« 表と裏 | トップページ | 吉野家 »

2010年4月15日 (木)

日本

 自民党を離党した与謝野氏や、平沼氏らによって先日結成された「たちあがれ日本」ですが、略称を「日本」とする事が総務省で認められたと報じられた。

 

 これがどれほど理不尽なことか、わからぬはずもなかろうと思うのだが・・・ (ノ_-;)ハア…

 私は、田中康夫氏はあまり好きな方ではないけれど、彼が怒るのはもっともなハナシだと私は思う。

 こういう事が公然とまかり通るようだと、有権者の政治離れはますます進み、投票率など地に堕ちてしまうのではないか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 他人のフンドシで相撲を取るような情けないことはするんじゃないよ>たちあがれ日本

 

 

 そもそも、「たちあがれ日本」「たちあがれ」って、何に対して言ってるの?

 日本という国が勝手に立ち上がるワケはないのだから、そこに住む国民か政治家か、いずれにしても誰か「人」に向けられて発せられたことばだというのはわかります。

 それは、自分たち党員に対して?

 それとも、有権者たちに対してなのかな?

 もしかして、それ以外の誰か?

|

« 表と裏 | トップページ | 吉野家 »

時事・ニュースを語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本:

« 表と裏 | トップページ | 吉野家 »