« さらばハイセイコー | トップページ | 七夕 »

2010年7月 7日 (水)

青春のうた Best Collection その32

 みなさん、どうもです (^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

 

 今回の収録曲は、私が二十歳前後の頃の作品です。
 高校を卒業し、東京の江戸川区に出て独り暮らしを始めた頃で、音楽に対する情熱が一番あった頃かもしれません (^_^ゞポリポリ
 この頃は、もっぱらフォークソングや、ニューミュージックを中心に聴いていました。
 オリジナルの創作意欲も、この頃がもっとも旺盛でしたね(笑い)
 今でも、折に触れては懐かしく思い出す、若かりし頃の一ページです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

Sbc032a_4 Sbc032b_4

 

   《収録曲》
 1:SACHIKO/ばんばひろふみ 79年9月発表
 2:九月の雨/太田裕美 77年9月発表
 3:あの頃のまま/ブレッド&バター 79年6月発表
 4:迷い道/渡辺真知子 77年11月発表
 5:きみの朝/岸田智史 79年3月発表
 6:異邦人/久保田早紀 79年10月発表

 

 「SACHIKO」は、よく聞きました。「『いちご白書』をもう一度」でヒットを飛ばした後、ばんばひろふみがソロとなって出した5枚目のシングルであり、初めてヒットを飛ばしてソロとしての地位を決定づけた作品でもあります。

 

 「九月の雨」は、太田裕美の9枚目のシングルだったそうです。この作品に限らず、彼女の作品はいずれもヒットしており、私も好きな作品が多かったです。
 なによりも、彼女はそこらのアイドルを凌ぐほど、メッチャ可愛かったですからねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「あの頃のまま」は、ブレッド&バターの作品ですが、私自身は彼等の作品はほとんど知りません。でも、兄弟デュオですからハーモニーがキレイでね、友人たちの中にも彼等のファンは少なくなかったです。
 この作品はユーミンの手によるものですが、さすがにいい曲を作りますね(苦笑)

 

 「迷い道」は、渡辺真知子のデビュー曲です。この作品も久保田早紀の「異邦人」と共に大ヒットしました。
 久保田早紀とは違って、渡辺真知子の方はこの後も次々にヒット曲を飛ばすのですが、しばらく低迷していた時期もありました (^^;
 近年は、千葉ロッテマリーンズの応援歌として「かもめが翔んだ日」が使われているのを受けて、テレビなどへの露出度も高まってきたように思います(苦笑)

 

 「きみの朝」は、岸田智史のごく初期の頃の作品で、俳優デビューした際のドラマの挿入歌として使われました。
 蛇足ですが、「3年B組金八先生」というテレビドラマがありまして、その主役を演じた武田鉄矢の代表作にもなりましたが、もともとは岸田智史のために企画されたドラマだったそうです。しかし、当時多忙を極めていた岸田は、同じ事務所に所属していた武田鉄矢に主役を譲ったという経緯があります。
 後に、岸田自身も新田八郎太役で「3年B組金八先生」にゲスト出演したり、自身が主役を演じる「1年B組新八先生」という姉妹番組も作られましたが、1クールのみの単発で終了しました。

 

 「異邦人」は、とにかく大ヒットしました。久保田早紀をご存じない方でも、この「異邦人」という作品はどこかで耳にした事があるんじゃないでしょうか。
 ただ、デビュー曲が思わぬ大ヒットをすると、アーティストにとっては不幸なことにもなりかねません。
 これが、鳴かず飛ばずのアーティストがいきなりヒット曲を放ってブレイクした場合には、売れてないまでもそれまでの作品によってある程度アーティストの特徴のようなものも知られていますからそうでもないのですが、新人の場合にはその作品がアーティストのカラーとなってしまう場合が多いので、以後、久保田早紀は自分の歌いたい作品を発表することができずに「異邦人」のカラーに押しつぶされる格好で表舞台から消えていく事になります。
 なお、現在はクリスチャンの音楽伝道者として、久米小百合の名前で演奏活動をしているそうです。
 今現在の彼女の写真は、「日本聖書協会カタログ」のページでご覧になることができますよ ( ^-^)/ ♪
 なお、PDF版のファイルになっていますから、見るためには「Adobe Reader」などの閲覧ソフトが必要になります。
 無料のフリーソフトですから、お持ちでない方は、「こちら」からダウンロードしてインストールしておけば、今後重宝すると思いますよ (^^)v

 

 以上・・・(^^ゞ 

|

« さらばハイセイコー | トップページ | 七夕 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりに一言(^^ゞ
3番のあの頃のまま以外は週一のカラオケの持ち歌です\(^o^)/
特に、異邦人は テクノバージョンで毎週一曲目に歌っています~
それと、九月の雨は梅雨時のまさに今に…(^^ゞ

夢さんやティンクさんの一八番は何ですか?

投稿: 一ファン | 2010年7月10日 (土) 12:07

 一ファンさん、どうもです (^_^)/

 週一でカラオケですか・・・ (^^;
 体力ありますねぇ(笑い)

 生来のオンチですから、十八番と呼ばれるような気の利いた持ち歌はありませんが、好んで唄う歌は「津軽平野」「いちご白書をもう一度」あたりですかね (;^_^A アセアセ・・・

 あ、「時代おくれ」もありますが、これは私のバイブル的な作品です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 こんなふうに生きたいモンだなと・・・ (^_^ゞポリポリ

投稿: 夢ピ | 2010年7月10日 (土) 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/48773610

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のうた Best Collection その32:

« さらばハイセイコー | トップページ | 七夕 »