« 中国四千年 | トップページ | 父の日 »

2011年6月18日 (土)

採点

 先日聴いていたラジオで、現民主党政権に対する採点をリスナーから募集していました。

 

 その日集まったリスナーからの声は、およそ150票

 一番多かった採点は、「0点」という事で、平均すると「11点」だったそうです。

 中には、0点にも届かないという事で、マイナス点を付けたリスナーも何人もいらっしゃいました (^^;

 やはり、世間の目は今の政府に対し、相当厳しいようです。

 

 ところで、私が今の民主党政権に対して採点をするとしたなら、何点を付けるだろうという事でチョッと思案してみました。

 その結果として、私が付けた点数は「70~80点」くらいかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 おそらく、皆さん方が考えている点数から比べれば、相当高い方なんじゃないかと思います(苦笑)

 

 しかし、私は民主党の閣僚達は、菅総理も含めてけっこうよくやっていると思っているので、及第点を与えてもいいんじゃないかと思っている一人です。

 今回の大災害に対する対応についても、世間ではそうとう批判されており、私も不満ももどかしさもそれなりに持っていますが、それでも、まぁ、よくやっている方なんじゃないかと思っています。

 だいたい、大地震大津波、そこに加えて原発事故でしょ。どれひとつとっても未曾有の大災害じゃないですか。
 それが一度に三つも重なったわけで、そう考えれば、多少のもたつきもある程度はやむを得ないだろうと・・・

 

 今、政界は与党も野党も菅降ろしに懸命で、マスコミも国民も菅首相が「いつ辞めるのか」が大きな関心事になっていますが、なぜ今「菅降ろし」なのか、私にはサッパリ理解できません。

 「今」が非常時だという事は国民の誰もがわかっているはずです。それなのに、寄ってたかって国のアタマを引きずり下ろすことに一生懸命で、何も決まらない、何も進まない、そんな空しい時間が震災以降ずっと続いています・・・ (ノ_-;)ハア…

 仮に菅首相が辞めたとして、次の総理大臣が決まるまでず~っと政治空白が続くワケですよ。そんな事では国民が、そして被災者が、困ってしまうのは言うまでもないことです。

 

 ダメならダメで、どうして皆で支えようとしないのでしょう・・・

 

 ここで言うところの「皆」とは、与党はもちろん、野党の連中も含めて、国会議員が全員一丸となることが、「今」、誰もが求めているコトなのではないでしょうか。

 

 小泉氏が2006年に総理の座を退いてから、毎年毎年総理大臣が交代するという異常事態が5年も続いています (__;)
 その間、自民党から3人、民主党から2人総理大臣が出ており、おそらく近い将来6人目の総理大臣がどこかの政党から出るのでしょう・・・

 安倍氏、福田氏、麻生氏、鳩山氏、そして菅氏、いずれも最後は身内から足を引っ張られ、総理のイスから追われていきました (^^;
 彼等の後任の首相達は、党内からも国民からもある程度期待されて首相に迎えられたはずなんですが、首相のイスに座ったままで2年目を迎えるコトがどうしてもできないようです。

 

 我が国は、いったいいつからこんな情けない国になってしまったのでしょう・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 「育てたように子は育つ」ということばがあります。

 「どうしてこんな情けない子どもになっちゃったんだろうねぇ」と嘆く親が居たとしたなら、それは親のあなたがそういうふうに育てたんだよという事で、子どもが勝手に親の望まないように育ったわけではないのです。

 

 政治家だって同じ事だと私は思います。

 

 政治家なんて誰がなっても同じだとか、どこの政党でも変わらないとか、そんなふうに嘆く国民は多いと思いますが、そんなダメな政治家を育ててしまったのは、他ならぬ私たち国民であり、有権者の責任なのです。

 投票には行かない、政治には関心が無い、そんな情けない国民ばっかりだから、我が国には無能な政治家しか育たないんじゃないんですかねぇ q(`o')ブー!!

 

 もし、投票率が80%とか90%とか、いつもそんな数字だとしたら、政治家たちは必死で仕事をせざるを得ないだろうと思いますよ(笑い)
 有権者たちにいつも自分の仕事ぶりを見られているという意識が政治家一人一人にあったなら、そうそうバカな事はできないでしょ (^^)v

 昔、選挙に際して「無党派層は寝ていてくれればいい」と発言したとされる首相が居ましたが、今の政治家達の有権者に対する意識なんて、そんなモンだろうと思います。
 何をしても、何をしなくても、国民なんて○○ばっかりだから、適当にやって、在任期間の間にできるだけ美味しい汁を吸えればそれでいいなんて考えているアホ議員が、国会にも地方にもわんさか居るからこそ、毎年毎年お祭りが開催されるみたいに、首相というミコシを担ぎ出すことに一生懸命になっているんでしょうな(怒り)

 

 今の民主党政権が「△点」落第点を付けた方々には、そんな点しか付けられない政治家を選んだのは、他ならぬあなた自身なんですよと声を大にして言いたいですねぇ。

 結局、政治家を変え、国を変えていくためには、まず有権者の意識が変わらなければならないというコトに、国民が気付く事が、今一番求められていることなんだと私は思っています。

|
|

« 中国四千年 | トップページ | 父の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/51970084

この記事へのトラックバック一覧です: 採点:

« 中国四千年 | トップページ | 父の日 »