« 気に入らない店員 | トップページ | 交流戦優勝 »

2011年6月15日 (水)

カナリア

 今日もどうでもいいような話題で恐縮なのですが・・・ (^_^ゞポリポリ

 

Canary  「カナリア」という鳥がいまして、名前くらいは皆さんもよくご存じだと思います。

 一般的に、「カナリア」といえば「鳥」の事だと誰もが思っていると思いますが、実は「カナリア」とはもともとは「犬」のことだったというのが今日の話題の趣旨です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 なぜ、「犬」のことを表わす「カナリア」が、「鳥」を指すようになったのか・・・

 

20110615001_2

 「カナリア」は、カナリア諸島が原産地で、1600年代にスペイン人の船員達によってヨーロッパに持ち込まれ、ペットとして飼われるようになりました。

 この当時、例えばイギリスでは「canary bird」という名前で呼ばれていました。
 文字通り、「カナリア諸島の鳥」という意味です。

 それはそれでいいんですが、じゃぁ、「カナリア諸島」とはどういう意味だったのかといえば、「犬の島」という意味でした (^_^;

 

20110615002  この島には、多くの野犬が住みついていたことから、もともとはラテン語で「Insula Canaria」と呼ばれていたそうです。
 「Insula」「島」「Canaria」「犬の」という事で、英語でいえば「Canary Islands」になります。

 カナリア諸島の州の旗や紋章には、ご覧のように7つの島をはさんで2匹の犬が描かれていることからも、この島にとって「犬」が特別の存在だという事がうかがえるワケです。

 

 そのうちに、「canary bird」から「bird」が取れて、単に「canary」と呼ぶようになりました。
 ことばを省略して短く言うのは日本に限ったことではなく、欧米でも横行しているみたいですね(笑い)

 代表的なものは、「ピアノ」でしょうか。
 「ピアノ」も、作られた当初はイタリア語で「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」と呼ばれていました。これは、「弱い音と強い音の出るチェンバロ」という意味です。
 やがて、長ったらしい名前は「ピアノフォルテ」と縮めて呼ばれるようになり、それさえも略されて、単に「ピアノ」と呼ばれるようになったというのは、有名なハナシです。

 

 「Canaria」には「犬」という意味があったということは、いつの間にか忘れられてしまい、今に至るわけですが、「カナリア」とはラテン語でもともと「犬」の事だったという事を知っている人が、はたしてどのくらいいらっしゃるんでしょうね(苦笑)

 

 

 最後に、私の大好きな大滝詠一が、1981年に発表した「カナリア諸島にて」の動画をご紹介して記事を〆たいと思います ( ^-^)/ ♪

 「カナリア」をモチーフに作られた歌といえば、「唄を忘れた金糸雀は 後の山に棄てましょか・・・」という、童謡の「金糸雀(かなりや)」を、誰でも直ぐに思い浮かべると思うんですが、ここは敢えて大滝詠一で・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 

|

« 気に入らない店員 | トップページ | 交流戦優勝 »

うんちく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナリア:

« 気に入らない店員 | トップページ | 交流戦優勝 »