« 飯岡灯台 | トップページ | ソースカツ丼 »

2010年5月23日 (日)

喜多方高校吹奏楽委員会

20100523002

 《 昭和49年度の部員たち

20100523001

 《 昭和50年度の部員たち

 

 これは、私が在籍していた「喜多方高校吹奏楽委員会」の集合写真です。
 卒業アルバムに載せるために、毎年一学期中に、それぞれの部毎に校舎の中庭で撮影します。
 白黒の写真というのが、なんとも時代を感じさせますが・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 上が、私が高校一年生の時のもので、この写真を撮った時には私はまだ部員にはなっていませんでしたから写ってはいませんが、どうしてもこの時の仲間たちの写真が欲しいと、申し込みの際には私も名前を書かせて頂き、こうして手元に残っています (^^ゞ

 下は、その翌年、私が高校二年生の時のもので、写真の一番左端に立っている学ラン姿が私です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 入部に至る経緯や、担当楽器の事については、3年前にも「ブラバン」という記事で語ったことがありますので、興味があればそちらも合わせてご一読願えれば幸いです。

 

 喜多方高校では、運動や芸術などの多くの「部」が存在する一方で、「委員会」と呼ばれる別組織が存在しました。
 全ては覚えていませんが、私が在籍していたブラバンもその一つで、正式名称は「吹奏楽委員会」です。

 他に記憶のあるところでは、「放送委員会」があったのは覚えていますが、現在の喜多方高校のHPを見ると、「新聞委員会」とか「応援委員会」とか、たくさんの委員会がありますが、当時もこんなにあったのかは不明です (^^;
 「応援委員会」なんて、私が在校生だった頃には、単に「応援団」と呼ばれていたようにも思うのですが、正確なところは記憶にありません (^_^ゞポリポリ

 「部」と「委員会」の違いはなんだったのか、当時もよくわからないままでしたが、例えば当時も「吹奏楽委員会」と交流があった「音楽部」ですが、合唱や弦楽演奏の活動をしていまして、やっていることは「吹奏楽委員会」とそれほど変わりはありませんでしたが、「委員会」ではなくて「部」という存在でした (^^;

 

 勝手な思い込みでは、「委員会」は、学校の行事に密接に関わっていたかどうかではなかったかと推測しています。
 「部」は、例えば「野球部」だったり「美術部」だったりと様々なものがありましたが、彼等は独立して個々に活動していました。つまり、活動はあくまでも自分たちだけで、対外試合とかの他校と一緒に行なう活動もありましたが、それも同じ部同士の交流であり、喜多方高校内で他の部と一緒に活動するようなことはありません。

 それに対して、「委員会」は、例えば「放送委員会」は学校という大きな枠の中で、学校全てを対象に活動していましたし、「吹奏楽委員会」は自分たちだけの演奏に止まらず、野球の試合があれば、授業そっちのけで応援団と一緒に競技場に駆けつけて観客席から各種の応援歌などを演奏していました。

 

 このように、自分たちの活動だけに止まらず。外に対して開かれた活動を行なっているのが、おそらくは「委員会」と呼ばれた組織ではなかったのかと個人的には思っています。

 あくまでも、私の勝手な「思い込み」ですから、本当に正しいのかどうかは保証の限りではありませんが、「新聞委員会」にしろ、「保健委員会」にしろ、「図書委員会」あるいは「選挙管理委員会」などもそうですが、「委員会」は身内だけを相手にしているのではなく、全校生を相手に活動しているわけで、そういう意味では開かれた活動を行なっているということで、当たらずとも遠からずだと思っているのですが、さて、その真実はどうなのかな・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 それはともかく、私が在籍していた高校一年の二学期からの2年半、厳密にいえば、三年生の時には後半はほとんど一緒に活動することはありませんでしたから、2年間くらいになるのでしょうが、とても充実した時期だったと今振り返っても懐かしく思い出されます。

 

 活動のメインは、あくまでも秋に行なわれる「全日本吹奏楽コンクール」の県大会に向けての課題曲と自由曲の練習ですが、私が今も鮮明に記憶しているのは、毎年夏休みの間に行なわれた「合宿」です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 なにしろ、高校生の男女が一週間近く学校で寝食を共にするわけですから、いやが上にも盛り上がりました(爆笑)

 タテマエは楽曲の集中練習ですが、練習の合間を縫って、上級生も下級生も、男子生徒も女子生徒も、全ての垣根を取り払い、一緒になって食事の支度をしたり、夜は花火や肝試しをしたりと、どちらかといえば練習よりもそういう共同生活やレクリエーションの方がメインという印象の方が強かったです (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 そんなゆる~い事ばっかりやっているような、いわゆる「楽しむ事を目的とした部活動」だったので、在籍中の「全日本吹奏楽コンクール」の県大会の成績は、三年間全て「銅賞」という結果でしたよ (^^;
 ちなみに、この大会の表彰は「金賞」「銀賞」「銅賞」の三つであり、「金賞」と「銀賞」は入賞、それ以外の学校は全て「銅賞」でしたから、「銅賞」=「参加賞」という意味合いのものでしかありませんでしたが(苦笑)

 

 最近でこそ、喜多方高校吹奏楽委員会のレベルもだいぶ上がったようですが、私が在籍していた当時の吹奏楽委員会は、毎年20人を超えるか超えないかくらいの部員数しか在籍していない零細クラブでしたから、実力もそれなりでしかありませんでした (^_^ゞポリポリ

 さらに、顧問と呼ばれる先生は確かに存在しましたが、それは名前だけでしかなく、練習に参加して指揮を振ったり、部員に指導したりするようなことはまったくありませんで、全てが部員達による手作りの活動でした。
 日々の練習も、合宿も、大会の指揮でさえ歴代の部長が先頭に立って行なっていました (;^_^A アセアセ・・・

 そんな状況でしたが、それがために部員達の連帯感はいやが上にも増したように思います。部活動ではありましたが、一般によく見られる学年によるタテの関係はほとんど見られず、どちらかといえば全員が「友達」のような横一列の仲良しクラブでしたね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 卒業してからも、何年かは部活や合宿にも顔を出したこともあったんですが、それも数年過ぎると顔見知りの下級生もいなくなり、次第に敷居が高くなって喜高に立ち寄ることもなくなってしまいました・・・ (__;)

 今では、お互いに顔も名前も知らない状況なので、「喜吹会」という喜多方高校吹奏楽委員会のOB会も存在して、毎年お正月に喜多方市内で新年会を催しているようですが、私は千葉に住んでいることもあって、ほとんど付き合いはないので、淋しい思いをしています (^_^ゞポリポリ

 

 私の青春の一ページを彩る「喜多方高校吹奏楽委員会」の想い出。

 今も少しも色褪せてはいません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|
|

« 飯岡灯台 | トップページ | ソースカツ丼 »

コメント

ぴーさん、可愛い。。ww

投稿: フィガロ | 2010年5月23日 (日) 21:10

 フィガさん、どうもです (^_^)/

 そりゃ、私にだって高校生の時はありましたよ (^◇^) 。。。ケラケラ
 そして、かわいいかどうかは別にして、今よりは多少なりともウブだったと思います(爆笑)

投稿: 夢ピ | 2010年5月23日 (日) 21:47

ご無沙汰しおります。
喜吹会の会長をしておりますKです。
元気ですごしておられるみたいでいよかったですね。

懐かしい写真拝見しました。
忘れておりましたね。

投稿: kisui | 2015年4月 2日 (木) 21:54

 いやぁ、Kさん、お懐かしい (*^.-^*)♪

 本当にご無沙汰しております (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 私は、今は成田市の住民です。
 成田空港の滑走路の目の前に住んでいますよ(苦笑)

 Kさんは、私より二歳年上ですから、来年は還暦ですね、あれからそんなに歳月が過ぎたとは思えないのですが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

投稿: 夢ピ | 2015年4月 3日 (金) 04:47

花粉症で、なおかつ今日は雨の日曜日。
外に出たくないので、相撲を見ながらネット三昧。
昔の写真でもないかと高校のHPやら、なんかを見ているうちにここにたどり着きました。

2010年に書いたものですか。
「昭和49年度の部員たち」には、あの頃の私の親しい同級生が何人か写っていました。
懐かしいね。
先生は、英語のI先生かな?
高校生のあの頃、還暦になった自分がこんな所に住み、こんなことをしているというのは、想像もできないこと。
感慨深いものがあります。

投稿: メイの家 | 2017年3月26日 (日) 17:20

 メイさん、どうもです (^_^)/

 そうですか、親しい同級生たちの顔が映っていましたか (^◇^;)
 世間は広いようで狭いというのは本当ですね (^◇^) 。。。ケラケラ

 この記事をアップしたのでさえもう7年も前の事になるワケですから、件の写真は40年以上も昔の事になってしまいましたよ ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

投稿: 夢ピ | 2017年3月27日 (月) 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/48422687

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方高校吹奏楽委員会:

« 飯岡灯台 | トップページ | ソースカツ丼 »