« リカバリ | トップページ | 食事 »

2009年10月10日 (土)

ジュークボックス

 ネッ友さんのお一人であるこやなぎ名人が、昨日は「ジュークボックスの日」という事で、ご自身の日記で取り上げていました。

 

 私も、年齢からして当然ジュークボックスを知っている世代なので、こういう美味しいネタを提供されると食いつかざるを得ない (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 私が初めてジュークボックスを見たというか、触ったというか、知ったというか、使ったというか、そういう事ははるか昔の事なのでよく覚えてはいませんが、おそらく小学校の修学旅行で福島県のいわき市にあった「常磐ハワイアンセンター」に行った時が最初だと記憶しています。

 当時のハワイアンセンターは、子どもにはおもしろいような場所ではありませんで、夜のショーなんかは子どもは入場はダメと言われて見ることができませんでしたから、子どもでも入ることができる、今でいうとゲームセンターみたいな場所で遊んでいた時に、隅に置いてあったデカイ箱のようなモノが、「ジュークボックス」でした。

 

 最初は、他人が硬貨を入れて音楽を聴いているのを遠巻きに見ていたんですが、そのうちに自分でも何か聞いてみたくなって、ボックスの上に並んだたくさんのボタンと、曲名をしばらく眺めて、私が選んだレコードは、ガーション・キングスレイの「ポップコーン」(笑い)
 なんでそんな曲を知っていたのかよく覚えていないけれど、とっても軽快でリズミカルなテンポの作品で、当時はラジオなんかでよく耳にしたような記憶があります。

 目の前の大きな箱から流れてくる大音量の音楽に、私はすっかりはまってしまって、確か3回くらいは同じ曲をかけたような記憶があります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ジュークボックスの中には、「EPレコード」と呼ばれる、いわゆるシングルレコードがたくさん入っていまして、それを機械がピックアップしてターンテーブルに乗せ、演奏するというのがジュークボックスという機械なのですが、この機械が普及するにあたってシングルレコードの形状が変わってしまうという現象が起きました。

 

20091010003 シングルレコードは最初、LPレコードのように、中央に小さな穴が空いているものが一般的だったわけですが、これでは機械がうまくピックアップできず、そのためにセンターに大きな穴が空けられました。
 その形状のために、シングルレコードは一般的に「ドーナツ盤」と呼ばれていました。

 ジュークボックスではなく、家庭のプレーヤーで演奏する際には、アダプターと呼ばれるレコードの内側の穴にはめるための器具をターンテーブルにセットしてからシングルレコードを乗せなくてはならない煩わしさがありましたが、安価で音質のよいシングルレコードは、LPレコードとは別の存在で消費者の支持を得ていました。

 

20091010005  ドーナツ盤のシングルとは別に、雑誌の付録などに付いてきた「ソノシート」と呼ばれるペラペラのレコードがありまして、これはその形状からドーナツ盤は無理ですので、中央に小さな穴が空いた形状の物が一般的でした。

 

20091010004  また、LPレコードは高価なので、「コンパクトLP」と呼ばれる、シングルレコードと同じ大きさのディスクを用い、33回転に回転数を落として、両面で4~5曲くらいの作品を収録したものもけっこう出回っていまして、私なんかはけっこうこのタイプのレコードを買った記憶があります。
 このタイプも、ドーナツ盤にはなっていませんでしたが、これは収録曲を多くするためにレーベルにたくさん文字を記入しなければならない都合があったからではないかと私は思っています。

 

 その後、ジュークボックスは飲食店や夜の繁華街などに置かれて利用されましたが、70年代に入ると8トラックのカラオケが主流になり、お客さんは聞くだけではもの足りず、自らマイクを持って歌うようになり、場所をとるジュークボックスは急激にその姿を消していきました・・・

 そのカラオケも、8トラからレーザーディスク、そして今は通信と、次々にメディアの形を変えていきました・・・

 

 お若い方・・・というか、30代くらいまでの世代の方は、ジュークボックスの存在をご存じない方がほとんどなんじゃないでしょうか・・・

|

« リカバリ | トップページ | 食事 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

かろうじて知ってますね(^^ゞお金を入れるとガチャンとレコードが入れ替わるのが面白くて、親に何度かねだった記憶があります。でも何処でやったんだか、ちょっと記憶が曖昧ですが^^;

それと大学の時の先輩が、バイト先の飲食店で不要になったジュークボックスを貰って部屋に置いてましたよ(笑)

投稿: フィガロ | 2009年10月10日 (土) 19:45

 フィガさん、どうもです (^_^)/

 男の目で見ると、あのレコードのストックがグルグル回って、目的のレコードをつまみ上げ、ターンテーブルにセットして音が流れるという、一連の動作は、病みつきになるものなのですが、そうですか、フィガさんも興味深くご覧になっていましたか(笑い)

 しかし、いくらタダとはいえ、ジュークボックスを部屋に置くというのはすごいですね(爆笑)

投稿: 夢ピ | 2009年10月10日 (土) 20:06

こんばんは。
ジュークボックス、自分もよく知っていますよ。名古屋市内のボーリング場に置いてあり、それで音楽をかけながらボーリングをしたことがありますから(^-^)
確かに今ではあまり見かけなくなりましたね…

投稿: お茶汲み坊主 | 2009年10月11日 (日) 01:10

 お茶汲みさん、どうもです (^_^)/

 ああ、そういえば、ボウリング場なんかにも置いてありましたね (*^.-^*)♪
 人が集まるような場所では、けっこうポピュラーな存在だったと記憶しています (^^)v

 しかし、やがてそれは、有線放送なんかに切り替わっていくのですが・・・

投稿: 夢ピ | 2009年10月11日 (日) 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/46442388

この記事へのトラックバック一覧です: ジュークボックス:

« リカバリ | トップページ | 食事 »