« うだるような | トップページ | 登山という行為 »

2010年8月17日 (火)

投げる

 今、夏の甲子園大会が佳境を迎えており、予定では今日中にベスト8が出そろい、準々決勝に駒を進める事になるようです。

 今大会も、私はいつものようにほとんど観ていませんが、福島県代表の聖光学園と、千葉県代表の成田高校の二校の結果だけは、やはり気になります・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 幸い、両校ともに順調に勝ち上がってきてくれまして、聖光学園は昨日ベスト8を決めました ヽ(^◇^*)/
 成田は今日、滋賀県代表の北大津とベスト8をかけて争いますが、果たしてどうなりますか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 その成田高校ですが、私の地元校ですから特に頑張って欲しいと密かに思っています(苦笑)
 県大会の決勝戦はテレビで放送もされたので、私もチョッと気になって観戦したりもしたんですが、今年の成田はなんといってもエースの中川諒が話題の中心なのだろうか・・・

 左足をゆったりと上げ、スリークオーターから投げ込む直球は140km前後で伸びがあるそうです。
 スリークオーターというのは、オーバースローとサイドスローの中間であり、ややサイド気味に肩口からボールを投げる投法で、近年増えつつある投法だそうです。

 

 ところで、野球に限らず、「モノを投げる」という動作は人間の日常生活からは本来遠い動作であり、普通はあまり行なわない動作です。

 その証拠に、女性はボールを投げるという事が苦手で、キャッチボールをさせても、相手に向かって上手くボールを投げる事ができない女性が多いです。
 これは、女性は普段からキャッチボールのような、モノを投げる事を経験していないために、投げ方がわからないせいだといわれます。

 特に、一般に見かけるような上手投げでボールを投げさせると、ボールは地面に叩きつけられるか、相手とは無関係のとんでもないところに投げてしまうのが、キャッチボールをした事のない人の多くが経験する失敗談だと思います。

 

 これは、腕を頭の上から振り下ろすという「上手投げ」は、人間の身体のつくりからいってムリがあるというか、非常識な事をしているからに他なりません。

 例えば、猿がモノを投げる時にどのようにするのかを見れば一目瞭然です。
 猿はモノを投げるという動作をする事はあまりありませんが、手に持った何かを相手に向かって投げようとする事も無いわけではありません。
 普段からモノを投げるという事を行なわない彼等が、手に持ったモノを投げる時、どのようにするのか・・・

 普通は、両手に包むようにモノを持ち、いったん股の間に下げてから両手で前に押し出すようにして投げると思います。
 希に片手で投げる時もありますが、その時にも腕を腰の下に下げ、後ろにテイクバックさせて振り子のように前に振りだして投げます。ちょうどソフトボールで初心者によく見られる投げ方です。

 つまり、ソフトボールやボウリングなどでよく見られる「下手投げ」こそが、投球の基本であり、人間工学的にいっても、もっとも理にかなっていて、楽に投げられる投球法なワケです (^^)v

 

 しかし、野球ではもっぱら「オーバースロー」と呼ばれる腕を上から下に振り下ろす動作によってボールを投げます。
 腕を横から水平に振る「サイドスロー」や腕を下から上に振り上げる「アンダースロー」で投げる投手は、昔はけっこう居ましたが、最近ではほとんど見かけません。

 これはなぜかといえば、子ども達が野球を始めた時に、ボールの投げ方を教えるオトナたちは、決まってオーバースローで投げるように指導するからです。

 

 私も、ソフトボールを始めた時に、キャッチボールをしている際にそのように教わりました。
 私は、野球の経験とかはほとんど無いわけでして、ボールを投げた経験も普通の男子から比べればそれほど多くはありませんから、まず相手に向かってボールを投げる事からして難しいわけでして (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 それは、強い球を返球しようと力めば力むほどボールはとんでもない暴投になってしまったりと、キャッチボールの相手にはずいぶん迷惑をかけました(苦笑)

 

 私は、もともと肩も強くないわけですから、遠投もできませんで、そんなこんなでムリをして投げているうちに肩を痛めてしまいましてね (;^_^A アセアセ・・・
 上手投げで投げようとすると、肩に痛みが走るようになったので、やむを得ずサイド気味のアンダースローで投げるようになりました。
 すると、今までしていた上手投げよりも楽にボールが放れるようになり、加えて上手投げで投げる時よりも遠くまで届くようになりました (*^.-^*)♪
 こりゃいいやという事で、その後はもっぱら腕を横に振るような感じのアンダースローで投げていました。

 

 まぁ、下手投げがいくら理にかなっていようとも、実戦で役に立たなければ絵に描いた餅でしかないワケで、ことに投手の場合、ボールのスピードは投手の命とまではいかないまでも、生命線である事は間違いないわけですから、ボールによりスピードが乗るオーバースローが投法として重用されるのもわからないでもありません。

 それに、サイドスローやアンダースローで投げる投手が減っているわけですから、当然指導者側にもサイドスローやアンダースローで投げた事のないコーチや監督が増え、それがためにサイドスローやアンダースローの投手が育たないという事もあると思います。

 

 成田の中川投手のような「スリークオーター」は、キチンとした「オーバースロー」から比べれば肩や肘にかかる負担が少ないと言われ、最近は日ハムのダルビッシュやソフトバンクホークスの杉内などに代表されるように、スリークオーターで投げる本格的投手が増えてきているそうです。

 中川投手にも、そのくらいの期待をしたくなるようなイキのいい選手ですので、チョッと応援してみようかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« うだるような | トップページ | 登山という行為 »

野球を語る」カテゴリの記事

うんちく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投げる:

« うだるような | トップページ | 登山という行為 »