« 会津紀行 (上) | トップページ | 曼珠沙華 »

2010年9月22日 (水)

会津紀行 (下)

  【9月20日(二日目)】

 

 昨日に引き続き、会津プチ旅行の二日目の記事です ( ^-^)/ ♪

 

 前日、早めに寝てしまったこともあり、私は6時前には目が覚めてしまい、さっそく温泉で朝風呂と洒落こんでみました (*^.-^*)♪

 ここの大浴場ですが、大きな湯船が一つありまして、真ん中に仕切り状の盛り上がりが設けられており、一方にはジャグジーが付いていましたが、基本的に一つの湯船ですから同じ温度のお湯が張られていました。

 温度は、熱くもなく温くもなく、ほどよいお湯ではありましたが、こういう場合にはできれば熱いのと温めのと、二つの湯船があればよかったなぁと・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 朝のお風呂は、やはりちょっぴり熱めの湯船に浸かりたいと思うのは、私だけではないはずですから。

 

     20100921017

 朝食は8時にお願いしました。まず、布団を上げた後、テーブルを部屋の真ん中に戻し、そこに運ばれてきました。

 これが朝食の写真ですが、りっぱなモンですよ o(*^▽^*)o

 軽くではありますが、ご飯のお代わりまでして、朝食は終了 (^_^)V。

 朝食も、コレステロールが心配される温泉玉子を含め、残さずに食べてしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ゆっくりと食事を済ませ、フロントに電話をして器を下げて頂きました。

 

 その後、身支度を済ませ、9時にチェックアウトを済ませた後、ロビーでコーヒーを飲みながら市内の旧友二人を待ちます。
 お盆に帰省できなかったので、私らに会いにわざわざホテルまで出向くと言ってくれたからです。
 このブログで手術のことを知り、私の健康状態を心配していたので、元気な顔を見て安心してくれたようです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いつも、私の事を心配してくれている会津の友人たちに感謝です・・・ m(_ _)m

 

 ひとしきり、世間話に花を咲かせた後、10月の再会を約束し、ホテルを後にしました・・・

 

 《 会津武家屋敷 》

20100921013 20100921014

 ホテルの駐車場を出発したのが、朝の10時過ぎ。

 まず、東山温泉の入口にある「会津武家屋敷」に行ってみました。

 

 この日は、朝から小雨の降るあいにくの空模様でしたが、けっこう止み間もあったので、駐車場から中に入ってしばらくは雨に濡れるようなことはありませんでした。
 しかし、見学の途中から雨が降ってきまして、その後は施設が用意してある傘をお借りして回りました (^_^ゞポリポリ

 

20100921018

 この武家屋敷は、幕末当時の家老職にあった西郷頼母邸を間取図をもとに復元した「家老屋敷」をメインに、約7千坪という広大な敷地内に様々な施設を配した、チョッとしたテーマパークです。
 入場料は、850円ですが、ゆっくり観て回れば、決して高いと思うような料金ではないと私は思います。
 まぁ、こういうものに関心が無い人にとっては、たとえ100円でも高いと思うのでしょうが・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 この武家屋敷も、訪れたのは25年ぶりくらいにはなると思います (^^ゞ
 もう、かつて訪れた時の記憶なんて残っていませんが、以前よりはわかりやすくなっていたように思えたんですが、多少展示内容とか変っているんでしょうかねぇ (^_^ゞポリポリ

 

 おおむね、指示された順路通りに観て回ったんですが、とにかく広くてね(笑い)
 途中の東屋でひと休みしながら、じっくりと観てきました。

 中でも、印象に残ったのは、心の美術館・青龍に展示されていた、会津出身の画家、室井東志生が描いた数々の仏像画です。
 絵画から伝わってくる仏像の迫力と存在感は、絵心なんてサラサラ無い私にも、なんとなく響いてきましたね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 武家屋敷で二時間近くも時間を費やしてしまったので、時刻はすでにお昼近くになっていました。

 「来た道と同じルートでは帰らない」というのが、仕事でもプライベートでも私のドライブポリシーになっていまして、当初の予定では、どこか観光しながら白河ICか、西那須野塩原ICあたりから東北道に乗って帰ろうと思っていたんですが、そんな時間的余裕も体力も残っていないと判断し、友人たちから教えてもらった、JAあいづが経営する農産物直売所「まんま~じゃ」に立ち寄り、どこかで昼食を食べて、そのまま磐越道に乗って帰ることにしました (^_^ゞポリポリ

 

 《 まんま~じゃ 》

20100921015 20100921016

 で、JR会津若松駅近くに在る、「まんま~じゃ」です。

 おかしな名前だなと思ったら、「おいしいあいづのお米・野菜・果物などその『ま・ん・ま』をJAあいづがお届けします」という事で名付けられたそうです(笑い)

 友人たちが言っていた通り、とにかくその安さにはビックリ!
 家内と売り場をグルッと周り、野菜や果物などを3千円ほども買い込みました (^◇^) 。。。ケラケラ

 しかも、買った野菜や果物を昨日食べてみたんですが、モノもとても良く、美味しいんですよ o(*^▽^*)o~♪
 再婚してから、道の駅や農産物直売所で野菜などの農作物を購入して帰ることはよくあるんですが、これだけの作物にはお目にかかった記憶がありません。

 念のために申し上げておきますが、出身地だからといって、決して欲目や身びいきで申し上げているわけではありませんよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「いいモノが安い!」これは当たり前の事ではありますが、商売の基本ですよね (^^)v
 この日も、売り場はとても賑わっていましたが、あらためて人気があるわけだと納得しました。

 

 

 《 千本蕎麦 》

20100921011 20100921012

 最後に、昼食を食べた「千本蕎麦」です。

 

 国道49号線と国道294号線が交わる「強清水」という交差点のところに在るんですが、ここで食べた蕎麦がメチャクチャ美味しい ヽ(^◇^*)/

 カロリー制限もあるので、私が食べたのは「高遠そば」でしたが、そのために蕎麦のうまさが際だったというか、788円でこの蕎麦が食べられるなら、毎日でも食べたいと思わせてくれる逸品でした o(*^▽^*)o~♪

 

 最後に良い店に寄ったというか、お腹も心もしっかりと満たされ、磐梯河東ICから高速に乗り、来た時と同じ常磐道経由で成田に帰ってきました。
 ポリシーに従って、郡山JCTからは、東北道を走って帰ろうかとずいぶん迷ったんですが、例によって東北道は、矢板北PAや上河内SA辺りで長い渋滞が起きていたので、結果的に常磐道を選択してよかったなと (^○^)
 常磐道は、私が利用する区間の渋滞は皆無でしたが、東北道を走っていたら、1時間以上は帰宅が遅れたと思います

 

 以上、一泊二日のプチ旅行ではありましたが、思っていた以上に収穫の多いドライブとなりました。

|
|

« 会津紀行 (上) | トップページ | 曼珠沙華 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/49514103

この記事へのトラックバック一覧です: 会津紀行 (下):

« 会津紀行 (上) | トップページ | 曼珠沙華 »