« 不本意 | トップページ | 愚か者 »

2011年6月 2日 (木)

マジック点灯

 セ・パ交流戦が前半戦となる12試合を終了した昨日、ソフトバンクホークスに交流戦の優勝マジック「10」が点灯してしまいました (;^_^A アセアセ・・・

 

 ソフトバンクが、残り12試合のうち、10勝すれば、20勝2敗2分で、勝率は9割9厘となります。

 マジックの対象チームである2位の西武が残り12試合に全勝しても、21勝3敗にしかならず、勝率は8割7分5厘でソフトバンクに及ばないために、ホークスの優勝マジック「10」が昨日点灯したというわけです ヽ(^o^)尸

 

 まさか、こういう事が現実に起こるとは思ってもみませんでしたが、それだけ今のホークスのチーム状態はいいという事です。

 なお、21勝の西武よりも20勝のホークスの方が勝率で上回るというのは、引き分けが絡んでいるからで、引き分けの試合は勝っても負けてもいないわけですから、試合が無かったという扱いになります (^^;

 勝率勝利数÷(勝利数+敗戦数)

 しかし、引き分けは実質的には0.5勝とほぼ同じ価値になりますから、二つ引き分けているホークスは、21勝2敗に相当する成績という事になります (^^)v

 

 火曜・水曜と、セ・リーグ首位の中日との天王山ともいえる首位決戦を行なったわけですが、初戦こそ堅守を誇る中日の手堅い守りに阻まれ、実に締まった好ゲームとなりましたが、昨日の2戦目は中日の自滅という形で、ホークスが思わぬ快勝を納めました。

 

 「中日の自滅」と書きましたが、7回の裏、ホークスは決定的な2点を中日から上げました。
 この回、ホークスは1本の安打もなく、2点を入れたわけですが、だからこそ「中日の自滅」ということばを使わせていただきました。

 6回まで2-0でホークスがリードしていましたが、もしあのまま終盤に入っていたら勝敗はどちらに転んでいたかわからなかったと思います・・・

 

 下に、7回裏のホークスの攻撃を再現しますと・・・

 

 ここまで好投を続けて来たチェンを諦め、ソトが7回の頭からマウンドに上がります。
 この継投が中日に裏目に出ました (^^;

 9番山崎 一度もバットを振ることなくストレートの四球で無死1塁。
 1番川崎 ショート荒木のエラーにより、無死1塁、2塁。
 2番本多 よく見て四球を選び、無死満塁となります。

 ソトに代わって鈴木がマウンドに上がります。

 3番内川 死球で押し出しの1点目。なおも無死満塁。
 4番カブレラ ショートフライで1死満塁
 5番小久保 ライトへの犠牲フライで2点目。2死2塁、3塁。
 6番 福田 レフトフライで3アウトチェンジ。

 

 いかがですか、堅守を誇る中日をご存じの方にとってみれば、信じられない悪夢の7回裏だったのではないでしょうか・・・

 結果的に、この無安打による2失点が中日から戦意を奪い、8回、9回の攻撃を3人ずつの凡退で終わらせ、8回裏のダメ押しともなる2失点につながります。
 中日サイドの緊張の糸は、7回裏にプツンと切れてしまった何よりの証拠です。

 

 明後日から、甲子園で阪神との2連戦で交流戦の後半戦が始まります。
 もう、ホークスとしても、楽に戦えるのではないでしょうか(笑い)
 それとも、マジック点灯でヘンなプレッシャーとかかかり、連勝にストップがかかるのでしょうか (^^;

 なんにしても、後半戦が楽しみです p(^_^)q ワクワク

|

« 不本意 | トップページ | 愚か者 »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

ホークスに完敗でした(泣)

投稿: すが太郎 | 2011年6月 2日 (木) 12:07

 すがさん、どうもです (^_^)/

 いやぁ、二日間、楽しませて頂きました。
 次は、ナゴヤドームですね (*^.-^*)♪

投稿: 夢ピ | 2011年6月 2日 (木) 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジック点灯:

« 不本意 | トップページ | 愚か者 »