« ピンク・レディー | トップページ | ご当地ソング »

2010年9月 9日 (木)

二十世紀

 いよいよが市場に出回る季節になり、梨好きの私としてはとてもワクワクしています o(*^▽^*)o~♪

 

 スーパーなどで買い求めてくることもありますが、もっぱら仕事先からの帰り道、道の駅や道端の売店に立ち寄って買ってくることが多いです。

 最近の傾向として、果物は全て「甘い物」が好まれるようで、リンゴでもミカンでも、とにかく甘い物しか売っていなくて、ここ何年も酸っぱい果物には出会ったことがありません (^^;
 しかし、私の持論として、果物はもともと酸っぱいモンだろというのがあって、とにかく不満ではありますが、生産者だって商売ですから、売れる物を作るのは当たり前であり、作っても売れそうもない物はできるだけ作りたくないのは人情です(苦笑)

 よって、市場にはますます「甘い果物」ばかりが並ぶことになり、消費者たちも、果物は甘いのが当たり前みたいな勘違いをする事になります・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 まぁ、そんな事を嘆いてみても仕方がないことなのかもしれませんが、私一人くらいは酸っぱい果物が食べたいと言い続けていこうと思っています(笑い)

 

 そんな私のお気に入りの梨は、今ではほとんど見かける事のない「長十郎」です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 赤梨を代表する長十郎ですが、「幸水」「豊水」「二十世紀」の三品種に市場を独占され、年々出荷量を減らしています。
 今は多少事情は違うのかも知れませんが、2004年の統計では、先の三品種で全品種の75%ほどを占めていたといわれ、長十郎はわずかに1%程度だったそうです。

 硬く締まった小振りの茶色い皮を剥いて、ガリッとかじりついた時のあの食感は、シャリシャリとした食感の最近の梨にはない、生命力というか、力強さを感じたものです。

 

 今日は、そんな梨の中でも、「二十世紀」について語ってみたいなと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 「二十世紀」というのは、19世紀の終わりに偶然発見された品種で、20世紀の直前になって、来たる新世紀における代表的品種になるであろうとの観測と願望を込めて、新たに命名されたからということで、私が子どもの頃には赤梨しか見たことがなかったので、青みがかった大きめの二十世紀はチョッと高級な梨という位置づけで、当時の私には憧れの的でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「二十世紀」といえば、誰でも真っ先に連想するのは「鳥取県」だと思います。実際に、鳥取県で生産される梨の8割が二十世紀だそうで、二十世紀梨は、知名度の点でも実績の点でも鳥取県を代表する梨であることは間違いありません。

 

 しかし、発祥の地はというと千葉県松戸市でして、松戸市には二十世紀梨にちなんで、「二十世紀」ということばが付いた地名が実際にいくつも存在します。

 

 

 どうも、千葉県というところは、商売が下手とみえて、二十世紀梨に限らず「千葉県が発祥の地」というものはいくつも存在するのですが、二十世紀梨は鳥取県に、酪農ジンギスカン料理は北海道にというように、今ではそれぞれの地を代表する産業になっているにもかかわらず、本家本元の方はサッパリで風前の灯火・・・ということが多いように思います (^^;

 

 本家の松戸市は、鎌ヶ谷市や八千代市などと並んで、現在でも千葉県を代表する梨の生産地としてその名を馳せていることに変わりはありませんが、幸水、豊水、新高の三品種が生産量の9割以上を占めており、二十世紀を生産している農家は数件にまで減ってしまったそうです。
 ただ、現在は有志が集まり、二十世紀梨の発祥の地として権威の復活を試みているというような報道もありました。しかし、農産物の生産は一朝一夕にはいきませんから、松戸市で二十世紀が手広く栽培され、消費者たちの間で認知されるようになるまでには、そうとうの年月がかかるものと思われます。

 

 まぁ、そんな事はどうでもいいのですが、梨の美味しい季節になった事ですし、梨の収穫量では日本一の千葉県に住んでいるわけですから、今年もたくさん食べたいと思っています o(*^▽^*)o~♪

|

« ピンク・レディー | トップページ | ご当地ソング »

コメント

松戸ですか^^懐かしいなぁ~~~
20年間も配送の担当区域だったんですよ
松戸 鎌ヶ谷 船橋の境界付近の梨はおいしくてね~~~
毎年楽しみにしていたんですが仕事が変わってえ~~~

私の第一のお気に入りは幸水で次が豊水そして秋月でしょうか
長十郎は ♪む~かしの味して~出て~ェい~ま~すぅ~
って感じで番外ですかね(^_^;)

義理堅い私は毎年同じナシ園に通っていたのですが
奥さんに会いたくて通ったわけではありませんよ(=^・・^=)

投稿: タマパパ | 2010年9月 9日 (木) 08:33

 パパさん、どうもです (^_^)/

 スーパーで売られている梨のほとんどは、幸水か豊水なんじゃないかな(苦笑)
 あとは、二十世紀・・・ (^^;

 私は、特にお気に入りの梨園とかはありませんが、今の時期、どうしても道端の販売所に目がいってしまいますね (^_^ゞポリポリ

投稿: 夢ピ | 2010年9月 9日 (木) 08:57

そういえば、すっかり果物屋さんの店頭から、長十郎と二十世紀は見なくなりましたねぇ~
こちらでは、猿投のジャンボ梨「愛宕」という、瓜のような大きな梨も販売されています。
こちらに来る時には、一度豊田のスーパーにでも寄ってみてください。

投稿: すが太郎 | 2010年9月 9日 (木) 09:00

 すがさん、どうもです (^_^)/

 「愛宕」ですか、初めて聞きました (^^ゞ
 瓜のような大きな梨というのがとても気になります。
 機会があればぜひそちらのスーパーに寄ってみます (*^.-^*)♪

投稿: 夢ピ | 2010年9月 9日 (木) 09:08

 今年のホークスも優勝は「ナシ」よ(欽ちゃん風)。

 失礼しました(笑)。

投稿: ナンカイ | 2010年9月11日 (土) 12:32

 ナンカイさん、どうもです (^_^)/

 しかし、この時期まで優勝争いをしてくれるとは思っていませんでしたから、いい意味で誤算だったなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 正直、今後はズルズルと落ちていくのでしょうね・・・ (^◇^;)

投稿: 夢ピ | 2010年9月11日 (土) 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二十世紀:

« ピンク・レディー | トップページ | ご当地ソング »