« 四日市市の眺め | トップページ | 切替器 »

2011年2月 2日 (水)

氷川きよし

 なんで突然、「氷川きよし」の名前が出てくるのかといえば、今日2月2日は、氷川きよしのデビュー記念日だという事で (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 氷川きよしが「箱根八里の半次郎」で歌手デビューしたのが、2000年の2月2日という事で、今日はデビュー11周年目になります。

 氷川きよしは童顔なので、いつまでも若いつもりでいましたが、もう、そんなに経つんですね・・・ (^◇^;)

 ちなみに、77年生まれという事で、今年の9月で34才になるそうです(笑い)

 

 

 

 彼がデビューしたときのことはよく覚えています。

 ラジオの文化放送で、吉田照美のやる気MANMAN!を聴いていたときのこと、その週のスポット曲として「箱根八里の半次郎」が取り上げられ、一週間、何度も耳にすることがあったからです。

 

 しかし、当時の印象はというと、ウケを狙ったキワモノ作品にしか思えず、テレビと違って映像はありませんから、若手の演歌歌手といわれても、すぐに消えてしまうその他大勢の中の一人という思いしかありませんでした (^^ゞ

 第一、デビュー曲が当時としても珍しい「股旅物」でしょ、しかも、サビのフレーズが「やだねったらやだね」ですからね、こんな作品がヒットするわけはないと思えましたし、当時のアイドルといえば、「Kinki Kids 」だとか「モーニング娘。」などの名前が挙がっていた頃で、歌謡界はJ-POP全盛であり、演歌はまるで売れてなかった頃です。

 当時のヒット曲を見ても、演歌系の作品は「大泉逸郎」の「孫」くらいしか見当たりません(苦笑)

 

 それが、意外なことに、幅広い年齢層の女性達に受け入れられ、「演歌界の貴公子」なんて言われるようになるわけですから、世の中わかりませんねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 歌っている作品だって、今風のというよりは、往年の歌謡曲を思い出させる、昭和の雰囲気が漂うような作品が多く、とても現代に生きる女性達の共感を得るようなものではないと思います(苦笑)

 という事は、やはりあのルックスと、素直で礼儀正しい姿が女性達にウケているんでしょうね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 彼は、最近の歌手にしては珍しく、下積みというか、歌の勉強をしっかりとしてからデビューしたこともあって、茶髪で現代風の外見からは想像もつかないくらい、しっかりとした歌唱力を備えた「本格的な歌手」です (*^.-^*)♪

 

 しかし、私は、氷川きよしのことを「演歌歌手」だとは思っていません。

 

 今日発売の「あの娘と野菊と渡し舟」が、19作目のシングルだそうですが、氷川きよしはこれまでに「演歌」と呼ばれるシングル作品を、ただの一曲も歌っていないからです。

 ちなみに、美空ひばりも「演歌歌手」と呼ばれることが多いようですが、彼女も演歌はほとんど歌っていないはずです。

 氷川きよしとか、美空ひばりのような歌手が歌う作品は、「歌謡曲」というのが正しいんだろうと私は思っています (^^)v

 

 「演歌」というのは、もっと、こう、男女がドロドロに絡み合う、「愛憎」をモチーフにしたものでなければならないはずであり、例えるなら、「演歌」ということばが生まれるきっかけとなった、藤圭子が歌った一連の歌、アレこそがまさしく「演歌」と呼ばれるべき作品でしょう。

 

 最近のお若い方は、「演歌」と聞くと、ダサイとかカッコ悪いとか言って聴こうとしない人が多いようですが、好き嫌いはしょうがないとしても、聴きもしないうちから「演歌は年寄りの聴く歌」みたいな偏見を持つのはいかがかなと思います。

 

 演歌や歌謡曲の中にだって、素晴らしい作品は多いですよ(笑い)

 

 ちなみに、チャゲ&飛鳥なんて、少なくても飛鳥涼の作る作品とか歌唱法なんかは、明らかに演歌がルーツになっていると思いますし、サザンの桑田佳祐だって、作品の原点は往年の歌謡曲がベースになっていると思います。

 まぁ、演歌だとかJ-POPだとか、そういうふうにジャンル分けをしてみても、あまり意味のないことだとは思いますが・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 要は、「良い音楽はジャンルに関係なく良い」という事ですよ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

|

« 四日市市の眺め | トップページ | 切替器 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

夢さん、こんばんは^^

氷川きよしの名付け親は、ビートたけしでした?
偏見かもしれませんが、商業高校と工業高校をでた人には好感を持ってる私。
きよし~~~!好きです。
子供の頃、押入れが自分の部屋だったというところなんて、
重なるものがあって、
今、頑張ってます、そう感じるところが好き。

投稿: kyoro | 2011年2月 2日 (水) 19:20

 kyoroさん、どうもです (^_^)/

 お察しの通り、氷川きよしの名付け親はビートたけしです。
 たけし軍団の名前が無茶苦茶なのに比べ、唯一マトモな芸名を付けたのが氷川きよしだったというのは、有名なハナシのようです(苦笑)

 しかし、kyoroさんがきよしクンのファンだったとは思いませんでしたよ(笑い)

投稿: 夢ピ | 2011年2月 2日 (水) 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/50754292

この記事へのトラックバック一覧です: 氷川きよし:

« 四日市市の眺め | トップページ | 切替器 »