« パーマ屋ゆんた | トップページ | 愛は勝つ »

2011年3月24日 (木)

納豆が消えた

 私は「納豆」が大好きでして、そのあたりの事については過去にも「納豆」という記事の中で語ったことがあります。

 ですから、毎朝の食卓には必ず納豆が出されます。
 ほっかほかのご飯の上に乗っけたネバネバの納豆・・・
 私にとって、これ以上のご馳走はありませんねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ところで、今回の大地震の後、市場から納豆が完全に消えてしまいましてね・・・ (^_^;

 そんな事になるとは思ってもいませんでしたし、わかっていてもあからさまな買いだめなんてウチはしなかったと思うので、いずれは冷蔵庫の中から無くなってしまったと思うのですが・・・

 11日の金曜日に地震が起き、翌日の夕方、毎週土曜日に行なっている一週間分の買い出しにいつものスーパーに出かけたときには、すでに納豆は売り場から消えていました・・・ (^◇^;)

 その後、私が近所のスーパーから4Pを1包買ってきたのが先週の初めのことで、その納豆も先週で無くなり、その後はどこにも売っていないので買うことができずに今にいたります (__;)

 

 まぁ、納豆が食べられなくても、特別困っているわけでもありませんが、ほとんど毎朝食べているだけに、チョッと口寂しい思いをしているのは事実です・・・

 

 仕事で出かける度に、スーパーなどを覗いてみるのですが、成田市内はもちろん、神奈川県の川崎市、伊勢原市などでも納豆は売り場から消えていました・・・ (^_^;

 というワケで、今朝も納豆無しの朝食ですから、これで四日間納豆を食べていないことになります (^_^ゞポリポリ

 

 どうしてこんな事になってしまったのか・・・

 

 一部では、納豆のネバネバの中に含まれる「ジピコリン酸」という物質が、ストロンチウム90などの放射性物質を、体外に排出する作用をもっているということで、福島第一原発の事故によってまき散らされている放射性物質からの過剰防衛反応から、納豆が買い占められているらしいなんていう、まことしやかなウワサが流れているそうです (^^;

 まぁ、そういう信憑性が疑わしい理由はともかくとして、市場から納豆が消えてしまった理由は大きく二つあるようです。

 

 一番大きな理由は、やはり工場が地震で被災して、納豆の生産ができなくなっているということだと思います。

 「納豆」といえば「水戸」というくらい、納豆と茨城県とは切っても切れない結びつきがあります。
 現に、納豆業界のシェア№1を誇るタカノフーズですが、茨城県内3ヶ所に工場を持っています。しかも、宮城県内にも東北工場が在ります。

 また、業界2位のミツカンも、茨城県とは利根川を挟んだ香取市内に、水郷工場を持っています。

 両社共に、工場が被災して、現在復旧作業を進めている旨をHPでアナウンスしています。

 この2社だけでほぼ半分のシェアを占めているわけですから、それらの会社の工場のいくつかが稼働不能に陥れば、市場に与える影響も甚大なものになるのは容易に想像がつきます。

 

 次に、納豆は調理の必要がなく、そのままでおかずとして食べる事ができるという点が挙げられます。

 ガスも電気も必要なく、付いているタレなどをかけてかき混ぜるだけで即おかずになるというのは、災害の時などにはとても重宝する食べ物だという事で、おそらくは地震後に消費者たちが、いつもより少し多めに買っていったのだろうと思われます。

 しかも、納豆は思っているよりもずっと保存の利く食品です。冷蔵庫の中に入れてさえおけば、消費期限を1週間や2週間過ぎていても問題なく食べられます。
 私は、最長で消費期限から1ヶ月近く経った納豆を食べたことがありますが、健康被害は特にありませんでした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 冷凍すればさらに長期保存が可能ですから、納豆は意外な非常食という一面も持っています (^^)v
 もっとも、買ってきてから10日も20日も冷蔵庫に入れておく家庭はあまり無いでしょうし、消費期限が切れていれば、普通は食べたりしないで、そのまま捨ててしまうのかな・・・(笑い)

 

 納豆は、好き嫌いもハッキリしている食品で、私はとにかく大好きですが、家内はそれほど好きではなく、食事の時におかずとして食べることはまずありません(苦笑)

 しかし、価格も安く、あれば重宝する食べ物だという事は間違いのないことなので、消費者としては、見かければついまとめ買いしたくなるんでしょうなぁ・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 しかし、いったい、いつになったら普通に納豆が食べられるようになるんでしょうねぇ・・・  (ノ_-;)ハア…

|

« パーマ屋ゆんた | トップページ | 愛は勝つ »

身の回りの出来事」カテゴリの記事

コメント

果たして納豆の生産業者が作れなくなっただけでしょうか?
トイレットペーパーにお米… 色々な物を買い占めている影響も多大なのではないでしょうか?
幸いにもわが地方は、まだ納豆の品不足になっていないようですが、これから先は分かりません。
オイルショック時同様に、要らぬ風評が風評を呼んでいるような…

投稿: お茶汲み坊主 | 2011年3月24日 (木) 07:11

 お茶汲みさん、どうもです (^_^)/

 納豆が売り場に無い理由は、いろいろあると思いますし、それらがいくつも重なっている結果が、現状の品薄になっているのだと思います。

 流通がうまく回っていないこともそうですし、消費者たちの買い占めもそうだと思います。

 しかし、一番大きな原因は、やはり生産されていない工場がいくつもあるという事に尽きると思います。
 補充が利かなければ、売れたそばから在庫が無くなるのは当たり前ですから(苦笑)

 懸念されていた関東のガソリン不足も、石油会社からの補充がスムースに行なわれるようになったようで、一昨日辺りからは並ばなくても普通に買えるようになりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

投稿: 夢ピ | 2011年3月24日 (木) 08:55

皆さん こんばんわ
私の地域では 納豆、牛乳、豆乳、ヨーグルト、水、野菜ジュース、カップ麺、他 ありません。
私は普通に生きられても余命は知れていますから、福島産茨城産の野菜を食べます。
難しい単位で言われても良くわからない。ホウレンソウのお浸しを普通に何皿食べたら害がある、キャベツを一度に何個食べたら害がある、水を一日にどのくらい飲んだら害がある単位で言ってくれたら、一度にそんな量を摂取しないんだから・・・という判断ができるから皆さんがパニック行動にならないだと思うのですが・・・

投稿: パンダ | 2011年3月24日 (木) 19:21

 パンダさん、どうもです (^_^)/

 私も、譲ってくれれば有り難く食します (^^ゞ
 捨てるなんて、もったいないというか、罰当たりのようにも思うのですがねぇ・・・ (^_^;

 政府が大丈夫って言ってるんだから、私は政府を信じますよ(笑い)

投稿: 夢ピ | 2011年3月24日 (木) 20:54

投稿者の希望により、削除しました・・・

投稿: ○♪ | 2011年3月24日 (木) 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/51193558

この記事へのトラックバック一覧です: 納豆が消えた:

« パーマ屋ゆんた | トップページ | 愛は勝つ »