« 会津帰省記 09霜月編 | トップページ | 右書き »

2009年11月 3日 (火)

会津川口駅

 福島県の会津若松駅から、新潟県魚沼市の小出駅までを結ぶローカル線として、「JR只見線」があります。

 もともとは会津若松駅と地元で有名な虚空蔵尊のある会津柳津駅までを結ぶ路線だったのですが、戦後の電力需要から只見川の各所にダム建設が始まると、昭和16年に会津宮下駅まで、昭和31年に会津川口駅まで、昭和38年に只見駅までと、しだいに延長されてきました。

 この路線は、最初から会津若松と小出とを結ぶ路線として計画されてはいましたが、県境となる「六十里超」と呼ばれる難所の区間がネックとなり、トンネルを掘って全線開通したのは昭和46年の事になります。

 会津若松~小出間が全線開通したことにより、陸の孤島と呼ばれた私の村から都内方面へのアクセスが格段に改善されました。
 それまでですと、いったん会津若松に出て、磐越西線で郡山経由で東北本線というルートしか無かったわけですが、小出に出られるようになりますと、上越線に乗り換えて上京することが可能となりました ヽ(^o^)尸
 これにより、より安く、より早く都内に出ることができるようになり、出稼ぎに出ていた父なども、もっぱら小出回りで行き来することが多かったです。

 ただ、只見を含む県境の辺りは、会津でも屈指の豪雪地帯ですから、通年営業をしているとはいっても積雪量の如何によっては運休になることも少なくないワケですが、並行して走っている国道252号線は冬期間は通行止めになりますから、沿線の住民達にとっては今でも新潟方面への唯一の交通手段ですから、今でも廃止を免れて存続しています・・・

 正直、利用客はそれほど多くはなく、もっぱら通学や通勤客が利用する程度で、私が子どもだった頃から比べても、運行本数は大幅に減り、現在では通常運転は朝昼晩の一日三本に、紅葉の時期や雪祭りなどの時に臨時で運行されるイベント列車が走っている程度です (^^;

 

20091103002

 そんな只見線のほぼ真ん中辺りに、今日ご紹介したい「会津川口駅」が在ります。
 会津若松~小出間の全線は約135kmで4時間ほどかかり、会津若松~会津川口間は約61kmで2時間ほどの所要時間ですから、位置的にも時間的にも、路線のほぼ中央にあることがおわかりのことと思います。

 この「会津川口駅」は、私の村の表玄関となる場所に位置しており、最寄り駅となりますから、私も子どもの頃にはよく利用させてもらいましたから、とても馴染みのある駅です。
 村からバスで川口に出て、この駅からディーゼル列車で会津若松方面に出ていったものです。

 

 しかし、この駅はそれだけではなく、チョッとおもしろい特徴があるので機会があったらぜひ皆さんにご紹介したいとずっと思っていました。

 実は、帰省の祭には一般道で南会津経由で往復するのが常の私が、今回高速で帰ろうと思い立ったのも、この駅に立ち寄ることが最初からの目的でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 もちろん、休日千円の高速料金も大きな理由の一つなのですが、あくまでもそれは表向きの理由です (^^)v

 

20091103011_2 20091103012_2

 左側の写真が、「会津川口駅」の写真です ( ^-^)/ ♪
 1987年に現在の駅舎に建て替えられたということで、私がこの駅舎を見るのは今回が初めてとなります (^_^ゞポリポリ

 右側の写真が、それまでの駅舎で、私にはこちらの方が懐かしく、ネットで見つけてきました (;^_^A アセアセ・・・

 

20091103013 20091103014

20091103015 20091103032

 

 これが、この駅の特徴の一つである、駅舎の改札を抜けホームへと向かう「構内踏切」と、屋根もかかっていない「島のホーム」です (^^;

 普通、ホームへは階段などを利用して向かうのが一般的であり、線路を歩いて横断するというのは危険ですから、行なわれないのが常識です。
 しかし、この駅では、ご覧のように構内の真ん中に「島」というか「中州」のようにホームが独立して設けられており、その両側に線路が敷かれてあって列車が止ります。

 駅舎側が小出方面に向かう下りのホームで、反対側が会津若松方面に向かう上りのホームになります。
 つまり、改札を抜けた乗客は、いったん下り線の線路を歩いて横断してホームに向かうことになります(苦笑)
 同じく、下りの列車に乗ってきてこの駅で降りた乗客も、止っている列車の前を通って線路を横切り、駅舎の改札に向かうことになります (;^_^A アセアセ・・・

 こんな事ができるのも、運行本数が少ないからなんでしょうかね (^◇^) 。。。ケラケラ

20091103016 20091103019

20091103033

20091103017 20091103018

 確かに、「島のホーム」「構内踏切」も、珍しい光景には違いありませんが、この駅を語る上でどうしても外せないものがあります。それがこれらの写真なのですが、いかがですか(笑い)

 川のそばに設けられた駅というのは、日本中にいくらでもあると思うのですが、この「会津川口駅」は、ホームの片側が只見川の大きな流れにくっついています (^^;
 つまり、ホームが堤防の役割も果たしているわけで、さすがにこういう光景は珍しいのではないかと個人的に思っています。

 下の3枚は、只見川の反対側から駅を見たところです。
 只見川の静かな川面が、上り線のホームに迫っているのがよくわかると思います o(*^▽^*)o~♪

 これなら、ホームから線路越しに釣り竿を構え、釣り糸を垂れることだってできそうな気がしますよ(苦笑)

 

 

 ・・・ということで、本来の記事はここまでで、以下の写真は、実はオマケです (^◇^) 。。。ケラケラ

 先の記事でも述べましたが、会津坂下ICで高速を下り、国道252号線で会津川口駅に向かっている途中、大勢のカメラマン達に遭遇し、SLが通ることを知って、慌ててSL見物を日程に組み入れました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20091103020 20091103021 20091101002

 これは、只見駅で折り返してきたSLが、会津川口駅のホームに入ってくるところです。
 なかなか力強く、迫力がありました ヽ(^◇^*)/

20091103034  撮影は、こんなふうに先にご紹介した構内踏切の中から行ないました (^_^ゞポリポリ
 もちろん、駅長さんに声をかけ、この場所から撮影する許可を頂いての撮影です (^^)v

 駅長さんもそうですが、ホームで列車を誘導する駅員さん達も気さくでとても親切でしたよ(笑い)
 なお、この写真はティンクが携帯で撮ったものです (*^.-^*)♪

 

20091103035 20091103036

20091103022_2 20091103023 20091103024

20091103025 20091103026 20091103027

 これは、会津川口駅のホームに止っているSLの様子を撮ったものです。

 上の2枚は、ホームに滑り込んできた客車を後ろから撮ってみました。真岡で乗った時の今風に内装が整えられた客車とは違って、かつての懐かしい椅子が取り付けられてある古めかしい客車で、これでなくてはSLの醍醐味は味わえないですよね(笑い)

 このイベントでは、単にSLを走らせるだけではなく、様々な体験イベントや写真撮影なども同時に行なっているようで、会津川口駅のホームにも15分間も停車してくれました。
 その間、乗客達も、ホームに降りて記念撮影をしたり、運転席に乗ったりしてSLの旅を満喫していましたよ(笑い)

 

20091103028 20091103031 20091103030

20091103029 20091103006

 これらの写真は、会津柳津駅のホームから撮った写真です。

 駅の構内には、SLが常設展示されていました。

 只見線では、1974年10月まで蒸気機関車が走っていました。
 当時メインで走っていたのは、C11型蒸気機関車で、それがために、私の中ではC11に対する思い入れは格別です。
 一般的には、D51に代表されるような、力強い、いかにも「蒸気機関車」というSLが人気のようですが、私が実際に乗ったことのあるC11は、私にとってはSLの代表的な存在です o(*^▽^*)o~♪

 この日走っていたC11は、前にもご紹介した「真岡鐵道」で使用されているSLであり、いつもは真岡駅の車庫で待機している車両です。

 このように、真岡鐵道のSLは、会津だけではなく、あちこちのイベントに貸し出されているそうで、人気者のようですよ(笑い)

 

 以上、思ってもいなかったSLに出逢えて、当初予定していた会津川口駅だけの記事よりも、ずいぶんとボリュームある記事になってしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「会津川口駅」・・・

 今日はへんぴなローカル線の、誰も知らないような小さな駅を紹介させて頂きましたが、何か興味を引かれるような内容がありましたでしょうか・・・ (^.^ゞポリポリ

|

« 会津帰省記 09霜月編 | トップページ | 右書き »

故郷「会津」を語る」カテゴリの記事

コメント

線路を横切るホームがある駅は、豊田にもありますよ。
たまに使う、名鉄の土橋駅です。単線の三河線にある駅ですが、町の中にあるのに線路を横切ってます。
結構、乗降客がいるんですが・・・

投稿: すが太郎 | 2009年11月 3日 (火) 17:34

 すがさん、どうもです (^_^)/

 名鉄の土橋駅は、全部のホームが線路を横切った先にあるのでしょうか?

 たいていは、駅舎に併設して設けられているホームが一つあって、線路を横切っていくホームはそれとは別のもう一つのホームという事が多いんですが、この会津川口駅は、駅舎にはホームは設けられておらず、乗客が乗り降りするホームは全て線路の向こう側になっています(苦笑)

投稿: 夢ピ | 2009年11月 3日 (火) 18:05

名鉄の土橋駅は、改札を通ると上り、下りのホームとも線路を渡らないと行けなんですよ。
一緒ですね。

投稿: すが太郎 | 2009年11月 4日 (水) 12:48

 そうですか、一緒ですね (*^.-^*)♪

投稿: 夢ピ | 2009年11月 4日 (水) 19:41

はじめまして
構内踏切と聞いて懐かしく思いました

私は横浜に住んでいたのですが
通勤で使っていた京浜急行の神奈川新町と言う駅は
まさに構内踏切でした、かなり昔の話ですが(汗

その駅、朝ラッシュの時などは同時刻発の列車などもあり
かなり危険な香りがしていたのを思い出しましたw


現在はちゃんと地下通路でつながっています

投稿: ごんやん | 2009年11月 5日 (木) 13:32

 ごんやんさん、ようこそいらっしゃいませ~ (^^)/

 横浜辺りの駅で、構内踏切があったというのは驚きです (^^;
 首都圏を走る電車ですから、運行本数もけっこうあったと思いますので、やはり危険だったんじゃないかしらねぇ (^.^; ポリポリ

 今後ともよろしくお願いします (*^-^*)ノ

投稿: 夢ピ | 2009年11月 5日 (木) 14:23

来きました。

C11は懐かしいですね。
D51は貨物を引っ張っていたので、乗ったのは私もC11の方でした。
日中線の最後の日のC11、本州で最後のSLでしたが、私も写真を撮りに行きました。
高校三年の時でした。

只見線は早く全線復旧してもらいたいものです。

そして、夢ピさんのブログの復活も期待してます。(笑)

投稿: メイの家 | 2016年8月20日 (土) 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/46657047

この記事へのトラックバック一覧です: 会津川口駅:

« 会津帰省記 09霜月編 | トップページ | 右書き »