« 2016年夏季五輪開催地が決定 | トップページ | スマイルウオーク »

2009年10月 4日 (日)

放火

 昨日、都内の京葉道路を走っていて見かけたライダーです。

 大きなバイクにまたがり、信号待ちをしている間にタバコを取り出し、火を点けて咥える一連の仕草が実に手慣れた様子で、なかなか格好良くて、思わずカメラを向けてシャッターを・・・ (^_^ゞポリポリ

 

20091004001 20091004002

20091004003_2

20091004004

 しかし、バイクに乗ったライダーはともかくとして、私はこういうふうに、咥えタバコで公道を歩いたり、運転したりする輩が大ッ嫌いです q(`o')ブー!!

 バイクを運転しながらタバコを吸っているからには、タバコの灰はもちろん、吸い終われば吸い殻は火の点いたまま路上に投げ捨てていくのだと思われます。
 私は、こういうアウトローを見かけると、後ろからハンマーでぶん殴ってやりたくなります・・・ (__;)

 

 年がら年中車を運転していると、いろいろなドライバーを目にしますから、このライダーのようにバイクを運転しながらとか、車に乗りながらタバコを吸っているドライバーを目にすることは日常茶飯事です。

 ただ、そういうライダーやドライバーのほとんどがマナーを弁えないバカ野郎どもです。

 タバコの灰を路上に捨てるなんてのはかわいい方で、吸い終わった吸い殻は、火が点いたまま路上に投げ捨てていく不心得者がどれだけ多いことか・・・
 道路のゴミ拾いをしたことのある人なら、路上のゴミとしてタバコの吸い殻が如何に多いか身をもって知っているんじゃないでしょうか。

 捨てていく方は、別に悪いことをしているとかいう認識はまったく持っていないのだと思います。
 ただ、不要になったから捨てる・・・ それだけだと思います。

 しかし、火の点いたままの吸い殻を路上に捨てるという行為がどれだけ危険なものか、彼等は知るべきです。

 もし、投げ捨てた吸い殻が、風に吹かれて道路の端に転がっていき、そこにたまたま投げ捨てられた雑誌か新聞紙のような紙くずがあって燃え上がり、その紙くずがさらに風にあおられてどこかに飛んでいって枯れ草とか住宅とかに燃え移ったとしたらどうでしょう・・・

 現に、山火事の多くが、そういう気軽に投げ捨てられたタバコの吸い殻に端を発している事は少なくありません。
 野山には、本来火事の原因となる「火の元」はありませんから、山火事の原因は誰かが使った「火」が燃え広がった物というのは自明の理です。
 たき火か、タバコか、いずれにしても火の不始末が山火事という災害をもたらしたわけです。

 

 私は、定められた場所以外でタバコを吸い、その吸い殻を指定された灰皿などではなく、路上などに投げ捨てた者は「放火」と見なして厳重に処罰するべきだという考えを持っています。

 

 東京消防庁管内では、1977年以降、出火原因の第一位は常に「放火」が占めているそうです。
 その数も、平均して年間に2400件2400件ですよ!!!
 単純に12ヶ月で割ると、一ヶ月辺り200件です。

 毎日毎日、都内のどこかで4時間毎に1件の放火が行なわれているという現実を、皆さんはどのようにお考えなのでしょうか・・・
 都内だけでこれですから、全国レベルで見たらどれだけの放火が日々行なわれているのでしょう・・・ (ノ_-;)ハア…
 背筋が凍り付くような数字だとは思いませんか?

 

 しかし、そういう現実とは裏腹に、「放火」の罪は軽すぎると私は思っています。

 よく、ムシャクシャしたから火を点けたナンていうバカ野郎が、連続放火魔として捕まってニュースになることがありまして、本人は火を点けてスッキリするかもしれないけれど、付近の住民達はいつ自宅の周囲で火が点けられるかと思うと、恐くて恐くておちおち眠ってもいられない・・・

 その昔、江戸時代なんかでは火付けをした者は火あぶりの刑と決まっていました。
 私は、現在の刑法もこのくらい厳しくて当たり前ではないかと思っています。

 現在においても、「放火」は他の犯罪から見ればかなり厳しい罰則を設けてあるとはいうものの、人がいる建物などに放火した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処するとあり、これが無人の建物なら2年以上の有期懲役となりますし、放火した建物が自分の所有物なら6ヶ月以上7年以下の懲役と大きくトーンダウンしてしまいます。

 

 私は、「放火」は被害の大小にかかわらず、一律「死刑」でいいと思っています。
 そのくらいの厳しさが無くては、放火は無くならないと思っています。
 火は点けたけど、ボヤで済んだなんていうのは、結果論でしか無く、もしかしたら町内が巻き込まれるような大火事になっていたかもしれないわけで、そういう事で量刑が左右されるような現在の刑法では放火は無くならないというのが私の持論です。

 もちろん、「失火」はこの限りではありません。しかし、たとえ未必の故意であったとしても、意志を持って火を点けた、あるいは火の点いている物を投げ捨てたというのは、絶対に許される行為ではないというのが私の持論です。

 

20091004005 20091004006

20091004007

 こちらも、同じように信号待ちをしている間にタバコを取り出し、口にくわえたライダーです。

 タバコをポイ捨てしたら「放火」と見なして「死刑」。

 かなり乱暴な意見ですが、そのくらいの厳しさがあってもいいんじゃないのかな (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« 2016年夏季五輪開催地が決定 | トップページ | スマイルウオーク »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

同感です。
ま、実際には死刑は無理ですけど(^_^)

投稿: こやなぎ名人 | 2009年10月 4日 (日) 05:10

 名人、どうもです (^_^)/

 確かに、人を殺しても死刑なんて判決はめったに出ませんから、「放火」で死刑なんてのは実際にはありえないんでしょうね(苦笑)
 しかし、放火犯にはそのくらいの厳しさをもってほしいと常々思っています (^^;

投稿: 夢ピ | 2009年10月 4日 (日) 07:27

公道で歩きながらタバコをすうなんて・・・
火のついたままのタバコを捨てるなんて・・・

言語道断です! 

と、いうことで・・・(*^。^*)y-.。o゚♪っと。。。

投稿: ◯♪ | 2009年10月 4日 (日) 08:16

確かに、くわえ煙草で町中(混んでいようが、いまいが)を闊歩する人を見かけますね。でも、最近はタスポや嫌煙(喫煙場所が少なくなった)などの影響か、タバコの売り上げが減少しているそうです。
一部の都市では、路上喫煙禁止場所を設けてはいますが、あまり効果は出ていませんね。
確かに、ハイキングなどで山登りをして、歩きタバコをしたり、火のついたままの投げ捨てで山火事は発生しているのかもしれませんね。
おっしゃるとおり放火の罪は、もっと厳しくしてもいいのかも知れませんね。

投稿: 本家本元の通りすがり | 2009年10月 4日 (日) 08:19

 ○♪さん、どうもです (^_^)/

  (^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン
 言語道断だと私も思います (^^)v

投稿: 夢ピ | 2009年10月 4日 (日) 09:04

 本家本元の通りすがりさん、どうもです (^_^)/

 放火は、その行為だけで完結しているわけではなく、その後の状況で被害はいくらでも大きくなる可能性があります。
 結果だけを見て、罪の大小を論じるのは無理があるというか、司法の手抜きなのではないでしょうか。

 一時の快楽などのために被害を被る被災者達のやりきれなさを思えば、放火は他のどんな犯罪よりも凶悪で卑劣だと私は思います。

投稿: 夢ピ | 2009年10月 4日 (日) 09:11

あたくしも喫煙者ですから、一服の醍醐味はよーく解るんですが(^^ゞ

良い子になって言っている訳じゃありませんけど、吸えない場所じゃ吸わないし、まして人ごみの中の歩き煙草なんて怖くて無理ですね(ーー;)携帯用の灰皿は10年以上前から持ってる位ですから^^;

ポイ捨てする様な人には、煙草を吸う資格なんてありませんわ。ぴーさんのおっしゃる通りだと思います。

って、煙草吸いながらコメントしてますけど。。(ーー;)

投稿: フィガロ | 2009年10月 4日 (日) 10:59

 フィガさん、どうもです (^_^)/

 私自身は煙草は嗜みませんが、私の周りでも喫煙者は少なくありません。
 しかし、彼等は少なからずマナーを弁えており、肩身の狭い思いをしながらも、堂々と煙草を楽しんでおります (*^.-^*)♪
 そういう彼等を見るにつけ、傍若無人のアウトローに対してはどうしても厳しくなってしまいます。

投稿: 夢ピ | 2009年10月 4日 (日) 18:04

本当に・・・罰を厳しくしてほしい・・

ピーターさん・・・金属バットなら貸しますよ(笑)

投稿: 必殺仕事人 | 2009年10月 6日 (火) 20:11

 金属バットなら持ってます (^^)v
 しかも、二本も(笑い)

 去年までソフトボールやってましたんで (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

投稿: 夢ピ | 2009年10月 6日 (火) 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放火:

« 2016年夏季五輪開催地が決定 | トップページ | スマイルウオーク »