« 音楽の力 | トップページ | 葉たばこ »

2011年5月16日 (月)

水田

 20110516002

 これは、仕事でアチコチ走っているときに見かけた水田の光景です。

 時期的に田植えが終わった頃であり、おそらく似たような光景は各地で見られるんじゃないでしょうか・・・

 でも、何も意識してないと、当たり前の光景だと思って気がつかないかもしれませんが、水田というのはとてもたいへんな努力の上に成り立っているスゴイものだと思うわけですよ。

 日本という国土はその多くが山間部となっており、農地として利用できる面積はそれほど広いものではありません。
 しかも、傾斜地があったりと、平な耕地は決して多くはないと思います。
 写真の水田も、よく見ると全ての田んぼが同じ高さのところに作られているわけではなく、左から右方向に向かってだんだんと低くなっているのがおわかりかと思います。

 

  20110516004

 これが畑なら、こんなふうに多少傾いていようが、傾斜がきつかろうが、作物を栽培することは可能だと思いますが、水田の場合、一枚一枚の田んぼは必ず水平でなければ田んぼとしての役目は果たせません。

 つまり、一枚の田んぼの全ての場所が、同じ高さでなければ稲の栽培はできないという事です。

 なぜなら、田んぼが傾いていると、水を張った場合に水位の高低ができてしまうからで、一枚の田んぼの中に水がたくさん在るところと無いところができてしまうと、稲はうまく育たないわけです。

 

  20070516005_2

 傾斜がきつい場所に水田を作る場合、それぞれの田んぼを水平に作ろうとすると、どうしても一枚一枚の田んぼは小さくならざるを得ず、その代表が千枚田と呼ばれるこんな感じの水田になります (^^;

 

 いずれにしても、水田というのは全ての田んぼで水平になるように作られていますから、冒頭のよく見かけるような田園風景でも、こうして稲の苗が植えられている陰には、耕作者の並々ならぬ努力が隠されているわけです。

 

 今回の大震災でも、地面が割れたり傾いたりして、昨年までのように稲の植え付けができなくなった水田は少なくないそうです・・・

|

« 音楽の力 | トップページ | 葉たばこ »

季節便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水田:

« 音楽の力 | トップページ | 葉たばこ »