« 電力規制 | トップページ | 4月を迎えて »

2011年4月 5日 (火)

桜の花

 今年は、例年になく桜の開花が遅れていましたが、ようやく先月の末に東京でも桜の開花宣言が出され、アチコチで桜の花が咲き出したようです (*^.-^*)♪

 

  20110405001

20110405002 20110405003

 写真は、いずれも昨日撮ってきたもので、最初が成田空港内で見かけたもの、次の2枚は都内で見かけたもので、東京駅のそばと皇居のお堀で撮りました (^^)v

 今週末は、関東のそこここで満開になるんじゃないかと思うのですが、はたしてお花見は行なわれるのでしょうか・・・ (^_^;

 ちなみに、花見で有名な上野公園では、五分咲きであるにも関わらず、石原都知事の自粛発言もあって、夜間のライトアップは中止、宴会も控えるようにとの看板が立てられており、桜の花の下に集まった花見客も例年になく静かな花見をしているそうです・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 それはともかく、「桜」は、日本人にはとても愛され、親しまれている事はご承知の通りなのですが、別に「国花」というワケではありません。
 そもそも、日本には「国花」として定められている花は存在しませんが、皇室の紋章である菊の花が事実上の国花とされています。

 「国鳥」は、正式にキジと定められているのに、どうして日本の国花は明確な規定がないのでしょう・・・ (?。?)

 ただ、決められてはいませんが、ソメイヨシノに代表される「桜の花」は国花に準じる花として、国民の多くが認めているんじゃないでしょうか・・・ (*^.-^*)♪

 

 さて、ここからが本題なのですが、「桜」はなぜ「サクラ」と名付けられたのでしょうか?

 いろいろと説があるようですが、有力なのは二つ。

 一つは、「咲く」ということばに、複数を意味する「ら」がくっついたというもの。「僕等」なんていう時の、あの「ら」です (^^)v
 桜は、ソメイヨシノに代表されるように、ある日そこここで一斉に開花するので、そんな名前になったのかもしれません。

 

 二つめは、「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」の「さくや」が転じて「さくら」になったというもの。
 富士山本宮浅間神社では、「このはなさくやひめ」にちなんで、桜の木が御神木になっているそうです。

 

20110405004  「桜」は、旧字体では「櫻」と書かれまして、名前などでは「櫻田」などのように、今でも時々見かけると思います。

 「貝」は古来はお金や装飾品として用いられていました。つまり、当時の貝はジュエリーのような意味も持っていたわけです。
 「貝」が二つ並んでいる事から、今で言うところの「イヤリング」のようなものを身に付けた女性が「嬰」という文字の意味するところです。

 この事から、桜の花が咲いている様子が、まるで首飾りのような装飾品を身にまとった美しい女性のように見えるところから、「櫻」という文字が作られたそうです (^^)v

 ところで、「櫻」という漢字を覚える時に、最近の方は「貝貝女(かいかいおんな)」と覚えるそうですが、これだと「痒い痒い女」に聞こえて色っぽくありません (^◇^) 。。。ケラケラ

 昔の人は、「二階の女が気にかかる」と覚えたそうで、さすがに風流がわかる人が考えたことばだなと感心させられます o(*^▽^*)o~♪

|

« 電力規制 | トップページ | 4月を迎えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜の花:

« 電力規制 | トップページ | 4月を迎えて »