« 臨時収入 | トップページ | 船橋市丸山 »

2009年8月20日 (木)

長狭米

 昨日、仕事で南房総市まで行って来ました。

 その帰り道、以前に寄った事のある「大山千枚田」に寄り道してみました。
 2年前の5月にここに立ち寄って、その模様を記事にした事があるんですが、あの時は田植えが済んで間もなくでしたし、稲刈りも近いだろう今頃は、棚田の様子はどんななんだろうと気になったので、せっかく近くまで来ているので、行ってみる事にしたわけです (^^)v

 

20090820003_2 20090820004 20090820005

 県道34号線から、千枚田のある大山地区に入っていく入口にあたる場所です。
 鴨川方面から東京湾に面した鋸南町方面に向かって走ってきて、ここを左折して山の中に入っていきます。

 次の写真は、県道から左折してすぐの道路で、決して広くはない道で、いきなり上りになります (^^;

 道なりにチョッと行くと、このようなトンネルがあります。

 

20090820006 20090820007_2 20090820008

 トンネルを抜けた先の道路です。狭く、曲がりくねった山道ですが、そう長くはないです(苦笑)

 チョッと登って行くと、すぐに左手に棚田が広がっているのが見えてきます。
 ここまで登ってくると、駐車場は目の前です (^^)v

 

20090820009 20070516006

 上の駐車場から、通り過ぎてきた下の駐車場方面を見たところです。

 右に、2年前に撮った田植えが済んだ頃の写真を載せましたので、見比べてみてください ( ^-^)/ ♪
 個人的には、水面が見える右側の写真の方が、より棚田らしく見えて好みです(笑い)

 

20090820010 20090820011 20090820012

20090820013 20090820014 20090820015

 上の駐車場からさらに上方向を見たところです。

 駐車場のところから、案山子が道に沿ってズラ~ッと並んでいました。
 地元の人が作った案山子らしく、通し番号と題名とが書かれていました。

 奥まで歩いて行って見てくるだけの時間的な余裕も根性もなかったので、駐車場の周りのものだけ写真に収めてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 タイムリーな題材が多く、ハリーポッター、マイケル・ジャクソン、そして直江兼続らしき案山子です(笑い)

 

20090820016 20090820017

 あぜ道に咲いていた花たちです。

 左側は「ネリネ」、右側が「ハナトラノオ」です。
 ネリネは彼岸花に似ていて、私ももしかしたら見た事のない彼岸花かと思って写真に撮ったのですが、ティンクがネリネという花だと教えてくれました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 別名は「ダイヤモンドリリー」という事で、ヒガンバナ科に属するそうなので、彼岸花に似ていても不思議はないなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 ハナトラノオは、シソ科の植物という事で、これもティンクに名前を教えてもらいました (;^_^A アセアセ・・・

 

 

20090820018 20090820019 20090820020

 大山千枚田からの帰り道、県道を鴨川に向かって走っていると、ご覧のような稲刈りの光景に遭遇しました (^^;
 もちろん、今年稲刈りを見るのはこれが初めてです。

 タイトルからもおわかりのように、今日の本題はここからです(爆笑)

 来月に入れば、多くのところで稲刈りの光景が見られると思いますが、さすがに8月中に稲刈りをしているところを見るとは思わなかったので、さっそくデジカメを手に車を降り、撮影を開始です(笑い)

 下にも、動画をアップしましたので、コンバインが稲を刈り取っていく様子をご覧ください ( ^-^)/ ♪

 

</p>

 

 

20090820021_2 20090820001_3 20090820002 

 その後、道沿いにあったお米屋さんに立ち寄り、チョッと話しを伺ってきました。

 お店の名前は「竹ノ内米店」といって、帰宅してネットで検索すると
HPをお持ちでした (^_^ゞポリポリ

 

 鴨川市は、市内を流れている川が京都の「鴨川」に似ているという事から、「加茂川」と字を変えて呼ばれていた事に由来し、もともとは「加茂川」と言っていたそうですが、町村合併時に「加茂」を「鴨」に変え、「鴨川」となったといわれています。

 その「加茂川」の流域は、この地域の古い土豪の一人である長狭氏の名前をとって「長狭地方」と呼ばれ、昔から関東有数の米どころとして知られていたそうで、明治4年に行われた明治天皇即位の大嘗祭に献上される米を作る斎田にも選ばれました。

 その長狭地方の中でも、棚田が広がる大山地区は、加茂川流域で最も源流に近い地域で、生産されるお米の品質ランクも最高と評価されているそうです。

 

 この長狭地方で収穫されるお米は「長狭米」と呼ばれ、香取郡の「多古米」と並んで千葉県のブランド米として市場に流通しています。
 シャリにこだわるお寿司屋さんのあいだでは、昔から長狭米がもてはやされてきたそうです。

 その長狭米の中心は、早場米の「こしひかり」と「ふさおとめ」の2品種という事で、他には「ふさこがね」や「あきたこまち」なども栽培されているそうです。

 毎年、今頃になると稲刈りが始まるそうで、長狭地方は千葉県内でも最も早い早場米地帯として知られており、早いところではお盆前に刈り取りが行なわれる田んぼもあるそうで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 私は、「長狭米」という名前を今回初めて知りました (^^;
 機会があれば、一度食べてみたいと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 臨時収入 | トップページ | 船橋市丸山 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長狭米:

« 臨時収入 | トップページ | 船橋市丸山 »