笑い)
 無料で置かれていた同じく大吟醸の「夢」を飲んでからこの「叶」を飲めば、夢が叶うという事で、説明してくれたオジサンが笑っていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ここでは、お土産に「にごり酒」を1本買ってきて晩酌で飲みました o(*^▽^*)o~♪

 

20090706002 20090706003

 

 山車会館が建てられている、八坂神社の境内では、毎月町おこしのイベントとして「骨董市」が開催されており、昨日はたまたま開催日ということでちょっと覗いてきました (^_^ゞポリポリ
 なかなか盛況で、多くの人達で賑わっていました。

 

 

 以下は、オマケの写真です (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20090706023_2  東薫酒造の前で見かけた外国の観光客です (〃'∇'〃)ゝエヘヘ
 レンタサイクルで仲間と走っていました。
 なかなか可愛いですよね・・・ (*^.-^*)♪

 

 

20090706024_2  小野川の川岸で見かけたNコロです。
 先日の記事でも紹介しましたが、こちらは当時の状態のまま調子よく走っているそうです。

 今では懐かしい小さな軽のナンバープレートがまぶしいです。
 写真を撮っているとオーナーが声をかけてきたので、ひとしきり話してきましたが、古い車やオートバイを「集める」のが趣味ということで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

20090706025_2  街中で見かけた清涼飲料水の自販機ですが、しっかりと街の景色に溶け込んでいました (o^∇^o)ノ

|

« お札の向き | トップページ | 裕次郎寺 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

うちのかみさんが「ちぃ散歩」のファンなので、
おつきあいで見せられています。
佐原、いいまちですね(^_^)

投稿: こやなぎ名人 | 2009年7月 6日 (月) 10:12

 名人、どうもです (^_^)/

 本当にいい街ですよ o(*^▽^*)o~♪
 明治村とか、大正村とか、そういう巨大なテーマパークがそこに在るような感じさえしますから (^^)v

投稿: 夢ピ | 2009年7月 6日 (月) 10:33

タイトルでまず大爆笑でしたってば(●^o^●)

あたくしは行った事が無いんですが、父は数回訪れている様です(^^ゞ一端の通になった気でいます(笑)

水辺が近くにある街は、絵になりますよね(^^)

投稿: フィガロ | 2009年7月 6日 (月) 11:38

 あはは・・・ (^◇^)

 これ、名付け親は相方でして、私自身も気にいています。
 これからも、折々に使ってみようかなと思っています (^^)v

投稿: 夢ピ | 2009年7月 6日 (月) 12:51

こんばんは^^

佐原は何年も行ってないナァ~
伊能忠敬記念館は行きましたか?

私の子供の頃、佐原の方は、
100円(ひゃくえん)を(しゃくえん)という具合に
「ひ」が「し」に変化する方言を使う方が多かったですよ。
江戸のなまりが残っていたという説もありました。

投稿: kyoro | 2009年7月 6日 (月) 19:34

 kyoroさん、どうもです (^_^)/

 旧宅には行きましたが、その奥の記念館には寄りませんでした (^.^; ポリポリ

 その代わり、山車会館には寄ってきました。
 入場券を買う時に、伊能忠敬記念館とのセット購入を勧められましたが、断りました(笑い)

 小江戸と呼ばれている所以が、そういうところにもあるのかもしれませんね(苦笑)

投稿: 夢ピ | 2009年7月 6日 (月) 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぴぃ散歩「佐原編」:

« お札の向き | トップページ | 裕次郎寺 »