« 再びの | トップページ | 再会 »

2010年5月 8日 (土)

青ばととうふ

 私の村の隣に在り、会津でも有名な「玉梨とうふ茶屋」・・・
 ここの豆腐は、ネッ友さんもわざわざ立ち寄って買っていくほどのお気に入りだという・・・

 

 私も、ここの豆腐のことは以前から知ってはいましたが、まだ一度も口にしたことはありません。
 お店の前は何度も通っているのに、タカが豆腐に何をそんなに大騒ぎしているんだろうというのが正直なところでした (^_^ゞポリポリ

 

 しかし、ネット通販も始め、全国から注文が来るようになったというハナシを聞くと、いったいどんな豆腐なんだろうという興味は湧いてきます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、先日の帰省の折、どうせ店の前を通るんだからと、寄って買っていくことにしました (^^;
 話のタネに、一度くらいは有名な「青ばととうふ」というものを食べてみたいと・・・

 

 「青ばと」とは、奥会津の金山町玉梨地区の方言で「枝豆」のことを指すそうで、「青ばと豆腐」とは一般の豆腐のように大豆から作るのではなく、大豆になる前の「枝豆」から作った豆腐のことで、見た目も少し緑がかって見えます。

 

20100508002  お店の前を通ったのは、朝の7時過ぎ・・・

 豆腐屋だから、そんな時間でも営業しているかもしれないと思ってはいたものの、入口には「準備中」の札がかかり、戸も閉ざされています。

 

 しかし、せっかく来たわけですし、ダメもとでと、引き戸を開け、中のお兄さんに豆腐を売ってもらえないかと声をかけました。
 すると、意外にもどうぞと言われて中へ誘われました。

 

20100508001  水槽の中の豆腐を、網ですくってカゴに入れ、レジに持って行くのですが、水槽の中にはパックに入った「青ばととうふ」と「奥会津極上豆道一貫」という大きめの二種類の豆腐が入っていました。
 前者は350円、後者は1100円という事で、いくらなんでも豆腐一丁に千円は出せませんから、350円の「青ばととうふ」を3丁買って実家へ向かいました。

 私がいつも食べている、スーパーで売っている一丁35円の豆腐の10個分ですから、車中でも期待感は高まります p(^_^)q ワクワク

 

 しかし、実家でパックから出し、しょう油をチョッとたらしてそのまま食べてみたんですが・・・

 

 ・・・ん・・・ (?。?)

 ナンだ・・・これ・・・

 

 いや、ヘンな味がするとか、不味いとかいうワケじゃないんですよ。
 不味いというわけではないんですが、コレがそんなに評判になるほどの味なのかなと・・・

 へんに期待していただけに、思いっきり肩すかしを食らったというか・・・ (ノ_-;)ハア…

 で、「コレ、美味いか?」と家内と妹夫婦にも確認してみたんですが、彼等の感想も特別美味しいとは思わないというものでした (__;)

 

 こんなモン、350円も出して購入するだけの価値があるんだろうか、少なくても私らはそんなふうに感じたわけで、「コレなら、スーパーで買ったいつもの豆腐の方が美味しいんじゃないの?」と、最終的に出た結論は、そんな身もふたもないものでした・・・

 

 もしかしたら、かつては確かに評判になるような素晴らしい豆腐だったのかもしれません。
 しかし、よくあることですが、美味いと評判になった店が、次から次へと押し寄せるお客をさばいているうちに、味を維持できなくなり、次第にダメになっていく例は枚挙にいとまがありません。

 この店がそうだとは言いませんが、評判の上にあぐらをかき、材料や手間を以前ほどかけられなくなったということは十分に考えられることです。
 細々と豆腐を作っていた頃と、大々的に豆腐を作っている今とでは、同じ品質を維持したくても難しいのかもしれません。

 

 やっと食べた、故郷の「青ばととうふ」・・・
 なんというか、期待外れの残念なシロモノでした・・・ (__;)

|
|

« 再びの | トップページ | 再会 »

コメント

あらら。。^^;
あたくしもここ暫く行ってないので、何とも言えませんけど最初に食べた時は結構感動したんですけどね(^^ゞ

それと食べたのが我が家では寄せ豆腐だったからかな?それと納豆も美味しかった記憶が。。

近頃では那須の方にも支店が出来たりと、何かと手を広げてしまったからなんでしょうかね。

期待させて申し訳なかったですm(__)m
でも以前は確かに美味しかったんですよ(苦笑)

投稿: フィガロ | 2010年5月 8日 (土) 13:56

 フィガさん、どうもです (^_^)/

 味というのは評価が難しいので、こういう記事は誤解を招きやすいんですよね (^^ゞ
 人それぞれ味の好みは違うわけですし、万人が美味しいという料理を作ることができる人は存在しません。

 今回の豆腐も、私はそれほどでもないと感じましたが、相変わらず営業を続けているわけですから、美味しいと思っている方もいらっしゃることは事実です。
 でなければ、とっくの昔に淘汰されてしまっているでしょうから・・・

投稿: 夢ピ | 2010年5月 8日 (土) 22:43

玉梨とうふの味変わってなかったですよ!

多分あおばとの味ではないでしょうか??

スーパーの**円のよりとってもおいしかったです。

見る人に誤解を与えてしまう感じですいません。

投稿: No Name | 2010年5月21日 (金) 10:52

 どなたか存じませんが、コメントどうもです (^_^)/

 味の評価なんて、人によって変わるのが当然ですから、私にとっては食べ慣れているスーパーの豆腐の方が美味しいと感じても不思議ではないと思います。

 この記事によって、玉梨とうふの評価が下がるようなものでもないと思います。
 お好きな方は今まで通り買って食べるでしょうし(苦笑)

投稿: 夢ピ | 2010年5月21日 (金) 14:39

味の評価は人それぞれだから、ブログ主の舌にはスーパーの豆腐の方が美味しくても、もちろん当然。
だったら、美味しいと有名だけどうちには合わなかった。とだけ、書いときゃいいのに。
「こんなモン」とか「残念」とか平気で書いちゃうあたりが残念な方ですね。
ここがそうとは言いませんが、と予防線を張りつつ、お客さんが増えて味が落ちる店は多いとか長々厭味ったらしく述べてみたり、感じ悪い(苦笑)。


投稿: No Name | 2013年5月25日 (土) 12:21

 どなたか存じませんが、ここは公の掲示板とは違い、私の経営する居酒屋です。
 思った事を書けないようなら、「ブログ」の存在価値は無いと私は思っています。

 このブログは、私の独断と偏見に満ちた記事がコンセプトです。
 別に、誹謗中傷をして個人の名誉を貶めているワケでもありませんし、個人的な意見を述べているにすぎません。

 同じ事を書くにしても、表現の仕方は人それぞれでしょうし、文章のスタイルもコレが私流ですから、お気に召さないようでしたら私のブログは読まなければいい、ただそれだけの事です。

 第一、当たり障りのない文章を綴っただけのブログなんて、読んでいておもしろいですかね(苦笑)
 発言が尖っていれば尖っているほど、反発する人も少なくないと思いますが、それがブログの個性であり、読者に媚びへつらっていない分、主催者の正直な意見が綴られているのではないかと私は思う次第です。

投稿: 夢ピ | 2013年5月25日 (土) 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/48292820

この記事へのトラックバック一覧です: 青ばととうふ:

« 再びの | トップページ | 再会 »