« 濃霧 | トップページ | 国際千葉駅伝 2010 »

2010年11月23日 (火)

どんな事情が

20101123001 20101123002

20101123003

20101123004 20101123005

 これは、先週都内の某所で見かけた光景です。

 ご年配の男性二人が、大きなバイクを押しながら横断歩道を渡っているところを撮ってみました。

 

 比較的お若い方がバイクに魅せられるという事ならそう珍しい事でもないのですが、こういう感じのご年配の方が大きめのバイクを嗜んでいる姿というのは、それだけで格好いいと思う一人なので、つい目がいってしまいます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ただそれだけの理由から、信号待ちをしている間にこの一連の写真を撮ったのですが、この写真の中にはいろいろと奥の深いストーリーがありそうだと感じたので、今回、記事として取り上げてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私は、最初、運転席からこの光景を目撃した時、ガス欠か故障を起こして走れなくなってしまったので、近くのガソリンスタンドかバイク店まで友人と二人で押しながら歩いているのだと思いました。

 しかし、そう考えるにはチョッとばかり不自然な点も見られます。

 

 まず、この二人はヘルメットを被ってはいません。

 ということは、走っている途中で動かなくなってしまったわけではないと推測できます。
 もし、走っている途中でガス欠なり故障を起こしたとするならば、二人がヘルメットを持っていないはずはないからです。

 

 次に、なぜ二人なのでしょう・・・ (?。?)

 おそらく、前でハンドルを握っている方がこのバイクのオーナーで、後ろで押している方が友人ではないかと思えるのですが、それにしては二人とも辛そうな雰囲気ではなく、むしろこの状況を楽しんでいるふうにもうかがえます。
 動かないバイクを押しながら歩くというのは、楽しいと思えるような状況にはないことが多いので、こういう表情をしているという事自体、どういう状況にあったのだろうと気になって仕方がありません(笑い)

 それに、後ろの男性はサンダル履きですから、そう遠くから歩いてきたわけではないだろうとも思えるわけですよ。
 履いているズボンも、ガテン系の人がよく履くような、太もものところに大きなポケットが付いた作業着なので、もしかしたらこの方はバイク店の店長なのかなと思えなくもありません。

 

 そこで、私はこういうストーリーを考えてみたのですが、いかがでしょう ( ^-^)/ ♪

 

 押しているバイクが、30年ほど前に一世を風靡した「HONDAのCB(750CCかもしれませんが、もしかしたら400CCの方かもしれません)」ですから、このバイクを手放すことにしたオーナーが、知人のバイク店に連絡をし、二人でお店まで押して運んで行く途中だった・・・というものです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 お店の店長は、思いがけず有名なバイクが手に入ったと、まるで懐かしい初恋の人にでも再会したかのようなワクワク感を押さえることができず、思わず頬が弛んでしまった・・・というものなんですが・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 しかし、それにも少々ムリがあります。

 だって、仮にもバイク店の人が引き取りに来たとしたなら、軽トラなどの運搬車に乗せて運ぶというのが常套手段だと思うからで、こんなふうに二人で押して運ぶなんて、普通は考えられないと思うからです (;^_^A アセアセ・・・

 

 皆さんなら、この二人の様子を見て、どんな事情があったのだろうと想像しますか?

|

« 濃霧 | トップページ | 国際千葉駅伝 2010 »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんな事情が:

« 濃霧 | トップページ | 国際千葉駅伝 2010 »