« 甲賀 | トップページ | 自分 »

2009年8月 8日 (土)

青春のうた Best Collection その29

 みなさん、どうもです (^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

 

 今回の収録曲は、私が中学一年生から二年生の頃の作品です。
 フォークソングに目覚め始めた頃で、深夜放送をよく聞いていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 今回から、それぞれの音源を一緒にアップしてみましたので、記事中のそれぞれのタイトルをクリックすればメディアプレーヤーなどでお聞きになることができますよ ( ^-^)/ ♪

 

Sbc029a Sbc029b

 

   《収録曲》
 1:ケンとメリー~愛と風のように~/BUZZ 72年11月発表
 2:珈琲不演唱/高田 渡 71年5月発表
 3:赤色エレジー/あがた森魚 72年4月発表
 4:あしたはきっと/いとうたかお 72年7月発表
 5:出発の歌/上條恒彦と六文銭 71年12月発表
 6:雨が空から降れば/小室 等 71年4月発表

 

 「ケンとメリー」は、スカイラインのCMソングとしてよく耳にしました。
 私自身はそれほど思い入れのある作品ではありませんが、この作品をコピーしている仲間は当時たくさんいました。

 

 「珈琲不演唱」は、「コーヒーブルース」と読みますが、私は高田の作品はほとんど知らないので、この作品も聞いたことがありません (^_^ゞポリポリ
 知らない作品については、何もコメントすることはありません (^^;

 

 「赤色エレジー」は、よく聞いた作品です。こういう作風の作品は当時としても珍しかったので、かなりインパクトがありました。
 作品としてもそこそこヒットしたと思いますが、その後は鳴かず飛ばずで、アルバムなんかはけっこう何枚も出しているみたいなんですが、まったく聞いた記憶はありません。

 

 「あしたはきっと」は、まったく聞いたことがありませんし、いとうたかおというアーティストも知りません (;^_^A アセアセ・・・

 

 「出発の歌」は、よく知っています (^^)v
 上條恒彦というシンガーは、テレビの「木枯らし紋次郎」の主題歌を歌った人としてのインパクトが強すぎて、この作品でもそうですが、圧倒的でパワフルな声量が魅力的なんですが、それがために作品を選ぶというか・・・ (^^;
 しかし、この「出発の歌」のようにスケールの大きな作品というのは、彼の独断場ですね (*^.-^*)♪

 

 「雨が空から降れば」は、小室等のごく初期の作品ですが、彼の魅力がよく出ている秀作だと思います。
 それがために、吉田拓郎やかぐや姫などの他のアーティストたちにもよくカバーされていました。
 私がこの作品を初めて聞いたのも、かぐや姫のアルバムが最初でしたから・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 以上・・・(^^ゞ 

|
|

« 甲賀 | トップページ | 自分 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

いっやー!超久々に赤色エレジーを聴かせて頂きました(^^ゞ

子供の頃に初めて聞いた時、意味なんて解る訳も無いのに、無性に悲しくなったのを思い出しましたよ(笑)

この曲を思い出したのは、暫く後に『宵待ち草』を聴いた時ですね。まだ知らぬ世界の事ですが、胸がキュンとした、あの当時の頃を回想しちゃいました(笑)

投稿: フィガロ | 2009年8月 8日 (土) 21:02

 フィガロさん、どうもです (^_^)/

 少しはお楽しみいただけたようでなによりです (*^-^*)ノ
 この企画も、破綻している上に、マンネリになりつつあるので、少しはアタマを使ってみようと思って頑張ってみました(笑い)

 時代が違うんでしょうが、最近はそういう味のある作品が少ないですねぇ・・・ (__;)

投稿: 夢ピ | 2009年8月 8日 (土) 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/45861903

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のうた Best Collection その29:

« 甲賀 | トップページ | 自分 »