« 的場直樹 | トップページ | 市川海老蔵 »

2010年12月 8日 (水)

スタッドレスタイヤ

 先日の日曜日、愛車のタイヤ交換を行ないました。

 

 毎年、12月の中旬くらいを目安に、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへと交換を行なうのですが、今度の日曜日は、家内の実家に行くことになっているので、チョッと早いような気もしましたが、そうかといって19日まで履き替えないというのも心配だったので、思い切って交換してしまいました (^^ゞ

 とりあえず、物置から4本のスタッドレスタイヤを取り出し、全てのタイヤを交換しました。

 その後、馴染みのカーショップに赴き、後輪の2本を新品のスタッドレスタイヤにしてもらいました (^^)v

 

 なぜ2本なのかといえば、そこには私なりのこだわりがあります。

 私も、この仕事を始めた頃は、4本のスタッドレスタイヤを購入し、二シーズン使った後、4本全て新品のスタッドレスタイヤに買い換えるという事を繰り返していました。

 しかし、4本のタイヤを一度に買い換えるとなると、そこそこまとまった金額になりますし、第一、二シーズン目を迎えたスタッドレスタイヤというのは、運転していてもなんとなく不安でもあります・・・ (^^;

 

 そんな時に、仲間から毎年2本ずつ買い換えているというハナシを聞いたものですから、私も真似をしてみたというわけです。

 毎年2本ずつ新しいスタッドレスタイヤを購入し、二シーズン使ったスタッドレスタイヤは、春になってもそのまま乗り続け、夏を過ぎる頃まで徹底的に使って履き潰す・・・という事を繰り返しています。

 こうすれば、少なくても2本は、毎年新品のスタッドレスタイヤを履いている事になるわけで、気分的にも安心で、出費も4本購入する時の半分で済みます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 【後輪】          【前輪】

20101208001 20101208002

 写真は、新品の後輪と、二シーズン目を迎えた前輪を撮ってみました。

 

 新しいスタッドレスタイヤを、前と後ろ、どちら側に取り付けるかは悩むところなのですが、一応、駆動輪が後輪なので、私はいつも後ろ側に新しいスタッドレスタイヤを取り付けています。

 どうですか?
 二シーズン目を迎える前輪のスタッドレスタイヤも、まだまだ使える状態でしょ (^^)v

 この前輪は、この冬でお役御免になる予定で、この後、溝が無くなるまで徹底的にコキ使われることになります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、雪のあるところへの仕事は極力断わっていますし、千葉県は関東でも一番暖かいところなのでめったな事では雪なんてお目にかかりませんから、あえてスタッドレスタイヤに履き替える必要性もないわけなんですが、一応、プロの運送屋ですから、たしなみとして冬用のタイヤに交換しています (^_^ゞポリポリ

 まぁ、一種の「お守り」というか、「保険」みたいなものですかね (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« 的場直樹 | トップページ | 市川海老蔵 »

仕事を語る」カテゴリの記事

身の回りの出来事」カテゴリの記事

コメント

やはり仕事用の車は安全を考えてスタッドレスタイヤは必要ですね。
自家用車は冬でも夏タイヤですか?
私は年中夏タイヤです。
もちろん、チェ-ンは準備していますが。

投稿: すが太郎 | 2010年12月 8日 (水) 12:08

 すがさん、どうもです (^_^)/

 自家用車は、一年中ノーマルタイヤのままです。
 千葉県なら、雪の心配はまずありませんから (^^)v

投稿: 夢ピ | 2010年12月 8日 (水) 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/50224566

この記事へのトラックバック一覧です: スタッドレスタイヤ:

» スタッドレス チェーン [マンゴープリン]
★Merry X’mas★●●●【NAISSANCE】ペアストラップ&ネック●●●【2010年クリスマス限定】■タイヤのAUTOWAY■販売数1,500本突破!レビュー総数20000件突破!NEXEN..... ■タイヤのAUTOWAY■販売数1,100本突破!レビュー総数20000件突破!AC Wi..... スタッドレスタイヤ の2本を新品のスタッドレスタイヤにしてもらいました (^^)v なぜ2本なのかといえば、そこには私なりのこだわりがあります。 私も、この仕事を始めた頃は、4本のスタッドレ... [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 19:35

« 的場直樹 | トップページ | 市川海老蔵 »