« 高速水着の終焉 | トップページ | 究極の選択 »

2010年6月 8日 (火)

トイレの神様

 最近、ラジオを聴いていると、植村花菜というシンガーソングライターが歌う「トイレの神様」という曲をよく耳にします。

 実際、巷でもヒットしているらしく、各局の番組の中にゲストとして招かれる事も多く、番組のパーソナリティたちを交えて、作品にまつわる様々な裏話なども聞かせて頂きました。

 この「トイレの神様」という作品は、なかなかよくできた作品だと私も思います。

 どんな作品なのかイメージできないという方は、下の動画をご覧いただければ、もしかしてどこかで一度くらいは耳にした事があるかもしれません ( ^-^)/ ♪

 ただ、10分近い長~い作品なので、終わりまでお聴きになるのは冗長かもしれませんが、歌詞が一つの物語になっていますし、よくできたメロディに乗せて語られる歌を聴いているうちに、いつの間にか終わりまで聴いてしまう・・・のかもしれません(笑い)

 

 

 

 確かにいい作品だとは思うんですが、ラジオのパーソナリティなどがこの作品を紹介する際に「号泣必至」とか「涙があふれて止らない」などの大げさなコメントが付くのが納得いかなくてね・・・ (__;)
 また、お聴きになったリスナーなどから同様のメールを頂いたと紹介される事も多いんですよね。

 

 確かに、感性などは人それぞれ違いますから、この作品をお聴きになって涙を流す人がいても不思議ではないと思いますが、だからといって皆が同じように感じるかといえば決してそんな事はないと思います。

 少なくても、私自身はこの作品にそれほどの魅力は感じなかったので、涙もナシです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 この作品は、植村花菜の実体験をもとに作られたんだそうで、子どもの頃から彼女を可愛がってくれたおばあちゃんの事を「トイレの神様」という都市伝説というか「言いつたえ」をベースにして上手に語っています。
 そう言われれば、作品の終盤で歌われている、おばあちゃんが入院してからの部分は聴いていても切なくなってきます。

 しかし、こんな嘘くさいエピソードをモチーフにした歌を聴いても、全く感情移入できないというか・・・
 確かにトシとともに涙もろくなってきてはいますが、私の涙はそんなに安っぽくはないよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 一方、最近よく耳にする作品の一つに、クミコの「INORI~祈り~」という作品がありまして、こちらは聞いているうちにどうしようもなく切なくなってきましてね、こんな私でも目頭が熱くなってきます・・・

 下が、その「祈り」の動画なんですが、ぜひ一度お聴きになってみてください ( ^-^)/ ♪

 

 

 やはり、歌っている内容の重さが違うんでしょうか。先の「トイレの神様」では感じなかった「悲しさ」や「やりきれなさ」がダイレクトに伝わってきて、正直この作品は泣けます・・・

 過去にも、例えば、井上陽水の「人生が二度あれば」や、かぐや姫の「神田川」などは泣けましたし、他にも、さだまさしの「案山子」、吉幾三の「酒よ」、テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」など、涙無くしては聴けない作品はいくつもありました。

 いずれも現実の生活に裏づけされた真実味が感じられる、しっかりとした歌詞があって、すんなりと作品の中に入っていける作品ばかりです。

 

 祖父や祖母という存在が希薄だった私だから、「トイレの神様」を聴いてもイマイチ感情移入できないんでしょうが、「トイレの神様」というハナシ自体は昔から知ってはいました。
 けど、オトコだからでしょうかねぇ、別にトイレ掃除をしてキレイになりたいとかは一度も思った事は無いんで、こういう歌を聴いても、なんとなく絵空事にしか思えなくてね (^_^ゞポリポリ

 

 この植村花菜という女性は、なかなか可愛くて、いわゆる「べっぴんさん」だと思うんですが、それも、おばあちゃんの言いつけを守って一生懸命にトイレ掃除をしたから・・・なんでしょうかねぇ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

|
|

« 高速水着の終焉 | トップページ | 究極の選択 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

この曲は、ラジオから火が付いたそうで、ラジオでよく聞きますね。
確かに彼女の実際の体験をもとに書いた歌詞だそうですが、元々は、音楽プロデューサーが、彼女の生い立ちを聞いていて、「おもしろい話だ」と言うことで、「歌にして、皆に聞かせよう」と彼女に詞を書かせたとか…

確かに涙する(目頭が熱くなる)歌詞ですが、誇張気味に書いているような…

と言いつつ、俺のiPodには入っていますが(^^ゞ

投稿: お茶汲み坊主 | 2010年6月 8日 (火) 07:27

 お茶汲みさん、どうもです (^_^)/

 私も、この動画はPCに保存してあります (^^)v

投稿: 夢ピ | 2010年6月 8日 (火) 08:29

日々・・ 私達は、当たり前のように 朝 目が覚める。。

まして少女の頃は、夜明けの目覚めに疑いさえも持つことはありません。


【生】の重さと人の愚かさの歴史。

〝祈り〟
映像や歌詞に露骨に表さなくても【その事実】を知っている私達だからこそ、心に響きます。

投稿: ティンク☆ | 2010年6月 8日 (火) 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/48541662

この記事へのトラックバック一覧です: トイレの神様:

» 水泳 高速水着 [新作水着 最新情報]
蒼い海BLOG Pretty 瞬足 俊足、凄いんですってね!これを履いたら一等賞ではないけれど、これを履かないと一等賞はあり得ないとか....。 高速水着を思い出しちゃいます。 凄い時代ですね~. 2010/05/17(月) 15:46:26 |; URL |; JADE #-; [ 編集] ...(続きを読む) 集中練習!! - がんばりまっしょい!! - Yahoo!ブログ 最後の高速水着装着OKの今月末の試合は集中してみんな頑張ってきてほしい!! Aちゃんにはアリーナのアクアフォースを貸してあ... [続きを読む]

受信: 2010年6月11日 (金) 13:50

« 高速水着の終焉 | トップページ | 究極の選択 »