« 晩酌 | トップページ | 国道6号線 »

2010年3月11日 (木)

なごり雪

20100311001 20100311002

 9日の夜に関東の各地に降った雪は、10日の午前中までにはほとんど消えてしまったようだけど、それでもところどころで雪の名残を見ることができました。

 写真は、夕方5時くらいに埼玉県で撮ったもので、まだ溶けずに残っていたところを納めてみました。

 さすがに、今シーズンはこれで見納めかなと・・・ (^^)v

 

 そこで思い出されたのは、「なごり雪」というフォークソングでした。

 「なごり雪」というと、一般的にはイルカが75年に発表して大ヒットした作品を思い浮かべる人がほとんどなんだろうけど、実はイルカが歌った「なごり雪」は、別のアーティストが歌ったもののカバーだったという事はそれほど知られてはいない。

20100311003  オリジナルは、かぐや姫が74年に発表した「三階建の詩」という4枚目のアルバムに収録されたもので、こちらはメンバーの一人である伊勢正三が歌っていました。

 

 実は、かぐや姫の作品は、リーダーである南こうせつの手によるものがほとんどであり、伊勢も作詞などで作品に参加したことはあったものの、作曲までは担当したことが無かった。
 「三階建の詩」では、メンバーの三人がそれぞれに作品創りに参加し、それぞれの個性を存分に生かした作品が収録されていた。

 

 この中に収録された「なごり雪」は、伊勢正三が初めて作った歌という事で、自身も一番気に入っている作品と言っていた。
 だからこそ、イルカがソロとしてデビューするにあたって、人気面ではすでに全国区となっていたかぐや姫の作品の中から、「なごり雪」を彼女に譲ったという経緯があります。

 伊勢正三といえば、やはり一番ヒットして有名なのは「22才の別れ」という事になるのだろうが、この作品もまた「三階建の詩」の中に収録されており、伊勢が二曲目に作った作品という事で、後に伊勢が「風」というグループを結成した時にデビュー曲として用いられました。

 

 個人的には、イルカの歌った「なごり雪」よりも、かぐや姫の中で伊勢が歌っていた「なごり雪」の方が、ずっと思い入れが強く、好きでしたねぇ o(*^▽^*)o~♪

 

 イルカ版 「なごり雪」

 かぐや姫版 「なごり雪」

 聴き比べて頂ければ、それぞれの良さが伝わってくるのではないでしょうか ( ^-^)/ ♪

|

« 晩酌 | トップページ | 国道6号線 »

季節便り」カテゴリの記事

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/47778470

この記事へのトラックバック一覧です: なごり雪:

« 晩酌 | トップページ | 国道6号線 »