« 安食バイパス | トップページ | 長門裕之が逝く »

2011年5月22日 (日)

代替リモコン

20110521006  先日、寝室で使っているDVDレコーダーのリモコンが使えなくなってしまいましてね (;^_^A アセアセ・・・

 

 前日までなんの問題もなく、普通に使えていたんですが、ある日突然ボタンを押しても反応しなくなってしまいまして・・・ (__;)

 最初は、単に電池が無くなったんだろうということで、買い置きしてある新しい乾電池に入れ替えてみたんですが、状況は変わらず、レコーダーはウンともスンともいわない・・・

 具体的にいえば、何度「電源ボタン」を押しても起動しないので、本体の電源ボタンでレコーダーを起動させました。

 

 

20110521004 20110521005

 次に、録画してある番組を見るために「再生リスト」ボタンを押し、一覧を表示させます。
 これは問題なくリモコンのボタンで操作できます。

 そして、見る番組を選ぶために、「カーソルボタン」の上下を使って目的の番組を選択することはできるんですが、再生しようとリモコンの「決定ボタン」を押してもなんの変化も起こりません (^^;
 で、本体に付いている再生ボタンを押せば、問題なく再生が始まりますから、どうやらリモコンで使えなくなっているボタンがあるようです・・・ (ノ_-;)ハア…

 

  20110521002   20110521003

 

 一般的なリモコンであれば、送信口から赤外線が出て、それを本体が受信して操作が伝えられるワケですが、リモコンから赤外線が出ているかどうかなんて目で見てもわかりません。
 しかし、簡単にそれを確認することができまして、携帯に付いているカメラでリモコンの送信口を写してみれば、赤外線が送信される時にはご覧のようにランプが光るので、赤外線が出ているのがわかるというわけです (^^)v

 

 これでリモコンの各ボタンを押して確認してみると、「再生リスト」「機能ナビ」などのメニューボタン、「上」「下」「右」のカーソルボタンは動作していますが、「左」「決定」、及び「再生」などの視聴に関わるボタンは軒並み全滅状態でした (__;)

 

 たとえ、これらのボタンが使えなくなったとしても、本体に同様の機能を持つボタンが付いてさえいれば、さし当たって困るようなことは起こらないはずなんですが、どういう理由からなのか、最近の家電製品はリモコンが壊れると本体の操作ができなくなってしまい、事実上その家電品を使い続けることができなくなってしまうような作りになっています。

 エアコンのリモコンに不具合が出たり、無くしてしまったような場合に、エアコンそのものは壊れていなくても使うことができないみたいなことが当然のように起こるのが最近の家電事情です(怒り)

 

 昔は、リモコンというのはあくまでも補助的な機器に過ぎませんでしたから、本体には全ての操作ボタンが付いているのが当たり前で、リモコンが壊れたり無くなったりしても、本体を直接操作することによって使い続けることができました。

 しかし、いつの頃からか、リモコンの方が操作のメイン機になってしまい、リモコンにはあるボタンが本体の方には付いていないなんていう逆転現象が起こるようになってしまいました。

 私も、かつてテレビのリモコンが壊れた時に、メニュー画面が出せなくなって困った事があり、メーカーに電話でクレームを付けたことがあります。
 そもそも、リモコンなんて、落としたり踏みつけたりして壊れるケースが起きやすいものじゃないですか。それなのに、リモコンが壊れたら本体まで使えなくなるというのはどういう事なんだと q(`o')ブー!!

 一度リモコンに不具合が出ると、修理に出すか新しいリモコンを購入するか、いずれにしてもそれまでの数日間はマトモに本体をつかえなくなるわけで、こういう製品開発のあり方は、ユーザーにとっては大きな問題ではないかと私なんかは思うわけですよ(怒り)

 

 しかし、そんな事を言ってみたところで、録り溜めした番組が見られるワケじゃなし、見るだけなら本体で操作すれば可能ですが、メニュー画面が操作できませんから、予約録画を編集することも見終わった番組を消すこともできませんから、いずれ近い将来に内蔵されたHDが予約録画でいっぱいになり、にっちもさっちもいかなくなることは日を見るよりも明らかです (__;)

 

 やむを得ないので、DVDレコーダーを購入した家電店に出かけ、修理をして治すか、場合によっては新しいリモコンを購入してこようと思ったワケですよ (^_^ゞポリポリ

 しかし、リモコンの修理は基本的に行なわないというつれない返事 (^^;
 理由は、リモコンの修理は基本的に基盤などを交換することになるだろうけれど、技術料と部品代を合わせると相当な金額になるので、最初から新しいリモコンを補修部品として購入して頂いていますとのこと。
 これは理に適っており、もっともなハナシだと私も思います。

 

20110521001  で、その場で新しいリモコンを注文してきたのですが、5年前に購入した機器なのに、すでに純正のリモコンは入手不可能という事で、同等の代替品になりますが、それでもいいですかということで、私としては、純正であろうと代替品であろうと、レコーダーが普通に使えればいいわけですから、お願いしますと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 先日、お店から入荷の連絡をいただきまして、
 代金を訊くと、1,155円だそうで・・・ (*^.-^*)♪

 個人的には、部品扱いの商品は割高という先入観があったので、3千円くらいは覚悟していまして、場合によっては5千円くらいはするかもしれないと思っていただけに、この金額には正直驚くと共にありがたいなと o(*^▽^*)o~♪

 写真をご覧になってもおわかりのように、壊れてしまった専用のリモコンから比べると、ずいぶんと大きくてりっぱなものになりましたよ (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« 安食バイパス | トップページ | 長門裕之が逝く »

身の回りの出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/51711426

この記事へのトラックバック一覧です: 代替リモコン:

« 安食バイパス | トップページ | 長門裕之が逝く »