« トワ・エ・モア | トップページ | 二十世紀 »

2010年9月 8日 (水)

ピンク・レディー

 70年代に、健康的な肉体美と大胆な踊りでテレビに登場し、お茶の間の人気を独占したピンク・レディーが、ちょうど一週間前の1日、都内で「解散やめ宣言」を行ったと報じられました。

 

 簡単に言えば、「復活宣言」なワケですが、これまでにも度々期間限定で再結成をし、歌手活動を行なってきた過去があり、6度目の再結成となる今回は、2人の意思で無期限の活動継続を決めたというもの・・・

 

 しかし、復活を歓迎する声がある一方で、50才を過ぎた二人が今さらどんなパフォーマンスを披露できるのかと、冷ややかな声も多いと思います。いや、むしろ、そういう声の方が圧倒的に多いのかもしれません。

 正直、30年前と同じ事をやっても、それはムリがあるというか、茶番でしかないと私も思いますし、成功もしないだろうと思えてなりません。
 ただ、同じメンバーによる「ピンク・レディー」の再結成であっても、30年前と同じである必要はなく、同じ事をすることもないと思いませんか(笑い)

 

 人間、年齢を重ねれば、それなりに人生経験も豊富でしょうし、それにともなって表現力や技術力も増していると思います。たとえ往時の歌を歌ったとしても、同じ振り付けで、同じように歌う必然性は無く、今できる・・・というよりも、今だからこそできるパフォーマンスもあるんじゃないかと私は思います。

 

 ケイもミイも、共に52才。私と同じ年齢です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「解散やめ!」の会見でミイが語ったように、「景気がとても低迷している中、私たちが当時の曲を歌って踊ったら、みなさんが元気になって頑張ってくれないかな」というのは、彼女たち自身にとってもそうですが、当時ピンク・レディーを見ていた中年・熟年世代にとっても、励みになるというか、「よし! オレももう一頑張りしてみるか」と思う人も少なからずいらっしゃるんじゃないかと(笑い)

 

 逆にいえば、今の彼女らだからこそ、再結成する意味もあるんじゃないかと、私はこのニュースにはけっこう肯定的です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 単なる「打ち上げ花火」のような一時的な見世物で終わってしまうのか、それとも社会に一石を投じる「起爆剤」となるのか、チョッと気になった最近の話題です・・・

 

 ただ、私自身はピンク・レディーのファンだったことは一度もなく、もっぱらキャンディーズの方が気になる存在でしたが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

|

« トワ・エ・モア | トップページ | 二十世紀 »

コメント

懐かしい歌が流れてくると当時の記憶が蘇って
妙な感覚に襲われる事がありますね

いい歌好きな歌と共に生きてきたともいえそうです

余談ですが私はケイちゃん派でした~~~~~~萌え~~~

投稿: タマパパ | 2010年9月 8日 (水) 08:37

 パパさん、どうもです (^_^)/

 私にとっては、お酒は人生の伴侶、歌は人生の友・・・という感じでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 私は断然、ミイちゃん派でしたね (^_^ゞポリポリ
 キャンディーズでも、スーちゃん派でした (^^)v

 私ゃ、細身の女性にはときめかないんだな (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢ピ | 2010年9月 8日 (水) 09:20

あたしゃ~ね~その昔にね~
今は無き某劇場で焼きそば焼いてやしてね~~~
定期的に 8時だよ! の収録があったんすよ
丁度〇トちゃんが人身事故を起こして謹慎なんて時期でしたがね
打ち上げにその当時売出し中のキャ〇〇ーズが舞台衣装のままで
参加するんでありんすよ(=^・・^=)
ウエイター姿だと肌と肌が触れ合うほど接近しても
警戒されないのですよ
いや~~~役得ですたね~~~
これマジっすよ(';')

投稿: タマパパ | 2010年9月 8日 (水) 16:20

 う・・・
 羨ましい・・・ (^◇^;)

 私も、全員集合を見てて彼女たちを知ったんですよね (^^)v
 初々しくて、可愛かった~ o(*^▽^*)o~♪

投稿: 夢ピ | 2010年9月 8日 (水) 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンク・レディー:

« トワ・エ・モア | トップページ | 二十世紀 »