« タオルケット | トップページ | あけぼの山農業公園 »

2010年8月 2日 (月)

隅田川花火大会10

 土曜日に、恒例の「隅田川花火大会」が行なわれまして、この様子は毎年テレビ東京が生中継しているので、テレビの前で花火見物をするのが最近の私のお気に入りとなっています。

 

 以前はそんな事もなかったのですが、家内が大の花火好きという事で、家内のマイブームに私が乗せられた形です・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 当日は、部屋の灯りを消して、ムードを演出した上で、酒やつまみを用意して中継に臨みます(笑い)

 

 もちろん、実際に生の花火を見るに越したことはないワケなんですが、人混みは苦手ですし、ビールやツマミを調達するにも、ちょっとトイレに行こうとしても、あの人混みの中ではおいそれとはいかないだろうと思うと、自宅のテレビで観るのが一番手軽でいいのかなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 ただ、テレビからは花火が開く時の「ド~ン」いう大きな音も身体に伝わってくる振動も無いので、その点だけが残念ではありますが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 下は、テレビ東京が生中継した放送を録画して、花火大会の開幕の部分を5分ほど切り取ったものです。
 「隅田川花火大会」をご存じない方も、多少は雰囲気を感じて頂けるかなと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 

 隅田川の花火大会は、住宅が密集している下町で行なわれるために、いろいろと制約があって、主催者にとっては日本一難しい花火大会といわれています。

 

 

 打ち上げが行なわれる辺りの川幅が約130m、従って、用いられる花火も、4号玉まで、上空で開いた時の花火の直径が120mまでと決められています。

 したがって、長岡の花火大会などに代表される「尺玉」はありませんから、基本的に小さな玉を用いて、上空で開いた時の「色」や「形」、そして「動き」を楽しむ花火大会という位置づけになり、花火師の手腕と独創的なアイディアが求められるのが、日本一難しい花火大会といわれる所以だそうです。

 

 会場に出かけて見物するのも、もちろんアリなんでしょうが、自宅のテレビの前で家内と二人、酒とツマミを口にしながら仲睦まじく見物するのも、それはそれでけっこう幸せだなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 来年の「隅田川花火大会」は、予定通りなら地デジで見ることになるんでしょう。
 アナログでは伝わらなかったところなんかも、地デジならわかるかもしれませんね (^^)v

 それ以前に、地デジで見る花火はとてもキレイだろうと思うと、今から待ち遠しいです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« タオルケット | トップページ | あけぼの山農業公園 »

コメント

開催当日の夕方まで東京に滞在していましたが、花火大会が行われた隅田川付近は、早くから場所とり?に訪れている方も何人か見かけました。
残念ながら、予定の関係上、花火を見ずに帰りましたが…

投稿: お茶汲み坊主 | 2010年8月 2日 (月) 22:07

 お茶汲みさん、どうもです (^_^)/

 お花見と同じで、墨田川の周辺は場所取りが横行していたんでしょうね。
 屋形船は、会社関係が一年前から・・・というか、毎年馴染みの船を押さえているんだと思います。
 また、花火が見えるホテルなんかも、早くから予約が入っているそうで、中には、隅田川の花火を見るために近くに引っ越しちゃう人も少なくないそうです (^^;

投稿: 夢ピ | 2010年8月 3日 (火) 06:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川花火大会10:

« タオルケット | トップページ | あけぼの山農業公園 »