« ロマンの湯 | トップページ | 続・ベルトポーチ »

2010年10月14日 (木)

なつおとめ

 栃木県の日帰り温泉に行った帰り道、栃木県と茨城県との境にある「道の駅にのみや」に寄って産直野菜を買ってきました (*^.-^*)♪

 

 この「道の駅にのみや」は、仕事や帰省で立ち寄ることの多い、私のお気に入りのスポットです (o^∇^o)ノ
 なにしろ、穫れたての野菜が安いんですよ (^^)v

 再婚する前は、単にトイレ休憩などで利用するだけでしたが、料理好きの家内のために、最近では野菜を物色するために立ち寄るようになりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 その、野菜がたくさん並んでいる中に、イチゴのパックが並んでいましてね。
 この道の駅は栃木県にありますから、イチゴが並んでいても不思議ではないんですが、今時、イチゴというのが気になって、足を止めてよく見てみました。

 

20101013001 20101013002

 パックには、「なつおとめ」という名前が書いてありました。
 「なつおとめぇ?」と、耳にした事もない名前を見て、ハタと思い当たることがありました。
 そういえば、先日、夏場に収穫できる新しいイチゴが売り出されたという話題をラジオで聞いたばかりだったからです。

 

 「とちおとめ」に代表される一般のイチゴは、冬から春先にかけて収穫されます。
 ですから、夏場や秋にスーパーなどの売り場に並んでいるイチゴは、米国産の物が多いそうです。

 しかし、夏場に収穫できるイチゴがあれば、むざむざ輸入物に市場を独占されることもないわけで、農家にとっては夏場の収入源として期待も大きいだろうと思います。

 

 イチゴは、家内共々大好きですからね、馴染みのない名前のイチゴが気になってしょうがなかったので、試しにと一つ買って帰ることにしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 立ち寄った時間が夕方でしたから、野菜なんかもほとんどが売れてしまっていて、残っているのはわずか・・・ (^◇^;)

 この「なつおとめ」も、残っていたのは小粒のイチゴがチョッピリ詰まったパックばかり・・・ (__;)
 もしかしたら、もっと早い時間帯なら、大粒のイチゴが入ったパックも並んでいたんだろうと思います(苦笑)

 

 帰宅してから、さっそく二人で食べてみたんですが、コレが実に美味しい ヽ(^◇^*)/

 最近は、イチゴに限らず、甘い果実ばかりがもてはやされ、酸っぱい果物が大好きな私としては物足りないことこの上ない!

 しかし、この「なつおとめ」は、甘味ももちろんありますが、ハッキリした酸味が感じられ、私は、こんなに美味しいイチゴを食べたのはいつ以来だろう (?。?) ・・・ という思いがムクムクと湧き上がってきました。
 もしかして、今までに食べたイチゴの中で、一番私の口に合う、最高のイチゴなんじゃないかと・・・ ヽ(^◇^*)/

 たまたま見かけて買っただけなのに、凄く得した気分です。

 

 昨年の12月に品種登録の申請を行ない、今年の2月に申請が通って商品としての「なつおとめ」が誕生しました。そして、一般の市場には、6月下旬から出荷が開始され始めたばかりという新種のイチゴ・・・
 まだ、日本中のほとんどの人が食べたことがないことを考えると、感無量というか (^◇^) 。。。ケラケラ

 「なつおとめ」の収穫期は、「とちおとめ」のオフシーズンにあたる7月~11月頃だそうで、こんな私好みの美味しいイチゴがこれから食べられることを考えると、嬉しいなぁと・・・ o(*^▽^*)o~♪

|

« ロマンの湯 | トップページ | 続・ベルトポーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なつおとめ:

« ロマンの湯 | トップページ | 続・ベルトポーチ »