« サウジ戦に思う | トップページ | 梅の花 »

2011年1月22日 (土)

一億総リポーター

 一週間ほど前のことになりますが、ウェスティンホテル東京のアルバイト店員が、レストランで食事をしている某有名人の個人情報を、ツイッターで実況中継したとして、ちょっとした騒動になりました。

 

 たとえアルバイト店員の行為とはいえ、ホテルの従業員が利用客の個人情報を流出させるという、あってはならない事が現実の事になってしまいました。

 おそらく、この女子大生には、重大な犯罪を犯しているという認識は全く無かっただろうと思います。
 そんな事よりも、ブログやツイッターなどのネット上に、誰も知らない情報をいち早くアップする事により、優越感に浸ろうという、いわゆる「ネット中毒」とでも呼ぶべき悪魔の囁きに、まんまと乗せられてしまったのだと思います。

 

 インターネットの急激な普及により、利用者の道徳観が伴わないまま、イッキに広がってしまったネット社会は、今まさに、無法地帯となりつつあります。

 匿名性をいい事に、暴言や悪口を言い合う掲示板や、たまたま知り得た情報を勝手に晒してしまうサイトやブログなども数多く存在します。

 先日も、海上保安庁の職員がYouTubeに、中国漁船との衝突ビデオをアップしてしまいましたし、海外にはウィキリークスという情報公開を目的としたゲリラサイトまで存在する始末です。

 

 ひと昔前なら、不特定多数の相手に情報を発信するという事は、電波や紙面を握るホンの一握りのマスコミに限定されていたものですが、今は、誰でもブログやホームページを持つ事ができますし、それを使って何でも発信する事ができます。

 そして、デジカメやカメラ付き携帯などが爆発的に普及する事によって、誰でも、いつでも、どこでも、撮った写真などをネットに掲載する事ができるようになってしまいました。
 こうなると、プライバシーを守る事はほぼ絶望的な状況です。

 昔なら、街中で有名人に遭遇したとしても、いきなり写真を撮るような事はあり得ませんで、一応、撮影していいかどうか許可を取ってからカメラを向けたものですが、今は、撮りたいと思ったら即被写体に向けて携帯電話等を差し出し、相手の都合などお構いなしに、問答無用でパシャパシャ撮るのが当たり前になってしまいました・・・ (^^;

 そして、中には、その場から「○○が××で△△しているところです」なんてコメントを付けて、撮った写真をネットにアップする輩が後を絶ちません・・・ (__;)

 

 こういう事は、特別な人でなくても、陥りやすい落とし穴でもあります。

 現に、私自身が、ブログを始めてからは、毎日の記事を更新するためにと、珍しいネタや写真を探し求める生活を送るようになっているからです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 運転しながら、あるいは仕事をしながら、何か物珍しい事象に遭遇すると、デジカメや携帯を取り出して写真を撮るのがここ2〜3年の私のマイブームになっています (^_^ゞポリポリ

 私のHDの中には、そのようにして撮り溜めた写真が、たくさん保存されていますが、今のところはある程度の自己規制が働いていますから、何でもかんでもブログなどで紹介しているわけではありません。
 それでも、中には、こんな珍しいモノを見たよとか、こんな事を知ってるよとか、そういう仕事上の裏話的なネタをこっそりとバラしたくなるような時も無いわけではありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 しかし、この業界でメシを食べているという義理みたいなものもありますから、そうそう自分勝手な記事は書けないというジレンマもあったりします(笑い)

 

 そういえば、20年ほど前の事になりますが、宇野首相の愛人だった神楽坂の芸者が、マスコミに首相との関係をリークした事があり、それが原因で宇野首相は退陣を余儀なくされ、首相就任からわずか二ヶ月あまりで首相の座を失った事がありました。

 あの時にも、神楽坂の芸者の質が落ちたものだと、嘆いた人は少なくなかったはずです・・・ (ノ_-;)ハア…

 銀座や赤坂などを始めとする、料亭やクラブなどの女性達は、有名人たちと同席する事も少なくないわけで、そういう席で見聞きした事を外部に漏らすような事があっては絶対にならんわけですが、最近はカネに目がくらんだのか、あるいはプロ意識が最初から欠如しているのか、週刊誌等にネタを売るようなバカ者が少なくないようです (__;)

 よく、「報道の自由」とか「知る権利」とかのことばを、錦の御旗のように振りかざし、特ダネやゴシップネタを得意げに報道したがるマスコミ関係の人が居ます。
 勘違いしてもらっては困りますが、正しい情報だからといって何でもかんでもニュースや記事にしていいわけではありません。
 世の中には、知らない方がいい事や、知らせるべきではない事も少なからずあるという事を知るべきです。

 ペンは剣よりも強しということばもあります。

 刃物や銃器を使わなくても、人を傷つけたり、命を奪ったりすることがあるという事を、マスコミ関係者は肝に銘ずるべきですし、ブログやツィッターを利用する人も、絶対に忘れてはならないのです。

 

 翻って、今回の女性アルバイトですが、彼女の場合はプロ意識が欠如していたというよりも、オトナになり切れていなかったというところでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 単に、常識がなかっただけなのかもしれませんが(苦笑)

 今や、一億総リポーターの時代ですから、つい、いい気になって暴走してしまったんでしょうかね (^◇^) 。。。ケラケラ

|
|

« サウジ戦に思う | トップページ | 梅の花 »

コメント

 その女子大生もネット上で色々「暴露」されてしまったみたいですね~。

 アルバイトもおそらくクビになぅたでしょうし、「社会的制裁」をもろに受ける形になってしまいましたね~。

投稿: ナンカイ | 2011年1月22日 (土) 08:33

 ナンカイさん、どうもです (^_^)/

 ホテルをクビになるだけで済めばいいのですが、実名を出された有名人側からとか、あるいは信用を著しく損なう事になったホテル側からとか、損害賠償を求められる可能性も無くはないそうです・・・

 まぁ、ホントにそんな事になるかどうかは別にしても、軽い気持ちで行なったことが、どれだけ周りに迷惑をかけることになったのか、この女子大生だけでなく、ネットを利用する人皆が考えるきっかけになればいいと思います。

投稿: 夢ピ | 2011年1月22日 (土) 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/50612957

この記事へのトラックバック一覧です: 一億総リポーター:

« サウジ戦に思う | トップページ | 梅の花 »