« クロマグロ | トップページ | 衝動買い »

2009年11月19日 (木)

ベテランの去就

 横浜を戦力外となった工藤公康投手が、古巣である西武への復帰が決まった。

 一方で、磐田から戦力外通告を受けたFWの中山雅史へ、静岡県社会人リーグ1部の藤枝MYFCからのオファーがあったとも報じられた。
 中山の去就はまだ海のものとも山のものともいえない状況ではあるが、「選手に対して強い情熱がある。まだまだうまくなりたい。ここで辞めてしまうと後悔につながる」と現役続行に強い意欲を示す中山を獲らない手はない。

 

 工藤は46才、中山は42才、ともにベテランというには少々薹がたってはいますが、それでも現役にこだわり続ける姿には、未練がましいというよりも、むしろ清々しささえ感じる。

 私は、彼等に限らず、たとえボロボロになっても、このようにいつまでも現役にしがみつこうとするアスリートが大好きです。

 

 若い頃の工藤は、私の愛するホークスとは敵同士でもありましたから、正直好きな選手ではありませんでしたが、FAでダイエーに移籍してからは見る目が違ってきました(笑い)
 やはり、西武で育った選手だけに、プレーに対する考え方はハンパではありませんでしたから・・・ (^_^ゞポリポリ
 その辺りの背中をホークスの若手達が見て育ち、弱体化していたホークス投手陣でしたが、一時は投手王国と呼ばれるまでになり、リーグ優勝、さらには日本一へと上り詰めるまでに至りました。

 しかし、工藤が去った後のホークス投手陣は見る影もありません・・・ (ノ_-;)ハア…
 故障、故障の続出で、マトモに働いている投手はほとんどいません・・・ (__;)

 

 工藤にしても、中山にしても、本人がいくら現役にこだわり、必至にプレーしても、輝いていた頃のようなキレのあるプレーはもはや望むべくもない・・・
 正直、先発で起用するような選手ではないことは明らかだろう。

 しかし、だからといって彼等を獲らないのは、チームにとって「大きな損失」だと私は思います。

 なぜなら、年俸だって、かつての頃のような大きな金額が必要なわけでもないでしょうし、彼等を獲っておけばこれまで培ってきた貴重なノウハウをチームに還元することもできます。
 ヘタな若手を獲るよりも、お手軽にチーム作りをする事ができると私は思うのですが・・・

 

 彼等のような大ベテランが現役にこだわる理由というのは、金額の多寡ではないんですよね。
 自身も、今更プレーでチームに貢献できるとは思っていないはずですし、それでも現役を続けたいというのは、ひとえにプロとしての「プライド」故だと思います。

 そのプライドを上手に利用するのも、チームの器量というか、フロントの仕事だと思いますよ。

 先の工藤の例を出すまでもなく、大ベテランのノウハウというのは、若手にとっては貴重な生きたお手本ですから、別に何を教えなくても、背中でチームを引っ張っていくことができるんですよ (^^)v

 

 しかし、ベテランであれば誰でもそういう事ができるというわけではありません。
 いくら天才と呼ばれた大選手でも、清原なんかは居るだけでチームに害を及ぼすダメな選手ですから、巨人を戦力外になった時にオリックスが彼を拾い上げましたが、アレはいただけません(苦笑)
 本人のためにも、巨人で現役生活を終わらせてあげるべきだったと私は思っています。
 そういう点では、工藤も中山も、性格的にも人間的にも、私は高く評価しています。

 

 個人的な希望では、工藤はホークスが獲って欲しかったし、中山はジェフが獲得に動いて欲しいと思っています。
 将来的なコーチ候補として、真剣に獲得するべきだと思いますよ。

|

« クロマグロ | トップページ | 衝動買い »

サッカーを語る」カテゴリの記事

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

二人とも、一流のアスリートが集まっているプロの世界の中でも、ある意味頂点を極めた選手にもかかわらず、老いても戦う姿は素晴らしいものがありますね。
学ぶべきことはいっぱいあると思います。
私も及ばずながら、まだまだ細々と生涯スポーツを楽しんで行きたいです、若い人たちと戦いながら。

投稿: すが太郎 | 2009年11月19日 (木) 18:26

 すがさん、どうもです (^_^)/

 アスリートの場合、老けたとか、ダメだとか、そういう事を思ったとたんにプレーの質がガクンと落ちてしまいます。
 常に、まだまだと思っていないと、一定のレベルを維持していくのは難しいんじゃないでしょうか・・・

 それはともかくとして、お若い方達と一緒に走っていると、いい意味で刺激をいっぱい受けるんでしょうね ( ^-^)/ ♪

投稿: 夢ピ | 2009年11月19日 (木) 18:41

SBになってからというものの、良いベテランを切り、悪しきベテランを残すという傾向が酷くなる一方です。

 いかにSBのフロントがピンボケかがよく分かりますね。

 

投稿: ナンカイ | 2009年11月19日 (木) 19:14

 ナンカイさん、どうもです (^_^)/

 SBが行なっている選手の評価基準が納得いきませんね。
 同好会じゃないんだから、なぁなぁではやっていけないと思うのですが・・・

投稿: 夢ピ | 2009年11月19日 (木) 19:38

変な評価システムのおかげで「年金族」を跋扈させてますね、ホークスは(怒)。

 お手本にも何もならない腐れべテランが多過ぎます。

投稿: ナンカイ | 2009年11月19日 (木) 23:15

 まったくです q(`o')ブー!!

投稿: 夢ピ | 2009年11月19日 (木) 23:19

このへん、引退してコーチ業に転進しても、そこそこの収入が望める野球と、そうではないサッカーとの差を感じてしまいます。
Jリーガーって、野球選手と比べても粗末に扱われますよね。

投稿: むうさん | 2009年11月20日 (金) 02:36

 むうさん、どうもです (^_^)/

 やはり、プロとしての歴史が、野球とサッカーでは全く違いますからね (^^;
 同じ関取でも、横綱と十両くらいの違いがありますから、同じ土俵では語れないのかな・・・

投稿: 夢ピ | 2009年11月20日 (金) 07:12

 あぶさんは今年で引退しましたが、その後の連載は実に良いですね。

 人情味溢れた、昔のテイストのあぶさんを思い出します。

 超人化時代のあぶさんはどうもダメでした(苦笑)。

投稿: ナンカイ | 2009年11月21日 (土) 10:02

 連載は読んでないので、よくわかりませんが、あぶさんは人物をよく描いているので好きです。
 選手だけではなく、スタッフとか、それ以外の登場人物達です。

 引退後のコミックは、来年かな(笑い)

投稿: 夢ピ | 2009年11月21日 (土) 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベテランの去就:

« クロマグロ | トップページ | 衝動買い »