« 会津帰省記 10神無月編 | トップページ | 打ち豆 »

2010年11月 2日 (火)

野沢那智が逝く

 映画の吹き替えやラジオのパーソナリティとして活躍した野沢那智が、10月30日に肺がんのために亡くなったと報じられた・・・ (__;)

 

 私の氏の思い出というと、やはりラジオ番組ということになりますが、文化放送オンリーで生きて来た当時の私には、一般的には野沢那智の代表的な番組として知られている「パック・イン・ミュージック」などは、全く聞いたことがないので、そういう類のモノではありません。

 

 会津から出てきて、千葉県の習志野に住むようになった私が、平成と元号が変る前後に聞いていたのが、文化放送で当時放送していた「いう気リンリン 那智チャコワイド」という番組でした。

 白石冬美とのコンビでオンエアされていたこの番組は、直前の時間帯で放送されていた「吉田照美のやる気MANMAN!」という超人気番組の、暴力的な内容のおもしろさとは対照的に、しっとりと落ち着いた、いうならばオトナの番組として人気がありました。

 もちろん、私もお二人の軽妙な掛け合いに癒されていたリスナーの一人でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 なぜ、私がこの番組に特別な思い出があるのかといえば、番組からワンドアの冷蔵庫を頂いた事があったからです(笑い)

 ある日、番組で「父の日」の特集をするのにあたり、お父さんへの感謝を綴ったハガキをリスナーから募集したことがありました。
 この募集に、前妻が娘を装って出したハガキが採用され、番組の中で読まれるとともに、賞品としてワンドアの小さな冷蔵庫が送られてきたというわけです。
 なぜワンドアの冷蔵庫だったのかといえば、おそらく番組的には、お父さんが飲むビールを冷やすための専用の冷蔵庫でもプレゼントして、日頃の労をねぎらってもらおうとでも思ったのではないでしょうか(笑い)

 

 それはともかく、番組から何かを貰ったなんていうサプライズはこの時が初めてだったので、番組の中でそのようなアナウンスをされても、ホントに送られてくるのか訝かしんでいたのは事実です(苦笑)

 この冷蔵庫、けっこう重宝しまして、2004年の春に壊れるまで、飲み物専用として10年以上は使わせていただきました (^^)v

 

 そんな事もあったので、1992年の秋に番組の終了を迎えた後も、那智チャコのコンビ復活を切に願っていたんですが、今回の訃報で、とうとうその夢も叶わなくなってしまいました・・・ (__;)

 

 氏のご冥福を、心より祈らせていただきます・・・ (-人-)

 

 

 なお、私が好きな「あまい囁き」という作品の動画を見つけたので、ご紹介させて〆とさせていただきます。

 金井克子が歌うバックで、野沢那智があまい囁きを繰り返すのがおもしろくてね (^◇^) 。。。ケラケラ

 この「あまい囁き」は、ダリダとアラン・ドロンによるフランス語版が有名で、その完成度も群を抜いています。一度アラン・ドロンの「あまい囁き」を聞いてしまうと、日本語版というのは茶番でしかないのですが、それでも、中村晃子と細川俊之のバージョンはなかなか秀逸で聞き応えがあります。

 しかし、今回はぜひ、野沢那智のバージョンの方をお楽しみください・・・ ( ^-^)/ ♪

 

 

 

 一応、「ダリダとアラン・ドロンのあまい囁き」と、「中村晃子と細川俊之のあまい囁き」もリンクを張っておきますので、興味があれば聞いてみてください ( ^-^)/ ♪

|

« 会津帰省記 10神無月編 | トップページ | 打ち豆 »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野沢那智が逝く:

« 会津帰省記 10神無月編 | トップページ | 打ち豆 »