« ナイターオフ | トップページ | 濃霧 »

2010年2月25日 (木)

青春のうた Best Collection その31

 みなさん、どうもです (^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

 前回の「その30」について語ったのが、昨年の8月11日ですから、半年以上も空いてしまいました (^_^ゞポリポリ
 その間に「青春のうた Best Collection」も、昨年の暮れに刊行された第100号をもってシリーズは完結してしまいました (^◇^;)
 創刊号が刊行されたのが、2006年の1月でしたから、丸4年かかって第100号までなった事になりますが、振り返るとアッという間だったような気がします。
 この企画も、今回でやっと第31号になったところですから、まだ半分も紹介しておらず、先は長いのですが、これからも折々に語っていきたいと思っています。なにとぞご理解のほどお願いします m(_ _)m

 

 今回の収録曲は、私が中学一年生から三年生だった頃の作品です。
 ラジオやテレビの歌番組で放送される作品を、ジャンルとかに関係なく、なんでもむさぼるように聴いていた頃です。
 もっとも、フォークのアーティストたちはテレビに出るようなことはめったにありませんでしたから、もっぱらラジオで聞き覚えた作品がほとんどでしたが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

Sbc031a_2 Sbc031b_2

 

   《収録曲》
 1:ルージュの伝言/荒井由美 75年2月発表
 2:恋のかけら/ダウン・タウン・ブギ・ウギ・バンド 74年12月発表
 3:嫌んなった/憂歌団 75年11月発表
 4:変りゆく時代の中で/佐渡山豊 74年2月発表
 5:風になりたい/川村ゆうこ 76年4月発表
 6:無縁坂/グレープ 75年11月発表

 

 「ルージュの伝言」は、言わずとしれた荒井由美時代を代表する作品の一つで、この作品が彼女自身の最初の大ヒット作となりました。
 この作品の大ヒットによりブレイクした彼女は、かぐや姫の「神田川」などに代表される四畳半フォークとは一線を画したハイセンスな内容の作品群により、「ニューミュージック」と呼ばれる新しいジャンルが生まれるきっかけとなったとされ、その第一人者としてニューミュージックの女王と呼ばれるようになります。
 あまりユーミンの作品を聴くことのない私でさえ、この作品は好きな作品だったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「恋のかけら」は、「スモーキング・ブギ」のB面に収録されていたという事で、私は今回初めて聴いたのですが、今なら彼等がこういうバラードを歌っていてもそれほど違和感はありませんが、当時聴いていたら相当抵抗があっただろうと思います (^^;
 だからこそのB面だったのでしょうが(苦笑)
 矢沢永吉にしても同じ事がいえると思いますが、おそらく、彼等のホンネとしてはこういうバラードで勝負したかったのでしょうが、時代が許さなかったというか、セールスを優先するレコード会社としてはそういうのはリスクの伴う冒険でしかなかったのでしょうね。

 

 「嫌んなった」は、憂歌団のファーストアルバムに収録されていた作品という事で、憂歌団そのものを聴くことのなかった私にはまったく接点のない作品です。
 まぁ、今聴いても私にはピンと来ない作品ではありますが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 「変りゆく時代の中で」は、典型的なプロテストソングの一つだと思いますが、作者の佐渡山豊は沖縄出身のシンガーソングライターという事で、岡林信康などを始めとする本土のアーティストたちとはまた違ったカラーを持っていたようです。
 彼のことも、ほとんど何も知らないままこの作品を聴きました (^_^ゞポリポリ

 

 「風になりたい」は、当時話題になった「フォーライフレコード」からの初の新人という事で、マスコミ的にもちょっとした時の人扱いされた川村ゆうこの作品です。
 セールスを後押しするスポット的な露出も多かったので、けっこう耳にする機会も多かったですが、その後の作品はあまり耳にしたような記憶はありません (^^;

 

 「無縁坂」は、「精霊流し」で脚光を浴びたグレープの、6枚目となる最後のシングル作品です。
 彼等のライブ盤などを聴けばわかるんですが、メンバーの二人はけっこう明るいキャラクターなのに、大ヒットした作品はいずれも故人を偲ぶ内容という事で、グレープに対する世間的なイメージはかなり暗いものであったということもあり、発表する作品にもある種の制約を感じていたようです。
 そこで、さだが体調を崩したのを機会に、3年足らずでグレープは解散してしまいます。
 なお、作品のタイトルにもなっている「無縁坂」は、上野の不忍池のそばに実際に存在します。

 

 以上・・・(^^ゞ 

|
|

« ナイターオフ | トップページ | 濃霧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/47653652

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のうた Best Collection その31:

« ナイターオフ | トップページ | 濃霧 »