« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

タフマン

 一ヶ月ほど前に、「これみよがしに」という記事を書いて、キンチョールのラジオ版とテレビ版のCMを紹介した事があります。

 

 ラジオでは、映像が無い代わりに、聴いた人の想像力に直接訴える事ができます。
 チョッと気になることを言われたら、それがどんなモノなのか見てみたい衝動に駆られるのは、人としてやむを得ない事なんじゃないかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 先のキンチョールのラジオCMでは、「『これみよがしに・・・』と言っている男性のそばでただ座っているだけの乗客」というのがどんな女性なのか、テレビのCMで確認してみたいと思ったのは私だけではないはずです。

 

 最近、それと同じ作りのラジオCMがまた放送されていまして、下がそのラジオCMです。

 伊東四朗が出演している「ヤクルトタフマン」のラジオCMなんですが、「この格好じゃなくても・・・」と監督にぼやいている伊東四朗の姿がどんなモノなのか、映像が無いラジオCMだけに気になったリスナーも少なくないと思います。

 

  

 

 テレビでは、「網棚編」「善意の連鎖編」という二つのCMが流されていまして、すでにご覧になった方も多いと思います。

 一応、下にYouTubeから見つけてきた動画を貼り付けておきますが、上の「ヤクルトタフマン」という文字をクリックして頂ければ、メーカーの公式HPにリンクしていますから、そこからでも放映中のCMがご覧いただけますよ ( ^-^)/ ♪

 

 《 網棚編 》

 

 《 善意の連鎖編 》

 

 

20110630033  ところで、伊東四朗もアタマにかぶっている、黄金の「タフマンマーク」ですが、メーカーの説明によると、1980年に発売された初代タフマンで採用されたモノで、「ときには水となり、地球の内部から湧き上がる強烈なエネルギーを視覚化したもの」という事で、人々の元気な生活を支えるマークだそうです (;^_^A アセアセ・・・

 

 これとは別に、タフさの象徴であるボクサーが手にはめている、ボクシンググローブをデフォルメしたものだという説もあります。

 

 

 しかし、アレはどうヒイキ目に見ても、「男性の○○にしか見えない」という声があるのも事実で、私もそう思っている一人です (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 

 まぁ、コトの真相はどうでもいいんですが、アサヒビール本社ビルの屋上に設けられている「炎のオブジェ」といい、この「タフマンマーク」といい、デザインした人も採用した人も、そうとうの変人というか、恥知らずではないかと・・・ (^_^;

 全く、オトナとしての良識を疑いたくなりますねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

 

20110630034_3 20110630032_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

八丁堀の猫

 ここのところ、土曜、日曜、月曜と、三日連続で都内中央区にある八丁堀に仕事で行って来ました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪  

 ここは、取引先の会社があるので、普段からもよく行くところですが、さすがに三日連続というのは初めてです (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 そんな八丁堀界隈には、ここいら一帯を縄張りにしているらしい野良猫が何匹か棲みついていまして、時々姿を見かけるんですが、日曜日の午前中に伺った時に、いつもと違って人通りが少ないからなのか、バッチリと目撃したので写真に撮ってみました(苦笑)

 道路のこちら側に停めた車の中から、反対側の建物のそばでたたずむ猫を撮ったのですが、子猫らしく、好奇心旺盛で、しぐさがおもしろいので、しばらく楽しませて頂きました o(*^▽^*)o~♪

 

   20110629007

   20110629001_2

   20110629002_2

   20110629003

   20110629004

   20110629005

   20110629006

 

 向こう側で遊んでいた子猫が、カメラを構えている私に気づき、不審そうに近づいて来たところを撮ったものですが、思い直したように反転して逃げ帰り、反対側からチラチラと私の方を気にしながら盗み見している様子です・・・ (^_^;

 一連の動きに、勝手にセリフを付けてみました。
 なんとなく、それっぽく見えませんかね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 他にも、こんな写真も撮ってきました・・・

 アングルの都合から、いつもとは逆に右側の写真から左側へと動きがつながるように並べてみました。

 いずれも、写真の上でクリックして頂ければ、拡大した写真がご覧になれますよ ( ^-^)/ ♪

 

                     

20110629014 20110629013 20110629012 20110629011

20110629018 20110629017 20110629016 20110629015

20110629022 20110629021 20110629020 20110629019

20110629026 20110629025 20110629024 20110629023

20110629030 20110629029 20110629028 20110629027

20110629034 20110629033 20110629032 20110629031

20110629037_2 20110629036_2 20110629035_2

20110629040 20110629039 20110629038

20110629043 20110629042 20110629041

 

 まぁ、こういう類の写真は好き嫌いがハッキリしていますから、猫好きでなければちっともおもしろいとは思わないと思いますので、興味がある方だけご覧いただければ幸いです・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 私の場合、猫は大好きですが、犬はそれほど好きではないので、犬の写真を同じように並べられていたとしても、1枚や2枚くらいならともかく、こんなにたくさんだと、おそらく最初から恐れをなして見ないでしょうから (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

スイカ

 一昨日の日曜日の事ですが、お隣の富里市で、毎年恒例の「富里スイカロードレース大会」が催されました。

 

 当日のお天気は、時々小雨が降る曇り空でしたが、全国から約1万2000人のランナーが集まり、3km、5km、10kmの各コースをそれぞれに駆け抜けたそうです (*^.-^*)♪

 

 富里市は、スイカの名産地でして、スイカとマラソンをコラボさせたユニークな大会が「富里スイカロードレース大会」で、参加者たちにスイカを大盤振る舞いして行なわれます。

 コースの途中には、「給水所」ならぬ、「給スイカ所」が設けられていて、ランナーたちは走りながら、あるいは立ち止まったまま、用意されたスイカにかぶりつくのが風物詩にもなっています(笑い)

 

 下は、通りがかりに撮った写真です。

 

  20110628001

 朝、8時過ぎに撮ったもので、会場周辺にはこんな感じの臨時駐車場がいくつも設けられます。

 

20110628002 20110628003

 お昼の12時過ぎに撮ったもので、東関道の富里ICに向かう道路は、大会帰りのランナーや、彼等を応援する家族や友人たちが乗った車の列で、大渋滞を引き起こしていました。

 富里IC周辺は、普段でもかなり混み合うん渋滞のメッカなんですが、大会会場となった市役所周辺は特に混み合うような場所ではありません。
 しかし、毎年のことですが、この大会がある日だけは全く事情が違い、普段見かけない大量の車が道路に溢れます (^◇^;)

 

  20110628006

20110628004 20110628005

20110628007 20110628008

 会場から駐車場などへ向かう参加者たちです。

 参加賞ともいえる「大会Tシャツ」を着ている人も何人も見かけました。
 中には、賞品なのか、それとも土産として買ったものなのか、スイカの箱を持った人もいましたよ(苦笑)

 

 この日、私も今年初めてとなるスイカを食べました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 スイカは、決して嫌いではないんですが、種を取るのが面倒なので、めったな事では手にとって食べたりはしません (^◇^) 。。。ケラケラ

 種なしスイカなら喜んで食べるんですが、市場では種がないスイカは人気がないそうで、私は種なしスイカが目の前に出されたのを一度も見たことがありません (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

二人の視線

20110528001_2

 

 「愛するとは ただ互いに見つめあうことではない

     二人が 同じ方向を見ることだ」

 

 これは、フランスの小説家、サン・テグジュペリが言ったとされることばです。

 まぁ、言っている事はなんとなくわかるかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 男女が二人寄り添って、お互いの顔を見つめ合い、
「愛してるよ・・・」ナンてささやき合う姿は、映画なんかではお馴染みのシーンだと思います(苦笑)

 

 実際に、そういう事を行なうかどうかは別にして、恋愛とは、お互いのことをよく見つめ合うことだと思っている方も少なくないと思います。

 そういう方達の中には、最近は、自分の事を見てくれなくなったから、愛情が薄れてきたんじゃないかと相手の愛情を疑ってしまうなんてハナシさえ耳にすることがあります (^^;

 

 しかし、本当に大事な事は、お互いを見つめ合うことではなく、二人が同じ方向を見ているかどうかです。

 

 ここでいうところの「同じ方向」とは、二人の視線の先という文字通りの意味ももちろんありますが、どちらかといえば、二人の描いている将来的なビジョンという意味合いの方が大きいと思います。

 言い換えれば、価値観が同じかどうかということです。

 

 もし、二人の考えている「幸せ」の形が、同じものでなかったとしたら・・・ (^_^;

 

 幸せな結末にはならないだろうということは容易に想像がつきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

インスピレーション

 これは、ジプシー・キングスというバンドが演奏している「インスピレーション」という作品です。

 

 フジテレビの人気時代劇「鬼平犯科帳」のエンディングテーマにも使われており、個人的には大好きな作品の一つです。

 時代劇は、普遍的なファンがいる一方で、特にお若い方などには全く人気のないジャンルでもありまして、我が家でも私自身は大好きなんですが、家内なんかは全く時代劇には興味が無いようです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

  20110626031

 

 しかし、時代劇フラメンコという、一見なんの関係も無さそうに見える二つのものが、これほど見事にコラボしている例も少ないんじゃないでしょうか (*^.-^*)♪

 本編の余韻が残る中、この「インスピレーション」に乗ってエンドロールが流れていく「鬼平犯科帳」のエンディングは、なかなかいい感じですよ o(*^▽^*)o~♪

 

 時代劇といえば、純日本的な文化であり、フラメンコはスペインを代表する音楽です。
 その二つが違和感なくマッチするというのですから、世の中わからないものだなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 上の動画も、千葉県は香取市で行なわれている「佐原の大祭」をバックに、インスピレーションのメロディを乗せてみました (^^)v

 どんなもんでしょ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

パートナーの携帯

 よくいわれることですが、恋人や配偶者の携帯の履歴やメールの記録などから、浮気が発覚してトラブルになる事が少なくないようで、実際にパートナーの浮気に気付いたきっかけは、携帯の履歴からというのが断然多いそうです。

 

 ですから、携帯電話を肌身離さず身に付けているとか、ロックをかけて他人が操作できないようにしている人も多いと聞きます。

 また、履歴はその都度削除して、痕跡を残さないようにしている人も少なくないと聞きます。

 しかし、携帯にロックをかけるというのもわざとらしいというか、そんな事をしたらよけいに怪しまれると思うし、発着やメールの履歴がキレイに消えていたら、それはそれで不自然だと思います(笑い)

 

 ただ、パートナーの携帯を盗み見るということが、世の中では当たり前に行なわれているのかと疑問にもなります。

 まぁ、他人の秘密を知りたいという野次馬根性が私に無いかと問われれば、そんな事はないと言うしかないワケですが、少なくても我が家においては、私も家内も、お互いの携帯を盗み見るようなことはありません。

 もっとも、私がそう思っているだけで、家内の方はホントのところどうなのかわかりません (^^; が、私は家内を信じていますし、携帯電話が触られた様子もありませんから、そんな事はしていないだろうと勝手に思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 それに、私はかなり鈍感なオトコなので、もし家内がそういう事をしていたとしても、まったく気付かないだろうと思いますよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 仮に、盗み見られたとしても、別にやましいコトはありませんから、隠す必要もありませんしね (^^)v

 そういうワケで、私は携帯にロックもかけていませんし、いちいちメールや電話の履歴を削除するようなこともした事がありません。

 

 それは、家内も同じでして、おおらかな性格なのか、それとも私のことを信じ切っているのか、やはり携帯にロックをかけたり履歴を削除したりはしていない様子です(苦笑)

 

 だいたい、パートナーの携帯を盗み見たとして、それで何か良いことがあった例しがあるのでしょうか・・・
 例外なく、不幸になるのが相場だと思いますがねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それでも、なお、パートナーの携帯を盗み見たい気持ちを抑えられないのなら、不幸覚悟で見てみるのもいいかもしれませんが、私はあまりお奨めしませんねぇ(爆笑)

 もちろん、夫婦であれ親子であれ、他人の携帯を盗み見するのはれっきとした犯罪ではありますが、法律がどうこう言う以前に、人間として、踏み外してはならない、「道義」のようなものも、世の中にはまだまだ存在すると私は思っているのですが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

八重の桜

  20110624001

 

 来年の大河ドラマは、松山ケンイチ主演による「平清盛」と発表されて久しい。

 先月末には、女性陣のキャストも発表され、いよいよ撮影開始も間近い・・・

 

 そんな中、一昨日の事になりますが、再来年の大河ドラマのアウトラインが発表されました。

 それによると、新島八重の生涯を描くということで、タイトルは「八重の桜」、主人公の新島八重を演じるのは、綾瀬はるかというものだった。

 

 正直、新島八重が誰なのか、ご存じの方はほとんど居ないだろうと思います。

 かくいう私自身も、新島八重どころか、新島襄のコトさえほとんど知らない有様ですから、その妻といわれてもピンと来ないのももっともなハナシで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 で、新島八重って誰なの? ・・・と思って発表を聞いていたら、戊辰戦争の折、会津鶴ヶ城に500人の女性達と立てこもり、銃を持って戦った「幕末のジャンヌ・ダルク」ですと (;^_^A アセアセ・・・

 

 ふ~ん、そんな女性が居たんだ・・・というのが、会津出身の私の偽らざる感想でした (^_^ゞポリポリ

 

 戊辰戦争の折、会津藩では朱雀隊青龍隊を始めとするいくつもの部隊が組織されました。
 有名な白虎隊も、そんないくつも作られた部隊の中の一つです。

 そんな部隊の中に娘子隊と呼ばれた女性だけの部隊もありました。娘子軍と呼ばれる事もありますが、いずれにしても、老若男女、城下の全ての武士たちが武器を手に官軍と戦ったわけです・・・

 そんな娘子隊の中心が中野竹子であり、彼女の名前なら多くの会津人が知っていると思いますが、新島八重(山本八重)となるとどうでしょう (?。?)
 少なくても、私は勉強不足のようで、今回初めて耳にしました (;^_^A アセアセ・・・

 

 中野竹子は長刀の名手ということですが、山本八重はスペンサー銃を手に戦ったといいますから、そういう点でも中野竹子よりアバンギャルドな女性で、現代の女性達にもウケが良いのかなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 『維新後、アメリカ帰りの夫・新島襄の妻となった八重は、男尊女卑の世情の中、時代をリードする"ハンサムウーマン"となっていく。
 そして会津の仲間とともに"日本初の篤志看護婦"として日清戦争、日露戦争に同行。"戦う女武士"から"日本のナイチンゲール"へ!』
・・・

 ・・・というのが、NHKの公式HPから引用した番組のうたい文句です (^_^ゞポリポリ

 

 個人的には、時代という大津波に飲みこまれ、歴史の彼方へと消えていった会津人を、ドラマ等で取り上げて頂けるのは、たいへんありがたいと思っていますが、これも、おそらくは今回の大震災で、フクシマが世界的な注目を集めていることから、大河ドラマの題材として会津の人間が候補として挙がった結果なのだろうと思います。

 

 『国敗れてもその地で育まれた会津武士道で、生涯自分の可能性に挑み続け、すべての人の幸福を願った会津女・新島八重と、仲間たちの愛と希望の物語。
 「東北・福島に根付く不屈のプライド」で日本にエールを送る!!』

 これが、NHKのHPに書かれてあった、「八重の桜」に対する番組としてのコンセプトのようです。

 

 NHKの大河ドラマは、2002年の「利家とまつ」以降、明らかに変わったと思います。

 それまでの大河ドラマといえば、役者もそうそうたる重鎮を揃え、比較的史実にも忠実に作られてきたのが、「利家とまつ」では、一応、唐沢寿明が主役ではありましたが、どちらかといえばその妻である松嶋菜菜子の方にスポットを当てつつ、史実よりも娯楽的要素をふんだんに取り入れておもしろおかしく製作されました。

 結果的にこれが功を奏し、それまであまり大河を見る事のなかった女性層を視聴者として取り込むことに成功しました。

 その後も、「功名が辻」「篤姫」「江」と、女性が主人公の大河ドラマが次々と作られ、キャストも経歴や実力よりも人気優先で選ばれるようになり、その都度話題を集め、高視聴率を取り、成功を納めてきました。

 今では「歴女」などと呼ばれることばまで生まれるほど、歴史好きの女性達が増えました。
 これも大河ドラマが社会に大きな影響を与え、その結果として引き起こされた社会現象の一つだろうと私は思っています。

 

 「新選組!」の製作発表が行なわれた時もそうでしたが、今から再来年の大河ドラマが楽しみでなりません p(^_^)q ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

暑い夏至

 昨日は「夏至」でした。

 

 そんな日の朝、私は5時に成田の自宅を出発し、都内へと車を走らせました。

 さすがにこの時期の夜明けは早く、昨日の千葉県では4時24分に日の出を迎えました。
 そんなわけで、自宅を出た時にはすでに十分明るくなっていたんですが、あいにく周囲は深い朝霧に包まれていて、空の様子はわからなかったものの、お天気の良いことだけはわかりました (^^)v

 

 下は、そんな夏至の朝の車窓を撮ったものです (^_^ゞポリポリ

 

20110623001_2

 5時04分 成田市三里塚付近

 自宅を出た直後の街の様子です。

 ご覧のように、けっこう深い霧が立ちこめていて、一応ヘッドライトを点けて走りました。
 通りを走る車もほとんどなく、静かな朝でした。

 気温は、この時間すでに20度を超えていたと思いますが、湿度は低く、カラッとしていましたので、窓から入ってくる風が心地よかったです o(*^▽^*)o~♪

 

20110623002

 5時16分 酒々井町の国道296号線

 自宅から10km弱、富里市と酒々井町との境界付近の様子です。

 相変わらず霧は立ちこめていましたが、この辺りまで来るとかなり視界も良くなってきて、空も見えるようになりました。

 

20110623003

 5時30分 東関道の佐倉IC付近

 佐倉ICから、東関道に乗って都内方面へと走り出したところです。

 もう、霧はなく、早朝というにはあまりに明るく暑いので、早々に窓を閉め、車内のエアコンを点けました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20110623004

 6時02分 市川市の国道357号線

 東関道の湾岸千葉ICで高速を下り、国道357号線を都内方面にしばらく走って、千葉県のはずれまで来たところです。

 道路に設けられている温度計は、24度を表示していました (^^;

 この日の予報では、最高気温は32度くらいということで、予報通りなら今年初めての真夏日になるだろうということでした。

 その予報通り、気温はどんどんと上がり、エアコンの冷気が気持ちいいくらいになっていました。

 

20110623005

 7時48分 都内中央区の八丁堀付近

 朝の目的地である、八丁堀付近の朝の光景です。

 大通りから1本入った一方通行の路地ですから、この時間でもそれほど人通りは多くはないのですが、路地の正面は新大橋通りで、銀座や東京駅もすぐそばですから、それなりに人出はあります。

 そろそろ街が活気を呈してくる時間でもあります。

 

 そんなこんなで、午前中の仕事を終えたのですが、午後には、関東地方のそこここでは32度前後の最高気温を記録したということで、真夏日となったところも多かったようです。

 中でも、群馬県の館林市では36・5度を記録するなど、群馬、栃木、埼玉、山梨、静岡5県の計13地点で今年初めて35度以上の「猛暑日」となったと報じられ、暑~い夏至となりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

こんなはずでは

 ラジオ大好き人間の私は、毎朝ラジオを聴いて過ごすのが常でして、昨日も8時半頃から、いつものようにニッポン放送で「あなたとハッピー」という番組の中にある「ハッピーテレホン」というミニコーナーを聴いていた時のこと・・・

 

 今週のテーマは、「結婚生活こんなはずじゃなかった」という事で、理想の結婚とのギャップを電話で教えてくださいというもの。

 

 お電話に出られたリスナーがこんなはずではなかったと語った内容ですが・・・

 結婚式を挙げた式場が、今は葬儀場になっているというもので、ブライダル業界の厳しさと悲哀が伝わってくるお話でした (;^_^A アセアセ・・・

 

 たしかに、自分たちが結婚式を挙げた式場が、いつの間にかセレモニーホールになってしまっては、アソコで式を挙げたとか言いにくいじゃないですか(苦笑)

 

 ところが、ソレを聞いた別のリスナーからは、「結婚式場が葬儀場になったくらいならいいじゃないですか」というメールが届き、そのリスナーのご両親が結婚式を挙げたホテルは、今では簡易墓地になっているそうです (^◇^;)

 

 なんとなく、時の流れを感じさせるような、切ないハナシでしたねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 これらのお便りを紹介したパーソナリティのコメントですが・・・

 「結婚式を挙げるようなところは、やたらと営業形態を変えてはいけませんね」・・・と(笑い)

 

 

 昔は、結婚式といえば、自宅で行なうのが一般的だったわけですが、住宅事情の悪化から広い部屋が用意できなくなり、やがて公民館などの公共の施設を用いるようになります。

 

 そこに名乗りを上げたのがホテル業界で、経営の悪化をサイドビジネスで補おうと考えたわけですが、コレが思いの外当たってしまい、今ではたいていのホテルで結婚式が行えますし、利用者も多いと思います。

 なにしろ、ホテルの中に教会を造り、結婚式から披露宴、果ては招待客の宿泊まで一手にまかなえるわけですから、利用者にとっては便利だということもホテルで結婚式を挙げる人が多い理由だと思います。

 

 ただ、ホテル業界は斜陽産業とまではいいませんが、年々経営が厳しくなっているのも事実でして、赤プリを始め、多くの有名なホテルが次々に閉業を余儀なくされていますから、ホテルの後、別の業種として再オープンすることも少なくないと思います。

 複合商業施設くらいならまだいいのですが、営業内容によってはリスナーさんのようなジョークみたいなコトも、あり得ないハナシではないなと思った次第です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

盆から先きぁ

 先週、セパ交流戦でソフトバンクホークスが優勝したと書きました。

 最終戦も、横浜を9-2で快勝し、有終の美を飾りました。
 しかも、最終成績は18勝4敗2分と、交流戦史上最高勝率となる8割1分8厘を残し、セ・リーグの6球団全てに勝ち越すという完全優勝のオマケまでつけて、ぶっちぎりでの優勝でした。

 

 ファンの一人としては、もちろん嬉しいわけですが、その一方で交流戦の最中、応援しているチームがなかなか勝てないことに腹を立て、もうファンを止めたいと宣言し、その代わりとして勝ち続けるホークスのファンになりたいという書き込みを某掲示板で目にしました (^^;

 まぁ、ファンとなるのにナニか明文化されたモノがあるわけじゃなし、誰がどういう理由でファンになり、ファンを止めようといっこうに構わないわけで、それに対して私がどうこう言うような筋合いのものでもないんですが、チョッと納得できない思いがしまして、今日の記事となりました。

 

 確かに、強いチームには魅力を感じるでしょうし、弱いチームは応援のしがいがないと思いたくなる気持ちもわからないでもありませんが、ファンって、そういう単純なものではないと思いませんか?

 仮にも、一度好きになったチームじゃないですか。勝負事ですから、成績だって良い時もあれば悪い時もあります。
 チームが逆境にあって苦しんでいる時こそ、一生懸命に応援するのが本当のファンだと私なんかは思うんですがねぇ・・・

 だって、弱いからとそれまで応援していたチームをあっさりと見限るようじゃ、せっかくホークスファンになってくれたとしても、チームが勝てなくなったらまた見限られるんじゃないかと心配になるじゃないですか (;^_^A アセアセ・・・
 そんな薄情なファンが何人居ようと、チームとしてはちっとも嬉しくないんじゃないかな(苦笑)

 

 例えば、独特な応援スタイルで有名な千葉ロッテのマリーンズファンですが、1998年の6月から7月にかけて喫した、プロ野球記録ともなる「悪夢の18連敗」があった時から、ファンになったという人が多いそうです。負けても負けても、逆に応援してくれるファンの数が増えていくということは、チームとしては嬉しかったんじゃないかな。

 個人的には、マリーンズファンの応援スタイルは、大好きなんですが、古くからの野球ファンの中には馴染めない人も多いようで、相変わらず鳴り物やメガホンを手にしている応援スタイルが主流なのはどうかと思いますねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 ちなみに、私がホークスのファンになったのは1974年。
 私が高校1年生の時でした。

 会津で生まれ育った私にとって、パ・リーグなんて全く馴染みのないもので、周囲はほとんどが巨人ファンという状況でしたが、クラスメートから「あぶさん」のコミック第1巻を借りたのがきっかけで、南海ホークスファンになりました (*^.-^*)♪

 ちなみに、その年の成績は3位でした。翌年は5位、76年と77年は2位でしたが、78年からホークスにとって暗黒の20年とも呼ばれた長い長いBクラス暮らしが始まります・・・ (__;)

 

 以下に、ホークスの20年連続Bクラスという、日本プロ野球ワースト記録ともなった不名誉な成績を列記します・・・

 

  【 南海ホークス 】

 1978年 6位 42勝77敗11分
 1979年 5位 46勝73敗11分
 1980年 6位 48勝77敗5分
 1981年 5位 53勝65敗12分
 1982年 6位 53勝71敗6分
 1983年 5位 52勝69敗9分
 1984年 5位 53勝65敗12分
 1985年 6位 44勝76敗10分
 1986年 6位 49勝73敗8分
 1987年 4位 57勝63敗10分
 1988年 5位 58勝71敗1分

  【 ダイエーホークス 】


 1989年 4位 59勝64敗7分
 1990年 6位 41勝85敗4分
 1991年 5位 53勝73敗4分
 1992年 4位 57勝72敗1分
 1993年 6位 45勝80敗5分
 1994年 4位 69勝60敗1分
 1995年 5位 54勝72敗4分
 1996年 6位 54勝74敗2分
 1997年 4位 63勝71敗1分

 

 この頃、パ・リーグの心ないファンの間からホークスは、

 おどま盆ぎり盆ぎり 盆から先きぁおらんと~
 盆が早よくりゃ 早よ消える~

 ・・・と、五木の子守唄をもじって揶揄されました・・・ (__;)

 文字通り、お盆から先、ホークスはペナントレースからは脱落し、居なくなってしまうという意味です。

 

 毎年毎年、お盆から先、優勝の可能性も消え、下位に低迷したまま空しく続けられる消化試合にも等しい戦いを見せられ、ホークスファンは、来年こそは、来年こそはと、根拠のない願望を込めつつ、お盆以降の長い半年間を過ごしたものです (^_^ゞポリポリ

 そんなどん底のチーム状況が20年も続いても、ホークスファンの多くは応援することを止めたりはしませんでした。もちろん、私もその一人です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そんなジッと耐え忍んだ20年間があったからこそ、1998年にリーグ優勝を果たし、イッキに日本一まで駆け上がった時には狂喜しましたねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 確かにホークスは、今でこそ毎年優勝争いに絡めるだけの戦力を有する強いチームになりましたが、これだっていつまで続くことか・・・ (^_^;

 先にも述べましたが、球団には良い時もあれば悪い時もあります。
 今が良いからといって、これからも良いとは限らないのが勝負の世界の常です。

 目先の成績だけで、チームを好きになったり嫌いになったり・・・

 そんな事をしてみても、ただ空しいだけだと私なんかは思うんですがねぇ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

LIXIL

 最近、「リクシルって知ッテル?」というCMがやたらと目につく気がする (^^;

 気にしているから、よけいに露出度が高いような気がするだけなのだろうか(笑い)

 

 それはともかく、私は「リクシル」ということばを知りませんでした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、岸部一徳と堤真一との、なんともいえないおかしなCMを目にして、つい、気になってネットで調べてみたのがリクシルというモノの存在を知るきっかけとなった最初の一歩でした (;^_^A アセアセ・・・

 

 20110620001

 それによると、トステムINAX新日軽サンウエーブ東洋エクステリアの5社が、この4月に統合してできた、総合住宅商社というべきガリバー企業だという事がわかりました。

 いわゆる、インテリアからエクステリア、サニタリーと、住宅に関する有りとあらゆる分野を一手にまかなえる新感覚の企業ということになります。

 

 

20110620003 20110620002

20110620004

 で、それ以降、街中でLIXILの看板を探すことが多くなり、そんな中、先週末の事ですが、成田市内で仕事をしていたときに、こんな光景を目にしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 同じ区画内に建てられていた「TOTO」「LIXIL」のショールームです。

 

 地図にも書かれているように、以前は「サンウエーブ」のショールームだったところが、統合により「LIXIL」のショールームとして再出発したわけで、両者間の距離は50mもありませんが、これまでなら水回りを扱う同業者ではあっても、扱う主力商品がシンクを始めとする台所用品と便器を始めとする衛生陶器ですから、ショールームが隣り合っていてもそれほど不都合はなかったというか、逆に集客力を高める事になっていたのかもしれません。

 しかし、「TOTO」「INAX」とは同じカテゴリーの商品を扱うライバル会社、そのライバル会社の「INAX」が「LIXIL」となって目の前に出現したワケですから、「TOTO」としても心中穏やかではいられないと思うのですが・・・ (^^;

 正直、今までは業界トップで、シェアも6割を誇るといわれたTOTOですが、ライバル会社のINAXがLIXILの一員となった今、そうとう脅威に思っているのでしょうね (^^;

 

 住宅用品というのは、リフォームの需要ももちろんありますが、一番確実な売上げが見込めるのはやはり新築の時だとおもいます。
 そして、新築の家というのは、設計業者が工務店や電気工事、水道工事などを行なう業者を一括して決めるのが普通だと思います。工事業者にはそれぞれ馴染みの納品業者があると思いますので、注文住宅でもない限り便器などの衛生陶器のメーカーをどこにするかは工務店任せになるわけで、LIXILのように自社だけで家を造れるような企業ができると、TOTOもこれまでのように安定した需要が見込めるとは限らなくなるわけで、販売競争はより熾烈になると思われます。

 

 

 というわけで、私も気になってしょうがなかったLIXILのCMですが、毎週1話ずつ、7人の著名な俳優がリレー形式で「リクシルって知ッテル?」と言って、次の週の俳優にバトンを渡していくという手法で放送されています。

 

 下に、第5話までの分の動画を貼り付けてみましたので、1話がそれぞれ15秒、どうぞお楽しみください (*^.-^*)♪

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

父の日

 今日は、6月の第三日曜日・・・

 ・・・という事で、「父の日」という事になってはいますが、今日あらたまって父親に何かをするという人が、全国ではたしてどのくらいいるのだろう・・・(苦笑)

 

 ちなみに、私は何もしない派の一人だったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 それでも、たまには会津で暮らしている両親に声でも聞かせてあげようかということで、珍しく電話なぞかけてみました(笑い)
 あいにく父は、家の周りで何かやっているらしく、母が電話に応対してくれたのですが、あらたまって話すこともないので、父を呼びに行こうかという母を制し、お互いの近況を伝え合うだけで電話を切りました (^_^ゞポリポリ

 すっかり足が弱ってしまった母ですが、それでも家の周りくらいならなんとか歩けるということで、健康でいてくれさえすればそれだけでありがたいなと・・・ (*^.-^*)♪

 

 

20110529041

 

 今朝も、いつものように私のお気に入りのラジオ番組である、「イルカのミュージックハーモニー」を聴いて過ごしました o(*^▽^*)o

 父の日ですから、番組も「父の日リクエスト お父さんに贈るうた」というテーマで進められ、様々な曲がかかりましたが、オープニングはなぜか中村雅俊の「ふれあい」でした (^^;
 なぜこの歌がオープニングに選ばれたのか、特にコメントもありませんでしたが、おそらくは理想の父親像が中村雅俊だったことが過去にありましたから、その辺りでの選曲だったのかなと(笑い)

 そんな「ふれあい」を含む、今朝のイルカのオープニングトークをお聞きになってみたいとお思いの方は、下のタイトルをクリックしてお聞きください ( ^-^)/ ♪

 6月19日のオープニング

 

 ところで、この番組の中には、毎週いろいろなテーマを設け、それに沿った曲を流す「ミュージック畑」というコーナーがありまして、今週は「歌うお父さん」がテーマでした。

 若い頃はともかく、いいトシをしたオヤジになってからも相変わらずギターなんかを手に歌っている方は少なくないようで、最近ではオヤジバンドなんてことばまでできました(笑い)
 そんなワケで、還暦を過ぎた今でも元気に活躍している3組のミュージシャンを取り上げていまして、今朝の選曲は以下の3曲・・・

 

 ビリーバンバン 「白いブランコ」
 ジャッキー吉川とブルーコメッツ 「ブルー・シャトウ」
 吉田拓郎 「ともだち」

 

 いずれも40年くらい前の曲ですから、さすがにお若い方には馴染みはないと思いますが、私なんかにとってはどれも懐かしさいっぱいです (^◇^) 。。。ケラケラ

 特に、ブルーコメッツの「ブルー・シャトウ」は、「森トンカツ 泉ニンニク かコンニャク まれ天ぷら・・・」という、歌詞の最後に食べ物を並べる替え歌が大流行したことがあって、子供心にも非常に親しんだ作品でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「囲まれて」の部分は、「天丼」と「天ぷら」と、2種類の食べ物が歌われまして、主流派は「天丼」だったようですが、私は「天ぷら」で覚えました(苦笑)

 

 しかし、私が子どもの頃から第一線で歌い続けている彼等は、やはり凄いなぁと・・・ (^◇^;)

 

 

 それはともかく、「父の日」の今日一日、皆様方におかれましては、どのようにお過ごしになられますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

採点

 先日聴いていたラジオで、現民主党政権に対する採点をリスナーから募集していました。

 

 その日集まったリスナーからの声は、およそ150票

 一番多かった採点は、「0点」という事で、平均すると「11点」だったそうです。

 中には、0点にも届かないという事で、マイナス点を付けたリスナーも何人もいらっしゃいました (^^;

 やはり、世間の目は今の政府に対し、相当厳しいようです。

 

 ところで、私が今の民主党政権に対して採点をするとしたなら、何点を付けるだろうという事でチョッと思案してみました。

 その結果として、私が付けた点数は「70~80点」くらいかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 おそらく、皆さん方が考えている点数から比べれば、相当高い方なんじゃないかと思います(苦笑)

 

 しかし、私は民主党の閣僚達は、菅総理も含めてけっこうよくやっていると思っているので、及第点を与えてもいいんじゃないかと思っている一人です。

 今回の大災害に対する対応についても、世間ではそうとう批判されており、私も不満ももどかしさもそれなりに持っていますが、それでも、まぁ、よくやっている方なんじゃないかと思っています。

 だいたい、大地震大津波、そこに加えて原発事故でしょ。どれひとつとっても未曾有の大災害じゃないですか。
 それが一度に三つも重なったわけで、そう考えれば、多少のもたつきもある程度はやむを得ないだろうと・・・

 

 今、政界は与党も野党も菅降ろしに懸命で、マスコミも国民も菅首相が「いつ辞めるのか」が大きな関心事になっていますが、なぜ今「菅降ろし」なのか、私にはサッパリ理解できません。

 「今」が非常時だという事は国民の誰もがわかっているはずです。それなのに、寄ってたかって国のアタマを引きずり下ろすことに一生懸命で、何も決まらない、何も進まない、そんな空しい時間が震災以降ずっと続いています・・・ (ノ_-;)ハア…

 仮に菅首相が辞めたとして、次の総理大臣が決まるまでず~っと政治空白が続くワケですよ。そんな事では国民が、そして被災者が、困ってしまうのは言うまでもないことです。

 

 ダメならダメで、どうして皆で支えようとしないのでしょう・・・

 

 ここで言うところの「皆」とは、与党はもちろん、野党の連中も含めて、国会議員が全員一丸となることが、「今」、誰もが求めているコトなのではないでしょうか。

 

 小泉氏が2006年に総理の座を退いてから、毎年毎年総理大臣が交代するという異常事態が5年も続いています (__;)
 その間、自民党から3人、民主党から2人総理大臣が出ており、おそらく近い将来6人目の総理大臣がどこかの政党から出るのでしょう・・・

 安倍氏、福田氏、麻生氏、鳩山氏、そして菅氏、いずれも最後は身内から足を引っ張られ、総理のイスから追われていきました (^^;
 彼等の後任の首相達は、党内からも国民からもある程度期待されて首相に迎えられたはずなんですが、首相のイスに座ったままで2年目を迎えるコトがどうしてもできないようです。

 

 我が国は、いったいいつからこんな情けない国になってしまったのでしょう・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 「育てたように子は育つ」ということばがあります。

 「どうしてこんな情けない子どもになっちゃったんだろうねぇ」と嘆く親が居たとしたなら、それは親のあなたがそういうふうに育てたんだよという事で、子どもが勝手に親の望まないように育ったわけではないのです。

 

 政治家だって同じ事だと私は思います。

 

 政治家なんて誰がなっても同じだとか、どこの政党でも変わらないとか、そんなふうに嘆く国民は多いと思いますが、そんなダメな政治家を育ててしまったのは、他ならぬ私たち国民であり、有権者の責任なのです。

 投票には行かない、政治には関心が無い、そんな情けない国民ばっかりだから、我が国には無能な政治家しか育たないんじゃないんですかねぇ q(`o')ブー!!

 

 もし、投票率が80%とか90%とか、いつもそんな数字だとしたら、政治家たちは必死で仕事をせざるを得ないだろうと思いますよ(笑い)
 有権者たちにいつも自分の仕事ぶりを見られているという意識が政治家一人一人にあったなら、そうそうバカな事はできないでしょ (^^)v

 昔、選挙に際して「無党派層は寝ていてくれればいい」と発言したとされる首相が居ましたが、今の政治家達の有権者に対する意識なんて、そんなモンだろうと思います。
 何をしても、何をしなくても、国民なんて○○ばっかりだから、適当にやって、在任期間の間にできるだけ美味しい汁を吸えればそれでいいなんて考えているアホ議員が、国会にも地方にもわんさか居るからこそ、毎年毎年お祭りが開催されるみたいに、首相というミコシを担ぎ出すことに一生懸命になっているんでしょうな(怒り)

 

 今の民主党政権が「△点」落第点を付けた方々には、そんな点しか付けられない政治家を選んだのは、他ならぬあなた自身なんですよと声を大にして言いたいですねぇ。

 結局、政治家を変え、国を変えていくためには、まず有権者の意識が変わらなければならないというコトに、国民が気付く事が、今一番求められていることなんだと私は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

中国四千年

 よく、「中国四千年・・・」ナンてことばを耳にすることがあります。

 

 昔、社会科・・・というか、歴史の授業で「世界四大文明」ナンてのを習いまして、その中の一つに「黄河文明」と呼ばれる中国で起こった古代文明もありました・・・

 

 確かに、中国という国は歴史もあり、古くから存在してもいますが、「国家」という点から見た場合、まだまだ幼い国でしかありません。
 なぜなら、今の「中華人民共和国」は、1949年に建国されたものであり、清国に代わって漢民族が台頭するきっかけとなった辛亥革命からでさえ100年足らずの歴史しか無い国だからです。

 その間、いくつもの国が興っては滅ぶという、興亡の繰り返しで、対外的にも、日本や欧州列国に支配されていた事もあった・・・

 

 ところで、今現在、この地球上には190を超える国が存在していますが、その中で一番古くから存在している「世界最古の国」はどこの国だかご存じですか?

 エジプトとか、インドとか、古代からその存在が認められている国家も確かに存在します
が、そういう「起源」とかで古いというのではなく、今現在の国家の姿になった「建国」という視点から比べてみた場合、世界最古の国は、我が国「日本」という事になっているそうです (^^)v

 

 神話的に言うならば、初代の天皇になった神武天皇の即位をもって我が国の建国となっており、それが紀元前660年の事とされていますから、現在、建国2671年という事になりますが、さすがにこれは現実的なハナシではない(苦笑)

 で、「ヤマト」から「倭国」を経て「日本」という国家が建国されたのが、大宝律令が制定された701年前後だと考えられており、これが日本国が起こった起源だとされています。

 

 以後綿々と日本国の歴史は続いているという事で、その間に明治維新などもありましたが、単に武士社会が終焉したというだけの事であり、別な国家が起こったわけではないということで、日本は今年で1300年を超える歴史を持つ、世界最古の国家だそうです (^^)v

 

 半年ほど前に、「金剛組」という会社のことをこのブログでもご紹介したことがあります。が、金剛組が創業したのは、さらに古い578年ということで、金剛組は日本国の歴史よりも古い会社ということになります(笑い)

 

 世界最古の木造建築物である「法隆寺」の建立にも深く関わっているという金剛組・・・

 世界最古の企業が存在し、世界最古の木造建築物が今もなお現存し、世界最古の国家たる我が国「日本」

 

 世界の歴史の中で、千年もの間独立国家として存在することは容易なことではありません。

 その間には、他国の侵略を受けたり、国家の体制が変わったりと、欧米やアジアなどの国々の例を見てもおわかりかと思います。
 先人達が、いかにこの国を守るために努力してきたのか・・・

 まぁ、四方を海に囲まれた、極東の島国だったという事も、他国の侵略を許さなかった大きな理由にはなるんでしょうが、それだけで「日本」という国が存続してきたわけではないことは明らかです。

 

 とかく、隣の芝は青く見えがちなのかもしれませんが、他所の国を羨ましがる前に、もっと日本という国を足下から見直してみてはいかがでしょうか・・・ ( ^-^)/ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

交流戦優勝

 私の愛するソフトバンクは、昨日中日を5-3で下し、セ・パ交流戦の優勝を決めてくれました ヽ(^◇^*)/

 

 先月17日に、広島戦で引き分けで始まった交流戦ですが、引き分けを一つ挟んで10連勝と素晴らしいスタートを切り、今月の3日、阪神戦で初黒星を喫した後、再び6連勝と、交流戦の首位を突っ走りました。

 3試合を残し、通算成績を17勝2敗2分けで1位を確定させたわけですが、勝率8割9分5厘はとんでもない成績です ヽ(^o^)尸

 

 昨年までの得点力のないチームとはうって変わって、チーム打率2割6分8厘は12球団1と素晴らしいチームに生まれ変わりました (^^)v

 やはり、昨年オフにしっかりと補強を行なった結果が確実に出ています。
 横浜から獲った内川が打撃成績のトップを走る大活躍で、おかげで川崎-本多-内川という1・2・3番が確実に仕事をして得点を挙げることができています。

 

 リーグ戦の方の成績も首位ですから、交流戦の優勝も通過点であってほしいとファンの一人としてはおもっています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 このまま独走で、リーグ優勝、日本一となってくれればいいんですがね (^◇^) 。。。ケラケラ

 そんなに甘くはないか(爆笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

カナリア

 今日もどうでもいいような話題で恐縮なのですが・・・ (^_^ゞポリポリ

 

Canary  「カナリア」という鳥がいまして、名前くらいは皆さんもよくご存じだと思います。

 一般的に、「カナリア」といえば「鳥」の事だと誰もが思っていると思いますが、実は「カナリア」とはもともとは「犬」のことだったというのが今日の話題の趣旨です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 なぜ、「犬」のことを表わす「カナリア」が、「鳥」を指すようになったのか・・・

 

20110615001_2

 「カナリア」は、カナリア諸島が原産地で、1600年代にスペイン人の船員達によってヨーロッパに持ち込まれ、ペットとして飼われるようになりました。

 この当時、例えばイギリスでは「canary bird」という名前で呼ばれていました。
 文字通り、「カナリア諸島の鳥」という意味です。

 それはそれでいいんですが、じゃぁ、「カナリア諸島」とはどういう意味だったのかといえば、「犬の島」という意味でした (^_^;

 

20110615002  この島には、多くの野犬が住みついていたことから、もともとはラテン語で「Insula Canaria」と呼ばれていたそうです。
 「Insula」「島」「Canaria」「犬の」という事で、英語でいえば「Canary Islands」になります。

 カナリア諸島の州の旗や紋章には、ご覧のように7つの島をはさんで2匹の犬が描かれていることからも、この島にとって「犬」が特別の存在だという事がうかがえるワケです。

 

 そのうちに、「canary bird」から「bird」が取れて、単に「canary」と呼ぶようになりました。
 ことばを省略して短く言うのは日本に限ったことではなく、欧米でも横行しているみたいですね(笑い)

 代表的なものは、「ピアノ」でしょうか。
 「ピアノ」も、作られた当初はイタリア語で「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」と呼ばれていました。これは、「弱い音と強い音の出るチェンバロ」という意味です。
 やがて、長ったらしい名前は「ピアノフォルテ」と縮めて呼ばれるようになり、それさえも略されて、単に「ピアノ」と呼ばれるようになったというのは、有名なハナシです。

 

 「Canaria」には「犬」という意味があったということは、いつの間にか忘れられてしまい、今に至るわけですが、「カナリア」とはラテン語でもともと「犬」の事だったという事を知っている人が、はたしてどのくらいいらっしゃるんでしょうね(苦笑)

 

 

 最後に、私の大好きな大滝詠一が、1981年に発表した「カナリア諸島にて」の動画をご紹介して記事を〆たいと思います ( ^-^)/ ♪

 「カナリア」をモチーフに作られた歌といえば、「唄を忘れた金糸雀は 後の山に棄てましょか・・・」という、童謡の「金糸雀(かなりや)」を、誰でも直ぐに思い浮かべると思うんですが、ここは敢えて大滝詠一で・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

気に入らない店員

 先日聴いていたラジオで言っていたんですが・・・ (^^;

 こんな心理テストをやっていました。

 

 「あなたは、街の洋服屋さんに服を買いに入って行ったんですが、応対してくれた店員が気に入らないからと、すぐに店を出てしまいました・・・」

 「さて、あなたは応対してくれた店員のどういうところが気に入らなくて、買い物を止めたのでしょう?」

 というものです。

 

 この質問をされた二人のパーソナリティは、「横柄な態度だったから」というのと、「慇懃無礼だったから」と答えていました(苦笑)

 

 ちなみに私は、「口の利き方がなっていなかったから」という理由を思いついたんですが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 こういう問いかけは、いわゆる「心理テスト」の類でありまして、質問に答えることによってその人の深層心理を探り出そうというか、簡単にいえば人のホンネを聞き出そうというのが狙いです(笑い)

 

 

 

 で、先の質問ですが、答えを言ってしまえば、「気に入らないと挙げた理由は、実はその人のウイークポイントであり、欠点だ」というものです (;^_^A アセアセ・・・

 

 確かに、私はあらたまった場合はともかくとして、普段はべらんめぇ調で話すのが常ですし、それが欠点と言われれば、確かに間違いはないなと思います (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 こんなふうに、何げなく答えた内容が、その人の心の奥底を的確に表わしているというのはよく言われていることであり、手を替え品を替え、いろんなタイプの心理テストが考えられています。

 有りがちなのは、いくつかの動物を挙げ、それを一定のルールに従って選んでいくというもので、動物はお金とか仕事とか友人とか、何かの象徴であり、選んだ順番がその人のホンネというものです(苦笑)

 

 遊びではありますが、意外と心理学の立場から考えられたものも多いので、そうバカにしたものでもないように思っています。

 

 少なくても、血液型星座で、一律にどうこう言うような類のモノよりは、はるかに信憑性は高いんじゃないかな (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

黒は凄いぞ!

 昔、「黒は強いぞ」というCMがありましたが、昨日、そんな懐かしいことばをふと思い出す出来事がありましてね、今日はそんな話題でもと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 先週、生まれて初めて網戸の張り替えをしたという記事を書きましたが、それに味をしめて、他の窓の網戸も2枚ほど張り替えてみようと思ったワケですよ。
 どうせヒマですしね (^◇^) 。。。ケラケラ

 で、先週も材料を買い込んだホームセンターに出かけまして、張り替え用の新しい網を買ってくることにしました。
 なにぶん、先週は初めての事でしたし、売り場にはいろんな網が並んでいましたが、無難に今の網戸に張ってあるのと同じような網を選んで買って来ました (^^ゞ

 しかし、一度体験すると、少しは周りも見えるようになりましてね、売り場でも商品を見比べるだけの余裕もできました(笑い)

 

20110613001_4  そんな私の目に止まったのが、こんなうたい文句が書いてあった「黒い網」でした。

 網戸といえば、一般的にはグレーの網が張ってあるのが多いと思うのですが、その黒い網にはご覧のように「ブラック効果で視界はスッキリ!と書かれてあって、それっぽい比較写真も並べられており、確かに従来品のグレーの網よりも外の景色がハッキリと見えています (^_^;

 まぁ、こういう宣伝文句は業界の常套句であり、ある程度割り引いて考えるのがオトナの良識であることが多いんですが、チョッと心惹かれたので、どんなシロモノなのか一度試してみたくなりました。

 価格も先週買ったグレーの網と同じ245円でしたから、どうせ買うのなら今回は違ったモノにしてみたいと思ったのも事実です (^_^ゞポリポリ

 

20110613002_520110613003_220110613004_2

 

 前回と同じような手順で網の張り替えを行ないました。

 先週のテラス窓用の網戸とは違って、今度の網戸はごく普通のサイズなので、場所もそれほどとらずに作業も楽でした (^^)v

 それに、先週一度体験していますから、それほど時間もかからずに慣れた手つきで・・・とまではいきませんが、そこそこ手際よく作業を終えることができました o(*^▽^*)o

 

 2mの長さの網で、2枚の網戸をしっかりと張り替えました (^^)v

 一応、作業の前にメジャーで網戸の長さを測り、2枚分取れるとわかってはいましたが、素人作業ですからそんなにうまくいくものかなと、少々の不安を抱きながら作業を行ないました。
 案の定、1枚目の網戸は余裕で張り替えることができましたが、2枚目の方は辛うじて間に合ったという、綱渡り的なモノになってしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 1枚目の張り替えの際に周りに余裕を持たせすぎたのが原因だったんですが、これも経験のうちですかね(笑い)

 

20110613008 20110613005_2

 

 張り替えの済んだ2枚の網戸と、それを窓に取り付けた写真です。

 黒い網だと、なんとなく網戸も締まって見えてイイ感じです。

 

【グレー】          【ブラック】

20110613007 20110613006

 

 そして、取り付けた網戸を通して、部屋の中から外を眺めた写真がこちらです。

 うたい文句通り、先週張り替えたグレーの網戸よりも、昨日張り替えた黒い網戸の方がスッキリと表の様子が見えます o(*^▽^*)o~♪

 チョッと見には、網戸がそこに無いかのように見えるほど、視界はクリアです。
 決して大げさではなく、そのくらい黒い網戸は表がよく見えます。

 まぁ、中から外がよく見えるという事は、表からも部屋の中がよく見えるという事なんですが、それを差し引いても、黒い網は実用的で気に入りました。 

 

 これから網戸を張り替える機会があれば、迷わずに黒い網戸にする事にします。

 ・・・という事で、「(い網戸)は凄いぞ!」っと(笑い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

JAL本社ビル

  20110612005

 東京都品川区の東品川に、「JALビルディング」という名前のビルがありました。

 言わずと知れた、日本航空の本社ビルであり、関連会社もたくさん入居していた大きなビルです。

 

 下に、付近の地図も貼り付けてみたので、ご確認ください ( ^-^)/ ♪

 

 

 

20110612003 20110612001

 これがかつての「JALビルディング」です。

 私は、仕事で天王洲アイルの前を通ることがよくありますので、このJALビルの真ん前も過去に何度となく走ってきました。
 上の写真は、昨年の9月頃に撮ったものですが、この頃はまだビルの壁面に「JAL」のロゴがこれみよがしに貼り付けてありました(笑い)

 

 このビルは、バブルが弾けた後の1996年に竣工したもので、当時から日本航空の自社ビルとして、関連会社と共にJALの本社が入居していました。

 しかし、2001年のアメリカ同時多発テロ以降、JALは深刻な経営不振に陥り、ふくれあがる膨大な負債圧縮を目的に、2004年にJALビルは野村不動産に650億円で売却されました。
 完成から僅か8年で、JALは自慢の自社ビルを手放さなくてはならないハメになってしまったワケです (ノ_-;)ハア…

 その後は、ビル全体(地上26階、地下2階)を丸々借り上げる形で、野村不動産と賃貸契約を結び、引き続き本社ビルとして使っていたという経緯があります。
 所有権を失い、賃貸としてではありますが、ビルを丸ごとJALが使っているわけですから、今まで通り「JALビルディング」という名前のまま、そこに存在し続けていました。

 

 ただ、JALの経営はさらに悪化し続け、昨年2兆円を超える負債を抱えて倒産し、企業再生支援機構の管理下に置かれることになりました。
 これにより、ビルの入居スペースも大幅に縮小、全体の1/3だけを借りる契約に変更したことを受け、ビルの名前も「JALビルディング」から「野村不動産天王洲ビル」となり、それに伴ってビルから「JAL」のロゴも撤去されました・・・ (^◇^;)

 

20110612002 20110612004_2

 これが、「野村不動産天王洲ビル」と名前を変えた、旧JALビルディングの今現在の姿です。

 身から出たサビとはいえ、名実ともに巨大な自社ビルを手放さざるを得なかった経営陣は、今、どんな思いでこのビルを見上げているのでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 しかし、経営縮小からとはいえ、ビルの1/3のスペースだけでJALの運営が滞りなく行えるのであれば、そもそもこんな巨大なビルは必要なかったという事にはなりませんかね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 いや、大きなビルを造るのは別に構わないと思うのですが、六本木ヒルズ表参道ヒルズなんかに代表される「森ビル」のように、最初からテナントやマンションなどを入居させ、複合施設としてオープンすればよかったんじゃないかと思うのは私だけでしょうか (^◇^;)

 建っている場所も、ビジネス街として有名な「天王洲アイル」の一角で、羽田空港行きの東京モノレールや、JR埼京線と相互直通運転を行っているりんかい線の「天王洲駅」が最寄り駅として目の前に存在するわけですから、アクセスだってメチャいい、一等地じゃないですか。

 

 以前から、このビルを見上げる度に、鼻持ちならない気持ちを抑えることができなかったんですが、JALのロゴが外されてからは、先が見えずに浮かれていた当時のJALの経営陣に対し、ざまぁ見ろと思っている私がいます (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

イビキ

 だいぶ前にラジオで聞いたハナシなんですが、あるところにご年配のご夫婦がいらっしゃいまして、そのご婦人には一つの悩み事があったんだそうです。

 

 それは、長年連れ添ったご主人のイビキが凄いという事で、毎晩大きなイビキに悩まされ、よく眠れない日がずっと続いていたんだそうで・・・

 時には、思いあまって、横に寝ているご主人の首を絞めて、殺してやろうかと思った事さえ何度もあったんだそうです・・・ (^_^;

 

 ところが、そんなある日、ご主人が亡くなってしまったんだそうで、残されたご婦人は他に同居している者もいないので、当然の事ですが寝室で独りで寝るようになりました・・・

 

 これでやっとぐっすりと眠る事ができると、彼女は思ったんだそうですよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、そう思ったのは最初の何日かだけで、直ぐに別の悩みというか、思ってもいなかった事態が新たに生じてきた・・・ というのが、今日の記事の趣旨です・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 彼女が言うには・・・

 

 一人で寝ていると、静かすぎて、自分は独りぼっちになってしまったんだということがよくわかるというもので、あれほどイヤだと思っていたご主人の大きなイビキが、今ではかえって懐かしいと・・・

 暗い寝室の中でも、隣からご主人の大きなイビキが聞こえていたからこそ、うるさいと思いつつも、安心して眠る事ができていた自分がいたことに気がついたそうです・・・

 

 物事は、一方からしか見ていないと、悪いことしか見えないことはよくあるハナシなんですが、別の方向から見てみると、それまでとは違ったモノが見えるという典型的な例なんですかね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

  

 そういえば、昔、平松愛理の歌った作品の中に「部屋とYシャツと私」というのがありまして、その中に次のような歌詞がありました。

 

 大地をはうような あなたのいびきも歯ぎしりも
 もう暗闇に独りじゃないと 安心できて好き

 

 このご婦人と同じ事を考えていた女性が、ここにも一人居たということなんでしょうね(笑い)

 

 下に、「部屋とYシャツと私」の動画を貼り付けてみましたので、お時間があればご覧になってみてくださいな ( ^-^)/ ♪

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年6月10日 (金)

遅ればせながら

 来月、地上アナログ放送が終了するとのことですが、我が家ではいまだにアナログ放送を見ているので、大家さんに地デジアンテナの催促をしてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 思えば、5年前に液晶テレビを買ってから、何度となく大家に地デジのアンテナを立ててくれと言い続けてきましたが、その都度、テレビが見られないワケじゃないだろうということで、聞く耳を持ってもらえませんでした (__;)

 まぁ、アンテナを新しく立て替えるとなれば、それ相応の出費を覚悟しなければならないわけですから、二の足を踏む気持ちはわからないでもないですが、店子としてはなんとかならないものかとず~っと思い続けてきました (^_^;

 

 で、いよいよ来月が放送終了となる今月初め、さすがにこれ以上は待てないよと、かなり強めに電話で訴えてみました(笑い)

 すると、この間の日曜日、アパートの管理を請け負っている不動産屋の人間が様子を見に来たのか、姿を見かけましてね、これ幸いとプッシュしてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その翌日、7日のことですが、大家から依頼されたという電気屋がアパートに来ましてね、どんな具合なのか見ていってくれました。

 

 我が家では、地デジが全く映らないわけではなく、千葉テレビとフジテレビだけは機嫌がよければタマに映ったりもするんですが、そのうちに映らなくなってしまいます。
 そういう状況を見て、私はアンテナの向きが悪いんじゃないかとずっと思ってきました。
 一応、20素子のUHFアンテナが立っているわけですから、そこそこ映ってもおかしくないと思っていましたから・・・

 そんな我が家のテレビの状況を見て、電気屋が言うことには、電波が弱いんじゃないかということで、もっと高性能のアンテナに立て替えるか、あるいはブースターをかませれば改善されると思うということで、大家と相談してみますと言って帰りました。

 いずれにしても、お金を出すのは大家ですから、どういう事になるのかチョッと心配していました (;^_^A アセアセ・・・
 なにぶん、これまでいっこうに重い腰を上げようとしなかったツワモノですからねぇ・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 【Before】          【After】

20110610001 20110610002

 昨日、仕事から帰ると電気屋が来ていましてね、大家との相談の結果アンテナを立て替えることになりましたということで、今まで立っていたVHFとUHFのアンテナを撤去し、新しく高性能のUHFアンテナを立てていってくれました (^^)v

 なんか、今までの大家の対応とは雲泥の差で、こんなにテキパキと作業指示を出してくれるとは思ってもいませんでした(苦笑)

 

20110610005

 おかげで、ようやく我が家でも地デジが見られるようになりましたよ ヽ(^◇^*)/

 わかってはいたことですが、やっぱり地デジの映像キレイですねぇ o(*^▽^*)o~♪

 

20110610004 20110610003

 ただ、居間と寝室に置いてあるテレビは液晶で地デジにも対応していますが、台所で家内が見ているテレビは昔ながらのブラウン管なので、そのままではテレビが見られません。

 だもんで、直ぐに近所のホームセンターに行って地デジチューナーを買ってきました (^_^ゞポリポリ
 今は地デジチューナーもかなり安くなっており、コレは3,980円でした。

 

 これで、とりあえずは今まで通りにテレビを見続けることができます (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

紫陽花

 このところ、千葉県内でもアジサイの花を見かけるようになりました。

 

20110609001

20110609002 20110609003

 これは、一昨日に撮ったもので、場所は、利根川沿いの栄町です。

 まだ、咲き始めではありますが、そこそこいい感じで咲いていました (*^.-^*)♪

 

20110609004 20110609005

 一方、こちらは昨日、成田市内で撮ったもので、咲く直前のアジサイです o(*^▽^*)o~♪

 昨日の時点では、千葉県内ではこんな感じのアジサイが主流でして、まだまだアジサイはこれからという印象を受けました。

 

 成田の周辺には、多古町を始め、アジサイで有名なところがいくつか在りますので、これから楽しみです p(^_^)q ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

ムダ毛

 どうでもいいことではありますが、昨日は「ムダ毛なしの日」だったんだそうです (^_^;

 

 365日、様々な人達がそれぞれに思いを込めて、いろんな記念日を設けていますが、この「ムダ毛なしの日」というのは、(ムダ毛)と(なし)で「ムダ毛なし」と読む語呂合わせから、女性用の除毛・脱毛剤で有名な「ヴィード」ブランドを展開するレキットベンキーザー・ジャパンが制定したそうです。

 なんでも、夏に向けて素肌を出し始める女性たちに、思わずさわりたくなるようなすべすべ肌を手に入れて欲しいとの願いを込めて、ムダ毛処理にも心を配ってほしいとの意味合いもあるそうです。

 

 それはともかく、世の中にはムダなモノなんて一つとして存在しないというのが私の持論ですので、体の毛だって必ず何らかの意味があって存在しているのだと思うのですが・・・(苦笑)

 そういう意味からすると、「ムダ毛」ナンてものが存在するのかという事になってしまいますが、ムカシはともかく、時代と共に要らなくなってしまうモノも存在しますので、体毛なんかもそういうものの一つと考えれば、「ムダ毛」はともかく、「必要のない毛」は存在してもおかしくないのかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 普通に考えれば、動物の体毛は保温とか皮膚の保護のために存在するというのが一般的な説だと思うので、そうであるならば、人間の体毛だって同じような目的で生えているのだと考えられます。

 頭髪なんて、頭部を保護する目的で生えている以外に、存在理由なんて考えられないと思いますし、眉毛睫毛も、目を保護する目的で生えているのは間違いないと思われます。

 また、全身にもかつてはそれなりに毛が生えていたと考えられますが、生活様式が変わり、衣服を身にまとうようになって保温も保護も衣服で事足りるようになると、体毛はかえって邪魔になり、どんどん退化していったと考えられます。

 胸毛なんてものも、そういう退化した体毛と考えるのが妥当だと考えられます。中にはハッキリと生えているのがわかる人もいらっしゃいますが、私がそうであるように、普通は胸毛なんて無い人の方が多数派だと思います。

 

 しかし、中には存在理由がわからない体毛も存在します。
 例えば、脇毛やアソコに生えている陰毛は、なんのためにそこに生えているのか、いろいろと言われてはいるようですが、決定的な理由はわからないそうです (^◇^) 。。。ケラケラ

 なんの役にも立っていないと思われる脇毛や陰毛こそ、「ムダ毛」と呼ばれるべき体毛の代表なのかもしれません。

 実際、脇毛はほとんどの女性が剃るなどの処理をしているのが普通ですから、無くてもどうという事はないのは周知の事実です。
 同じ理由から、陰毛も無くてもいいはずなんですが、こちらの毛を処理する方はおそらく少数派だろうと思われます(爆笑)

 

 ヒゲも、私のように伸ばしている人がいる一方で、毎日キレイに剃っている人もいます。むしろ、剃っている人の方が圧倒的に多いのが、日本や欧米での主流派だと思います。

 であるならば、ヒゲも「ムダ毛」の一つだと考えるのが妥当なんじゃないでしょうか。

 

 まぁ、ムダな毛かどうかは人によって、あるいは男女の性差によって、違いが出てくると思いますがね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

我が家の苺

 先月のGW、会津に帰省した際に買ってきたイチゴの苗ですが、なんとか一個だけ実がついたので、昨日収穫して食べました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 下に、購入してから昨日までの1ヶ月間、イチゴの成長の様子を写真に収めてみたので、ご覧ください (*^-^*)ノ

 

 

20110607001 20110607002

 【5月6日撮影】       【5月19日撮影】

 左が買ってきた苗をベランダのプランターに植えた時の写真です。
 根がせっかちなもので、花が咲いていて、すぐにでも収穫できそうな苗を選んで買ってきました(笑い)

 右は、半月近く経った時のもので、実がついているのを見つけた時に撮ったものです。
 この時には、二つの実がついていましたが、なかなか思ったように育ってはくれませんで、今回収穫した実は左側についているものです (^^)v

 

20110607003 20110607004

 【6月4日撮影】       【6月6日撮影】

 左が、先週末に色づいてきたイチゴの実を撮った写真です。
 そろそろ収穫も近いかなとワクワクしながらシャッターを切りました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 右は、昨日の朝に撮った写真で、真っ赤になっており、いよいよ食べ頃かなと(爆笑)

 

 

20110607005 20110607006

 で、昨夜、熟したイチゴの実を収穫しまして、家内と半分ずつ分け合って食べました (;^_^A アセアセ・・・

 収穫とはいってもたったの一個ですからねぇ、それはもう、十分に味わって食べましたよ(苦笑)

 ただ、美味しそうに見えたのは外見だけでして、実際にはそれほど甘くもなく、大味というか、ハッキリいって味はイマイチでしたねぇ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 やっぱり、プロが栽培したイチゴは、素人が趣味で育てたイチゴなんかとは根本的にモノが違うんでしょうねぇ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 それももっともなハナシで、カネを産み出す商品としてのイチゴと、おもしろ半分に育てたイチゴとが、同じ味のワケがありませんもの。

 

20110512002  それでも、ここ1ヵ月間、楽しませて頂きましたので、それはそれで善しとしましょう。

 一緒に買ってきた大葉の方は、しっかり育って毎日のように食卓に上っていますから、さすがにイチゴは素人園芸には敷居が高かったのかなと (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

網戸の張り替え

 昨日、生まれて初めて網戸の張り替えをしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「網戸の張り替え」は、前から一度は挑戦してみたかったんですが、なんとなく面倒くさいのと、生来の不器用者なので、クラフト系の作業にはトンと無縁でして・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 なにぶん、壊すことは得意なんですが、修繕するとか修理するとかいうのは苦手なんですよね (^◇^) 。。。ケラケラ

 で、網戸の張り替えも、やってみたはいいけれど、はたしてうまくいくのか心配で、どうしても最初の一歩が踏み出せないまま、今日まで生きてきたというワケです。

 

 しかし、今のアパートに越してから、10年近くにもなりますし、その間、網戸は一度も張り替えたことがありません。
 そんなワケで、網戸もすっかりくたびれてきているのは、もう何年も前からわかってはいました (^_^ゞポリポリ
 ところどころ穴が空いているのはいうまでもなく、ベランダに出入りするテラス窓に取り付けてある網戸は、家内が毎日洗濯物を干す度に開け閉めすることもあって、他の網戸よりも痛みが激しく、大きく裂けている部分もあって、そこに透明なクラフトテープを両側から貼り付けたりして、騙し騙し使っていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんなワケで、ダメもとでもいいから、一度網戸の張り替えをやってみようかなと思った次第です。
 夏も近いことですし、テラス窓の網戸がキレイになれば、家内も喜んでくれるだろうと単純にそう思ったもので (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

20110606013

 

 ホームセンターに行くと、こんな感じの小冊子が入口にたくさん並んでいまして、いろんなDIYのノウハウがわかりやすく書かれています。
 非常に重宝するので、これまでにも何かをしようと思うたびに頂いてきては、それを見ながらいろいろと試してきました。

 そんなこんなで、20年くらいの間に集めたノウハウ集が、これらのパンフレットです (^^ゞ

 

20110606005_3  20110606006_3

 

 今回、近所のホームセンターで頂いてきたのが、この「網戸の張り替え」です (^^)v

 これを見ながら、必要なものを買い揃え、昨日、網戸の張り替えに挑戦してみました・・・

 

20110606009   20110606008

 

20110606007_2  必要なものといっても、今回購入したのは、新しい網と、アミ押さえのゴムを押し込むための専用ローラーだけで、押さえゴムは網戸に今付いているものをそのまま使うことにしました。

 最初は、マイナスドライバーでゴムを押し込むつもりだったのですが、これを使うと楽ちんだという事で、素人ですから未熟なテクを道具で少しでも補えるならという事で購入することにしました。
 網戸の張り替え以外には全く使い道のない道具ではありますが、148円ですからこれっきりで捨てても惜しくないかなという事で・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 網戸張替網  245円
 専用ローラー 148円
---------------------------
        393円

 

 今、網戸の張り替えを業者にお願いすると、どのくらいの手間賃がかかるのでしょうか?

 これでうまくいけば、かなり費用が浮いたことになりますよ(笑い)

 

20110606014

 

     20110606001

 案内書の手順通りに、まず網戸を床に寝かせ、古い網を網戸の枠から取り外します。

 この、「網戸を寝かせる」というのが最初のネックでした (^_^;
 なにしろ、普通の窓のサイズならともかく、テラス窓となるとそれなりのスペースを必要としますから、狭い我が家においては、ちゃぶ台を隅に片付けたり、床に置いてある様々なモノをどかしたりと、畳一枚ほどのスペースを作るだけなのにそれなりに苦労しました (^◇^) 。。。ケラケラ

 そして、古い網を取り外した網戸の枠を濡れ雑巾で掃除し、新しい網を枠の上に置いて洗濯ばさみで押さえたところが、上の写真です。

 

     20110606002

 

 取り外した押さえゴムで、新しい網を固定していきます。

 手順によると、押さえゴムの端をコーナーの溝にL字型に入れて網を止めます。

 

     20110606003

 

 押さえゴムを溝に沿って押し込みながら、一回りしたところです (^^)v

 専用のローラーでゴムを溝に押し込んでいくのですが、「案ずるより産むが易し」ということばもあるように、不器用な私でしたが思っていたよりも簡単・・・といっては言い過ぎかもしれませんが、それなりにサマになったのは嬉しかったですね ヽ(^◇^*)/

 

     20110606004

 

 テラス窓という事で、網が上下二段になっていたので、枠をひっくり返してもう一方にも同じようにして新しい網を取り付け終わったところです。

 この後、たるみの確認をし、甘いところがあれば余った網を外側にさらに引っ張って固定し直し、全体の調整をしました。

 

 生まれて初めて挑戦した網戸の張り替えでしたし、不器用者の素人作業ですから、見てくれは多少悪いですが、ところどころ裂けて汚れきっていた今までの網戸から比べれば、雲泥の差というか、ずいぶんマトモな網戸に見えます (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20110606012  完成した網戸を、再びテラス窓に取り付けた写真です。

 

 取り付ける前に、戸車にKURE5-56を吹きつけ、今までガタついて動きが悪かった網戸もスムースに開け閉めできるようになり、これで家内が洗濯物を干しにベランダに出入りするような時にも苦労させずに済みそうです (^^)v

 

 最初は不安もあって、どうなることか自分自身が一番心配だったんですが、やってみればなんとかなるものだと改めて思った次第です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 一度体験して「網戸の張り替え」がどんなモノかわかったので、他の窓の網戸も、今度ヒマを見つけて張り替えてみようかと思っています (^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

静岡の茶畑

 一昨日の金曜日、静岡県の菊川市まで仕事で行きました。

 

20110605014  木曜の夜に成田を出発し、東名高速の日本坂PAで仮眠をとりつつ夜が明けるのを待ちまして、5時ちょうどくらいに車をスタートさせて菊川を目指しました。

 最初は菊川ICまで高速を使うつもりでしたが、目的地まで残り30kmくらいでしたし、指定時間は7時となっていましたから、次の焼津ICで高速を下り、国道1号線で菊川に向かうことにしました。

 経費節約は、もちろん私のためでもありますが、荷主にとっても運賃が少しでも安く上がれば、喜んでもらえるのはいうまでもないことだからです (^^)v

 

 国道1号線から国道473号線に乗り換え、東海道本線のJR金谷駅前を通り、島田市の高台に向かって坂を登っていくと、道路の左手下に茶畑が広がっているのが見えてきまして、思わず道端に車を停めて写真を撮っていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

20110605011 20110605013

20110605001 20110605002

20110605012

 島田の市街地を眼下に眺めながら、緑色に広がっている茶畑は、一般の田園風景とも違って、さすがにお茶処で知られる静岡県だなぁと・・・(笑い)

 

 

20110605005 20110605006

20110605003 20110605004

 さらに車を進め、菊川市内に入ると、先ほどの島田の光景とはまた違った茶畑の光景が目に飛び込んできました。

 どこもかしこも、茶畑が作られていて、鮮やかな茶葉の緑色や、収穫を終えて刈り取られた枝が見せる茶色が、果てしなく広がっていました。

 なんとなくではありますが、菊川の茶畑は大規模という印象を受けました。
 それに対して、島田市の方は零細とまではいいませんが、畑の規模でいうと若干小さめの茶畑が多いように感じました。

 

 【収穫前】          【収穫後】

20110605007 20110605008

 茶葉の収穫前と収穫後の、茶畑の様子です。

 2番茶を収穫した後、茶の木は、ご覧のように深く刈り込むんだそうで、刈り込みが済んだ後の茶畑は、遠目には茶色く見えます。

 

 

20110605009 20110605015

 これは、いずれも島田市内の国道473号線沿いで見かけた、「お茶の郷」というお茶の博物館と、「茶業研究センター」という建物です。

 いかにも、お茶が特産だと思わせてくれる施設です (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

金谷扇町の鯉のぼり

 昨日、静岡県の菊川市まで仕事で行って来ました。

 

 その帰り道、カーナビの案内通りに車を走らせていたんですが、うっかりと交差点を曲がり損ねて直進し、狭い路地に迷い込んでしまったんですが、そこで思わぬものを目にしたので、もう一度同じ場所へと回り込んで写真に収めてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20110604001 20110604006

20110604002

 

 

 ご覧のように、川の上に色とりどりのたくさんの鯉のぼりが游いでいました o(*^▽^*)o~♪

 

 たくさんの鯉のぼりが游いでいるのを見かけるのはそれほど珍しい事ではありませんが、今は6月ですからね、なんだろうと思ったワケですよ。

 場所は、静岡県の島田市内で、清水川に架かる「清水橋」の上から撮ったものです。

 

 写真を撮ったついでに、ご近所の方を見かけたのでチョッとお話を伺ってきました (;^_^A アセアセ・・・

 それによると、この辺りでは川で灯ろう流しをする風習があったそうですが、諸般の事情で無くなってしまったそうです。
 それで、灯ろう流しの代わりにと、扇町の有志が集まって行なわれるようになったのが、この清水川に游ぐたくさんの鯉のぼりだったそうで、まだ数年の実績しかありませんが、すでに地区の名物になっているらしく、地元のテレビ局なんかも取材に訪れたそうです。

 写真では、川の左手側が金谷扇町になります。

 こういうものの常ではありますが、だんだん規模が大きくなっているそうで、最初は小さな鯉のぼりだけだったのが、年を重ねるにつれて、写真にもあるような大きな鯉のぼりも飾られるようになったそうで、昨日見た鯉のぼりは、ご覧のようになかなか見事なものでしたよ o(*^▽^*)o

 

 ところで、なんで今の時期に鯉のぼりなのかと訊いてみたところ、この辺りでは、月遅れで鯉のぼりを飾るんだそうで、この鯉のぼりも先月から飾られ、今月いっぱいくらいまで見られるそうです。
 なぜ月遅れで鯉のぼりを飾るのか、その辺りの詳しい事情までは聞けませんでしたが、お盆なんかも月遅れで行なうところが多いわけですから、そういう地域もあるのかなと (^_^;

 

20110604003 20110604004 20110604005

 

 川の両岸には、「東日本大震災 がんばろう日本」の文字も見られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

愚か者

 自民・公明の両党は、1日、たちあがれ日本と共に内閣不信任決議案を衆議院に提出したと報じられた。

 

 不信任案の提出理由は、「菅内閣は国難のときに明確な指針を示せないまま迷走を続け、わが国の復興と再生に大きな障害となっている」という事だけれども、私にはどうしてもこれが理解できない。

 確かに、民主党が政権を取ってから、もどかしい思いも何度もしてきました。
 しかし、それも含めて、足りないところは皆が協力して政治を行なっていくコトこそが、「今」政治家たちに求められていることではないのか・・・

 ここでいうところの「皆」とは、民主党内はもちろん、野党の政治家達も含め、与野党の垣根を乗り越え、政党も派閥も関係ない「一丸となった対応」が必要だと、国民の誰もが望んでいるはずです。

 にもかかわらず、どうして「内閣不信任決議案」ナンていう発想が生まれるのか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 谷垣とか大島とか、声高に菅内閣を批判していますが、ソレ自体が天にツバする行為だとわからないはずもないと思うのだが q(`o')ブー!!

 不信任案を提出する野党の輩、あるいはそれに同調する民主党内の造反議員達・・・
 彼等のアタマの中には「国民」という文字は存在せず、「保身」の二文字しかないのは明白です。

 「菅総理に任せておいたら、震災の復興はいつになるかわからない」と思ったのなら、今するべきコトは、与党の足を引っ張ることや菅降ろしをすることではなく、アンタ方が菅総理に全面的に協力することだと私は思うぞ。

 

 だいたい、震災が起きたことをいいことに、それに便乗して政権を取り戻そうとか、そういう姑息なことしか考えられないから自民党の連中はダメなんだよ。

 ここで自民党の議員達が、たとえ1年間でも2年間でも、民主党に協力して復興を行なうと一言言ったなら、自民党の株は急上昇だと私は思う。

 

 こうして、「菅降ろし」を声高に叫んで政界が右往左往する間、被災地ではいっこうに復興は進まないワケですから、現状がどれほど異常で愚かな事態なのか、火を見るよりも明らかです。

 

 ところで、菅降ろしの旗頭だった小沢一郎ですが、彼を支持する十数人の議員と共に本会議を欠席し、投票を棄権しました・・・ (ノ_-;)ハア…
 おそらく、賛成票を投じることで除名処分になることを避けるために、欠席することで保身を計ったものと思われますが、冗談じゃないぞと!(怒り)

 

 私は、小沢一郎という人物を高く評価してきまして、今の日本を任せられる政治家は彼しかいないとまで思ってきましたが、さすがに今回の一件では愛想が尽きましたよ (__;)

 今の小沢一郎に日本を任せたら、本当に壊されてしまいそうでコワイです (^^;

 

 アンタだって被災地の一つである岩手県を地盤とする政治家だろう。
 四の五の言っていないで、内閣に協力せんかい!!!
 アンタが同じ党内に向けて不満を言っている姿を見て、岩手県民は涙を流しているぞ、きっと・・・

 

 これまでは、小沢一郎が新党を作ったら、私は彼の政党に一票を投じるつもりでいましたが、金輪際ソレはないと思った次第です・・・ (__;)

 もう、顔も見たくないから、即刻、政界から引退してほしいです。

 「獅子身中の虫」とは、まさに小沢一郎のためにあるようなことばですよ(怒り)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

マジック点灯

 セ・パ交流戦が前半戦となる12試合を終了した昨日、ソフトバンクホークスに交流戦の優勝マジック「10」が点灯してしまいました (;^_^A アセアセ・・・

 

 ソフトバンクが、残り12試合のうち、10勝すれば、20勝2敗2分で、勝率は9割9厘となります。

 マジックの対象チームである2位の西武が残り12試合に全勝しても、21勝3敗にしかならず、勝率は8割7分5厘でソフトバンクに及ばないために、ホークスの優勝マジック「10」が昨日点灯したというわけです ヽ(^o^)尸

 

 まさか、こういう事が現実に起こるとは思ってもみませんでしたが、それだけ今のホークスのチーム状態はいいという事です。

 なお、21勝の西武よりも20勝のホークスの方が勝率で上回るというのは、引き分けが絡んでいるからで、引き分けの試合は勝っても負けてもいないわけですから、試合が無かったという扱いになります (^^;

 勝率勝利数÷(勝利数+敗戦数)

 しかし、引き分けは実質的には0.5勝とほぼ同じ価値になりますから、二つ引き分けているホークスは、21勝2敗に相当する成績という事になります (^^)v

 

 火曜・水曜と、セ・リーグ首位の中日との天王山ともいえる首位決戦を行なったわけですが、初戦こそ堅守を誇る中日の手堅い守りに阻まれ、実に締まった好ゲームとなりましたが、昨日の2戦目は中日の自滅という形で、ホークスが思わぬ快勝を納めました。

 

 「中日の自滅」と書きましたが、7回の裏、ホークスは決定的な2点を中日から上げました。
 この回、ホークスは1本の安打もなく、2点を入れたわけですが、だからこそ「中日の自滅」ということばを使わせていただきました。

 6回まで2-0でホークスがリードしていましたが、もしあのまま終盤に入っていたら勝敗はどちらに転んでいたかわからなかったと思います・・・

 

 下に、7回裏のホークスの攻撃を再現しますと・・・

 

 ここまで好投を続けて来たチェンを諦め、ソトが7回の頭からマウンドに上がります。
 この継投が中日に裏目に出ました (^^;

 9番山崎 一度もバットを振ることなくストレートの四球で無死1塁。
 1番川崎 ショート荒木のエラーにより、無死1塁、2塁。
 2番本多 よく見て四球を選び、無死満塁となります。

 ソトに代わって鈴木がマウンドに上がります。

 3番内川 死球で押し出しの1点目。なおも無死満塁。
 4番カブレラ ショートフライで1死満塁
 5番小久保 ライトへの犠牲フライで2点目。2死2塁、3塁。
 6番 福田 レフトフライで3アウトチェンジ。

 

 いかがですか、堅守を誇る中日をご存じの方にとってみれば、信じられない悪夢の7回裏だったのではないでしょうか・・・

 結果的に、この無安打による2失点が中日から戦意を奪い、8回、9回の攻撃を3人ずつの凡退で終わらせ、8回裏のダメ押しともなる2失点につながります。
 中日サイドの緊張の糸は、7回裏にプツンと切れてしまった何よりの証拠です。

 

 明後日から、甲子園で阪神との2連戦で交流戦の後半戦が始まります。
 もう、ホークスとしても、楽に戦えるのではないでしょうか(笑い)
 それとも、マジック点灯でヘンなプレッシャーとかかかり、連勝にストップがかかるのでしょうか (^^;

 なんにしても、後半戦が楽しみです p(^_^)q ワクワク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不本意

 昨日は「衣替え」でした。

 

 私は、頑固者というか、偏屈者というか、どんなに暑かろうと、あるいはどんなに寒かろうと、5月いっぱいは必ず長袖のユニフォームを着ますし、6月になれば半袖のユニフォームに着替えるのが常です。

 

20071001014  本来なら、昨日はスパッと半袖のユニフォームに切り替えて仕事に行くはずでした。

 もちろん、そのために前日には夏物の作業着を用意もしていました。

 

 しかし、あろう事か、昨日の関東地方はかなり寒くてね・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 気象庁の発表では、4月中旬くらいの気温という事でした。

 なんというか、私としてはかなり不本意ではありましたが、もう一日冬物の作業着のお世話になることにしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 以前の私なら、あのくらいの寒さなら迷わずに夏物の作業着に袖を通していたと思いますが、最近はトシのせいか、気弱になっている私がいます (^◇^) 。。。ケラケラ

 第一、年寄りの冷や水というか、ムリして風邪でもひいたらなんにもなりませんからね (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

激落ちくん

20110601003  コレは、レックという会社が販売している「激落ちくん」というクリーナーでして、洗剤を使わず「水だけで」汚れを落とすという事で、軽く濡らしてこするだけで、いろんな汚れがみるみる落ちていくという優れものです。

 けっこう市場でも人気になっているらしく、アチコチのメーカーからも類似品と呼ばれる「もどき商品」がいくつも作られて売られていて、愛用者も相当数いらっしゃるようです。

 

 かくいうウチの家内も、この「激落ちくん」信奉者の一人でして、オリジナルはもちろん、100円ショップなどで売っている「激落ちくんもどきなどもよく買ってきて使っています(笑い)

 

20110601001 20110601002

 

20110601004  これは、某ディスカウントストアで売られていた「激落ちくんもどき」の製品ですが、一目見ておもしろいと思ったもので、話のタネにと、思わず一個買ってきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ご丁寧に、外側に巻かれたセロハンには「文房具の消しゴムではありません」と書かれていました (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 見た目にも触った感じも、真っ白な普通のスポンジといった感じのクリーナーですが、コレはメラミンフォームと呼ばれる、メラミン樹脂をスポンジ状に発泡させたモノだそうで、一般のスポンジとは似て非なるモノのようです (^^;

 簡単にいうと、メラミンフォームというのは、ヤスリとか砥石のように、触れたものを削り取るようにして汚れを落とすというモノだそうで、柔らかいから騙されてしまう人も少なくないようですが、用途を一つ間違うと、こすったモノはキズだらけになってしまうので注意が必要です。

 

 ウチの家内も、「激落ちくん歴」は10年くらいになるそうで、その間に培ったノウハウはけっこうあるそうです(笑い)
 当然、失敗も何度かあったらしく、中には、指先の汚れを落とそうと「激落ちくん」でこすったこともあったそうで、その時は指先の違和感にいち早く気付いて事なきを得たそうですが、中には「激落ちくん」でこすって指先の皮が剥けたり、赤く炎症を起こしてしまった人もでたんだそうで・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 家内曰く、「アレはタワシよりもコワイ」とも・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ガラスやステンレスなどのように、ある程度硬いものならいいのですが、プラスチックや光沢のある塗装面などを「激落ちくん」でこすると、細かいキズが付くので適さないと使用上の注意にも書いてあります。

 湯飲みの茶渋取りには、「激落ちくん」は最高よと家内は太鼓判を押しています (^^)v
 チョッとガンコな汚れは、クレンザーを併用してこすれば完璧よとも (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »