« 愚か者 | トップページ | 静岡の茶畑 »

2011年6月 4日 (土)

金谷扇町の鯉のぼり

 昨日、静岡県の菊川市まで仕事で行って来ました。

 

 その帰り道、カーナビの案内通りに車を走らせていたんですが、うっかりと交差点を曲がり損ねて直進し、狭い路地に迷い込んでしまったんですが、そこで思わぬものを目にしたので、もう一度同じ場所へと回り込んで写真に収めてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20110604001 20110604006

20110604002

 

 

 ご覧のように、川の上に色とりどりのたくさんの鯉のぼりが游いでいました o(*^▽^*)o~♪

 

 たくさんの鯉のぼりが游いでいるのを見かけるのはそれほど珍しい事ではありませんが、今は6月ですからね、なんだろうと思ったワケですよ。

 場所は、静岡県の島田市内で、清水川に架かる「清水橋」の上から撮ったものです。

 

 写真を撮ったついでに、ご近所の方を見かけたのでチョッとお話を伺ってきました (;^_^A アセアセ・・・

 それによると、この辺りでは川で灯ろう流しをする風習があったそうですが、諸般の事情で無くなってしまったそうです。
 それで、灯ろう流しの代わりにと、扇町の有志が集まって行なわれるようになったのが、この清水川に游ぐたくさんの鯉のぼりだったそうで、まだ数年の実績しかありませんが、すでに地区の名物になっているらしく、地元のテレビ局なんかも取材に訪れたそうです。

 写真では、川の左手側が金谷扇町になります。

 こういうものの常ではありますが、だんだん規模が大きくなっているそうで、最初は小さな鯉のぼりだけだったのが、年を重ねるにつれて、写真にもあるような大きな鯉のぼりも飾られるようになったそうで、昨日見た鯉のぼりは、ご覧のようになかなか見事なものでしたよ o(*^▽^*)o

 

 ところで、なんで今の時期に鯉のぼりなのかと訊いてみたところ、この辺りでは、月遅れで鯉のぼりを飾るんだそうで、この鯉のぼりも先月から飾られ、今月いっぱいくらいまで見られるそうです。
 なぜ月遅れで鯉のぼりを飾るのか、その辺りの詳しい事情までは聞けませんでしたが、お盆なんかも月遅れで行なうところが多いわけですから、そういう地域もあるのかなと (^_^;

 

20110604003 20110604004 20110604005

 

 川の両岸には、「東日本大震災 がんばろう日本」の文字も見られました。

|

« 愚か者 | トップページ | 静岡の茶畑 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金谷扇町の鯉のぼり:

« 愚か者 | トップページ | 静岡の茶畑 »