« 踏んだり蹴ったり | トップページ | レレレのレ~ »

2009年10月25日 (日)

レンコン

20091025001

 先日、茨城県の霞ヶ浦に面した阿見町の国道を走行中に、レンコンを収穫しているところに遭遇したので写真に収めてみました (^^)v

 

 この阿見町を含む霞ヶ浦の湖岸地域は、レンコンの栽培に最適な環境らしく、収穫量は全国第一位を誇り、文字通り日本一のレンコン栽培地になっています。

 ただ、レンコンの栽培は一般の野菜のように畑で作るわけではなく、蓮田と呼ばれる泥沼で栽培され、水の底の地下深くで育った根を傷をつけないように掘り出すので、とてもたいへんな作業という事で、私は今回初めてこの目でレンコンを収穫している所を生で見ました。

 蓮田そのものは、利根川や霞ヶ浦の周辺でよく見かけますが、収穫などで蓮田の中に人が入っているところは、なかなか目にしたことはありません。

 

20091025002 20091025003

20091025004 20091025005

20091025006 20091025007

 ご覧のように、「胴付水中長」と呼ばれる胸まであるようなゴム長を履きというか、身に付け、腰まで泥水に浸かって、1本1本丁寧に掘り出していきます (^^;

 収穫は、おせち料理の需要に向けて、秋から冬の寒い時期に行なわれるという事で、時には薄氷の張っている蓮田の中にも入る事があるそうです (^^;
 モノがモノだけに、収穫は全てが手作業で慎重に行なわれるという事で、稲作のように田植えから稲刈りまで機械化が進んでいる作物とは違って、経験を要するたいへんな重労働だという事です。
 それがために、後継者のなり手は少ないらしく、労働者の高齢化が進んでいるようです。

 

20091025008 20091025009

 上の写真は、6月と8月に撮った蓮の写真です。

 左の蓮田は、水面がまったく見えないくらい水草というか苔というか、そんな小さな雑草が広がっていて、まるで緑の砂地のように見えます (^^;

 右の写真は、池に咲いていた蓮の花を撮ったものなので、蓮田ではありませんが、レンコンの花もこんな感じの花が咲きます (^^)v

 

 レンコンの料理というと、個人的にはきんぴらが一番好きですかね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 他には、天ぷらとか、あとは、やっぱり煮付けでしょうか (^^)v

|

« 踏んだり蹴ったり | トップページ | レレレのレ~ »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

愛知県は立田村というところがレンコンの有名な産地ですが、収穫のところは見たことがありませんでした。
大変なんですね。
私はてんぷらが大好きですよ。

投稿: すが太郎 | 2009年10月25日 (日) 13:57

 すがさん、どうもです (^_^)/

 機械化ができれば収穫ももっと楽になるんでしょうけど、そのためには作付け方法を根本的に変えないと難しいでしょうね (^^;
 今のように、泥沼の中で栽培しているうちは、機械化はできないんじゃないかと・・・

投稿: 夢ピ | 2009年10月25日 (日) 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンコン:

« 踏んだり蹴ったり | トップページ | レレレのレ~ »