« さまざまな「夢」 | トップページ | 新政権 »

2009年10月15日 (木)

相性

 連日、我が愛機である Vista 君のハナシで恐縮なのですが、1.5TBの内蔵ハードディスクを本体に組み込んだところまでが、続編である前回の「次から次に」という記事でした (^^ゞ

 これでひと安心・・・と思っていたのですが、結果はそううまくはいきませんでした(笑い)

 月曜日に新しく買ってきた1.5TBのHDを、1TBと500GBの二つのパーティーションに分けたという事は前回の記事にも書きましたが、1TBの方は問題なくフォーマットも済み、使用できる状態になったんですが、残りの500GBの方は、何度フォーマットしても「WINDOWSはフォーマットを完了できませんでした」というメッセージが出て、フォーマットできず、使用できないという現象が起きてしまいました (^^;

 

20091015001_2

 これが、その状態を表わした画面なんですが、本来「NTFS」と表示されるべきところ、「RAW」と表示されています。

 「RAW」とは、フォーマットされていない状態を表わしており、このままではファイルの読み書きはできません。

 私は最初、このHDには読み書きできないエリアがある不良品で、それでフォーマットできないんだと思い、翌日の火曜日に買った店に持っていき、クレームを付けて新品交換してもらいました。

 

 しかし、交換したHDでもまったく同じ現象が起き、500GBが使用できません (^^;

 同じ不具合が二台のHDで続けて起きるということは、普通は考えられない事ですから、私は考え方をあらため、私の操作手順が悪いか、私の Vista 君が悪いか、いずれにしてもHDに責任はないと思われるので、お店で確認してもらい、できればお店でフォーマットしてもらおうと、水曜日に二度目のクレームをつけにお店に出向きました (^^;

 お店で、1TBのパーティーションは正常なことと、500GBのパーティーションはフォーマットが済んでおらず、使用できない状態であることを確認してもらい、その場で500GBの方をクイックフォーマットして頂きました。

 その結果、正常な状態になりましたので、意気揚々と自宅に戻り、本体に組み込んでみたんですが・・・

 

 結果は、最初と同じく、1TBは問題ないんですが、500GBの方は、相変わらず「RAWボリューム」で、フォーマットできていません (ノ_-;)ハア…

 お店では問題なくフォーマットできたのに、これはどういう事なんだろうと考えると、考えられることは、私の Vista 君に問題があるのではないかということです (^^;

 

 そこで、HDケースに内蔵ハードディスクを入れ、例しに、別のXPの本体にUSB端子を介してつないでみました・・・

 結果、問題なく1TBと500GBのパーティションが確認されました (^^)v

 次に、そのケースを、 Vista 君のUSB端子につないでみると、なんということでしょう、問題なく1TBと500GBのパーティションが表示されているではないですか ヽ(^◇^*)/

 

20091015002_2

 これが、 Vista 君のUSB端子に接続し、外付けHDとして使用した時の画面です。

 チャンと「NTFS」となっており、全ての領域が空き領域ということで使用可能となっています (^^)v

 

 で、ケースから取り出し、本体に組み込むと・・・
 やはり、500GBが使用不可です (__;)ガクッ ・・・

 つまり、外付けのHDとして Vista 君につなげば、1TBと500GBの両方とも問題なく使用できますが、内蔵してしまうと500GBの方は使えないということが判明しました(苦笑)

 

 おそらくこれは、「相性」という問題による現象であり、買ってきた内蔵ハードディスクにも、 Vista 君にも、不具合はないものと思われます。

 機械に「相性」ナンてあるのかと、皆さん方の中にも訝かしんでおられる方も居らっしゃると思いますが、パソコンの世界においては、間違いなく「相性」というものが存在します。

 

 パソコンというものは、実にたくさんのパーツによって構成されています。
 CPUを始め、メモリ、記憶装置、電源からビデオボードなど、それらが一体となって一つのパソコンとなります。

 お店で販売されているパソコンは、十分にそれらのパーツ同士の「相性」を考慮して組み立てられ、販売されますから、それ自体に不具合が出るようなことはほとんど無いのですが、買ってきたパソコンに、後からメモリやHDを買ってきて増設したりすると、使えないということが少なくありません・・・ (^^;
 別に、メモリやHDが不良品でなくても、そういう事が希に起きる事があり、その場合、パソコン本体との「相性が悪い」ということになります・・・

 

 結論として、今回、私が購入した内蔵ハードディスクは、「愛機である Vista 君とは相性が悪い」ようですので、残念ですが内蔵はあきらめて外付けのHDとして使用させていただく事になりました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« さまざまな「夢」 | トップページ | 新政権 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

なんか解る気がします^^;理詰めに説明出来そうなこの世界ですが。。(^^ゞ

ちなみにあたくしが派遣で行ってた某通信業界では『インターネットの神様がお怒りになった』とか『お祓いした方が良いよ』と言った会話が日常的に使われてましたw

ぴーさんのブログの内容とは微妙にニュアンスが違いますけど、人格的な何かを感じる時は多々ありましたね(笑)

投稿: フィガロ | 2009年10月15日 (木) 19:24

 フィガさん、どうもです (^_^)/

 機械にも、人格はあると私は思っていますよ (^^)v
 時々、愛車なんかに向かって独り言を言っている私が居ます。
 ご機嫌をとってあげないと、調子が悪くなったりしますからね(笑い)

投稿: 夢ピ | 2009年10月15日 (木) 19:37

自分のPCも、まったく同じ症状でした。1.5Tを2個購入して、2個ともフォーマットが完了できなかった。仕方ないので、USB接続で、違うPCでフォーマットしました。しかし、内蔵HDとして使用すると、遅延書き込みエラーが発生し、使い物にならなかった。結局、USB接続で使用しています。どうも、シー○ートと相性が良くなっかたみたいです。

投稿: 豚足 | 2010年4月26日 (月) 22:41

 豚足さん、どうもです (^_^)/

 相性が良くなかったそうで、お気の毒様です・・・
 残念ですが、PCの世界においては、パーツ同士の相性の問題は避けて通れないようですので、ババを引いてしまった場合には諦めるしかないようです。

 ごく希に、良心的なお店だったりすると、別の商品と交換してくれる場合もありますが、ほとんどの場合はムリではないでしょうか (^^;

投稿: 夢ピ | 2010年4月28日 (水) 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相性:

« さまざまな「夢」 | トップページ | 新政権 »