« 一人○役 | トップページ | タイヤ交換 »

2010年3月28日 (日)

ステンドグラス

 ステンドグラスという手法があり、建築や美術品に取り入れられ、見る人に感動を与えてくれます。

 

 ステンドグラスの存在については、子どもの頃から知ってはいましたが、単に色の付いたガラスを組み合わせて絵を表現する美術技法くらいの認識しかありませんでした。
 その代表は、協会などで見かける大きな装飾窓でしょうか・・・

 

 一方、ステンレスという金属がありまして、こちらは錆びに強いということで、台所などでは包丁やシンクなどでお馴染みだと思います。

 

 「ステンドグラス」と「ステンレス」・・・
 この二つに共通する「ステン」ということば。
 私はこれまで「ステン(錆び)」が「レス(無い)」という事で、「錆び」という認識しかありませんでしたが、「汚れ」という意味もあるんですね。
 ですから、「ステンドグラス」は、「汚れた」というか、「汚したガラス」という意味になるんだそうで・・・ (^^ゞ

 普通の無色透明のガラスに、様々な物質を使っていろんな色を着色した色付きガラスという事で、それが「汚れ」を付けた「ガラス」と呼ばれる所以になったとか。

 

 ところで、ステンドグラスといえば、会津の喜多方市に、蓮沼九美子さんというステンドグラス工芸家がいらっしゃいます。
 地元で「蔵の町ステンドグラス工房」という体験教室の代表もなさっておられます。

 私自身は、九美子さんとは直接の面識はありませんが、彼女の弟さんとはクラスメートであり、同じブラバンの仲間でもありました (^^)v
 非常に個人的な事なのですが、彼の名前が私の弟と全く同じなんですよ(笑い)
 同じ名前なんていくらでもあると思いますが、彼の場合は使っている漢字まで弟と同じで、しかも普通ならそんな文字を使ってそんな読みにはならないだろうという珍しい名前だったものですから、とても親近感がありました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 案の定、彼も弟と同じで、音読みの方で「きぶん」と呼ばれていましたっけ (^◇^) 。。。ケラケラ

 現在弟さんは、埼玉栄高校のコーラス部の指導者として活躍しており、国内でもトップクラスの成績を収める合唱団に育て上げた指導力の持ち主です (*^.-^*)♪

 高校時代にはかなり親しい間柄だったので、何度か蓮沼家に遊びに行ったこともありますから、もしかしたらその時に九美子さんともお会いしたことがあったのかもしれませんが、30年以上も経ってしまうと、そのへんの記憶は曖昧になってしまって・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 何はともあれ、知人や友人の類が各地で頑張っているのは嬉しいことですよね~ o(*^▽^*)o~♪

|
|

« 一人○役 | トップページ | タイヤ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/47921531

この記事へのトラックバック一覧です: ステンドグラス:

« 一人○役 | トップページ | タイヤ交換 »