« 紙婚式 | トップページ | 疲労困憊 »

2010年3月19日 (金)

高杉晋作

20100318001

 

 これは、幕末の志士として有名な、高杉晋作が辞世の句として詠んだものとされています。

 高杉晋作が詠んだのは上の句だけで、下の句は、彼を看病していた野村望東尼(のむらもとに)という人が、「すみなすものは心なりけり」と続けたともいわれています。

 「おもしろきこともなき世をおもしろく すみなすものは心なりけり」

 上の句と下の句をつなげると、「おもしろい事なんか無いような世の中だけど、心の持ち方次第でおもしろく思えるようになる」というような意味になります。

 

 切れ者といわれた高杉晋作ですが、けっこう変わり者だったともいわれており、「おもしろき こともなき世を おもしろく」と詠んだ時の心境はどんなだったのかなと・・・(苦笑)

 意外と、「辞世」なんていう意識は無くて、愚痴というか、つぶやきというか・・・
 そんな日常の暮らしの中で、ふと口をついて出ただけのひと言だったようにも思えるのですが・・・

|

« 紙婚式 | トップページ | 疲労困憊 »

名言・格言」カテゴリの記事

コメント

 「おもしろきこともなきホークスをよりおもしろきなく」

 秋山ホークスについて詠んでみました(苦笑)。 

投稿: ナンカイ | 2010年3月19日 (金) 07:25

 ナンカイさん、どうもです (^_^)/

 とりあえず、開幕戦は勝ったようで安心しています ヽ(^◇^*)/
 前半に貯金を残せれば、夏場以降の失速にもある程度対応できるかなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

投稿: 夢ピ | 2010年3月20日 (土) 18:23

 正直、ビックリしましたね、今日の試合は(笑)。

投稿: ナンカイ | 2010年3月20日 (土) 20:13

 ホラ、よく言うじゃないですか。

 勝ちに不思議な勝ちあり・・・と (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢ピ | 2010年3月20日 (土) 20:33

 今日の試合もまさに「勝ちに不思議な勝ちあり」でした(笑)。

 「ナシダ采配」全開でした(爆)。

投稿: ナンカイ | 2010年3月21日 (日) 16:30

 ナンカイさん、どうもです (^_^)/

 今日の試合も見ることは叶いませんでしたが、そういう事情なら今年のハムはそれほど恐くないかも・・・(笑い)

投稿: 夢ピ | 2010年3月21日 (日) 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高杉晋作:

« 紙婚式 | トップページ | 疲労困憊 »