« 究極の選択 | トップページ | コニャラ »

2010年6月 8日 (火)

どうにも止らない

 先日、「パッパッパ!」という記事を書いて、パ・リーグが強いという事を語ったばかりなんですが、昨日の交流戦で新たなプロ野球新記録が生まれました。

 

 まず、神宮で行なわれたヤクルトロッテ戦で、ロッテは1点を追う7回に、3本塁打を含む10者連続安打が飛び出し、10点を奪って試合を決めたと報じられた。

 

 そのそのわずか20分後には、福山で行なわれた広島オリックス戦でも、オリックスが6回に10者連続安打を記録し、8点を奪って試合を決定づけたという。

 

 同じプロ野球新記録が、パ・リーグの球団によって同じ夜のほぼ同じ時刻に同時に生まれたわけで、これは非常に珍しい事ではないか・・・

 ちなみに、これまでの記録は、昨年の6月14日にヤクルトがオリックス戦で作った、11連続打数安打というものがあるそうですが、これは10人目の打者が四球で歩いたために連続安打は「9」で途切れており、四球を含まない連続安打は昨日の「10」で塗り替えられたというものです。
 という事は、オリックスは、昨夜一年越しで「汚名返上」をしたという事になりますかね(笑い)

 

 

20100608002

 

 交流戦の順位は、相変わらずパ・リーグの球団が上位を占め、かろうじて巨人が6位に顔を出しているものの、8位~12位の下位球団はいずれもセ・リーグという状態です。

 パ・リーグの勢いは、もう、どうにも止らない (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

|

« 究極の選択 | トップページ | コニャラ »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうにも止らない:

« 究極の選択 | トップページ | コニャラ »