« 花の命は | トップページ | 臨時休業・・・ »

2010年3月25日 (木)

福島行き

 昨日、仕事で福島県にある「玉川村」まで行って来ました。

 

 なぜか、今月は福島に行く仕事が多く、いわきに一度、本宮に二度、そして昨日の玉川村と、すでに四度も福島の地を踏んでいます (^_^ゞポリポリ

 福島県は私の故郷であるだけに、やはり他の場所よりは土地勘もありますし、仕事をしていても楽しいというかワクワクします(笑い)

 

 私は成田に住んでいますから、仕事の内容も成田空港関係の仕事が多く、輸入貨物を都内方面にデリバリーするという依頼が圧倒的に多いです。
 かつては、チャーター便はけっこう重宝されていましたから、私がこの仕事を始めた15年くらい前までは都内方面に限らず、関西や東北、信州、越後など、けっこう遠方まで行くことも少なくありませんでしたが、関西空港ができると近畿方面への仕事はめっきり減ってしまい、さらにバブルが弾けてからは仕事そのものが激減して、関東から出るような仕事は珍しくなっていました。

 そんな状況ですので、関東以外の、それも福島県への依頼が立て続けに四度もあるというのは、異例中の異例ということになります。

 

 昨日の日中は、船橋経由で松戸という無難な仕事をこなしまして、このところ忙しかったので、気持ちはもう仕事は上がりのつもりで家路を急いでいると、すぐに空港に向かって欲しいと携帯に連絡がありまして、軽トラ二台で福島に行ってほしいと言われました。
 昨日はことのほか寒かったので、東北行きは多少気は重かったんですが引き受けまして、16時過ぎに空港に入り、16時半に成田を出発しました。

 

 一応、新空港ICから東関道に乗り、潮来ICまで高速を使い、あとは国道51号線と国道349号線で福島に向かいました。
 昨日は一日中雨だったんですが、那珂市を過ぎ、常陸太田市辺りまで来ると雨に雪が交じるようになり、県境付近では完全に雪に変わってしまいました (^^;
 まぁ、道路に積もるようなことはありませんでしたが、フロントガラスに雪が当たるのは何度体験しても好きにはなれません(苦笑)

 茨城県と福島県の県境にある、矢祭町からは国道118号線に乗り換え、さらに北上を続けます。
 棚倉町、浅川町、石川町と走り抜け、目的の玉川村に着いたのが21時過ぎ。走行距離は約200キロ。一般道で来たワリにはけっこう早かったと思いました。

 

 早々に納品を済ませ、すぐにとって返して元来た道を戻ります・・・

 ただ、矢祭町からはそのまま国道118号線を走り、349号線には向かいませんでした。なぜかというと、矢祭町内を走る国道349号線は、道幅も狭く、峠付近は雪の影響も懸念されたからで、その点国道118号線ならしっかりした道路でそれほど起伏もありませんしね (^^)v

 水戸市からは国道51号線で鹿嶋市に向かい、潮来ICから東関道で成田に戻ってきたのが午前2時。
 そのまま眠りについて、8時過ぎまで泥のように眠りましたよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 今日は、夜の仕事が入っているので、それまでのんびりしようかなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 花の命は | トップページ | 臨時休業・・・ »

仕事を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島行き:

« 花の命は | トップページ | 臨時休業・・・ »