« 同期 | トップページ | 新しい顔 »

2011年7月31日 (日)

ことほぎ

 高野健一というシンガーソングライターがいらっしゃいまして、彼の作った歌の中に「ことほぎ~君への遺言~」という作品があります。

 「ことほぎ」といっても、ピンと来ない人も多いとは思いますが、漢字で書くと「寿ぎ」となります。
 「言祝ぎ」と書く場合もありますが、いずれにしても「おめでたい」という意味で用いられます。

 

 この辺りの事情と、「ことほぎ~君への遺言~」にまつわるエピソードが、高野健一さんご自身のブログに載っていましたので、下に一部を抜粋したものを掲載させていただきます (^^ゞ

 

------------------------------------------------------------

「ことほぎ」とは聞き慣れない言葉かもしれませんね
僕はこの言葉を去年、俳優の森繁久彌さんがお亡くなりになられたときのニュースの中で初めて耳にしました。生前のVTRの中で、森繁久彌さんが奥様を亡くされたときにインタビューに答えてらっしゃるものがあったのですが、そこで森繁久彌さんは、

『「寿命」とは「命」を「ことほぐ」と書くんです。寿命がきて亡くなるということはめでたいことなんです…。』

と、静かながら力強い口調で語ったのでした。。。

「ことほぐ」という美しい日本語の響きと、<死>を悲しむだけではなく、<命を祝福するという考え方>に衝撃を受けた僕は、この森繁久彌さんのメッセージを歌にしたいと思いました。

 

------------------------------------------------------------

 

 つまり、人が亡くなるということは悲しいことではあるけれど、決してそれだけではないということを森繁久弥は言いたかったんだろうと・・・

 

 事故や病気などで、天寿を全うできずに亡くなった人の場合は、確かに残念で無念で悲しいという事になるのでしょうけれど、例えば、高齢のために老衰で亡くなった人の場合には、「大往生」ということばが使われることがあります。

 「天寿を全うした」という事で、それほど苦しむこともなく天国に召されたことを、「喜ぶ」といったら語弊があるかもしれませんが、遺族や弔問客の間には悲しみだけではなく、ある種の安堵感があることは否定できないと思います。

 

 それが、森繁久弥が言うところの「命」を「ことほぐ」ということなんじゃないだろうか・・・

 

 たとえ、事故や病気などで、人生の道半ばで逝くことになったとしても、嘆き悲しむだけではなく、今日まで生きてきたこの命を、どうか慶んで欲しい・・・
 この、「ことほぎ~君への遺言~」という作品は、そんなコンセプトのもとに作られた歌だそうです・・・

 残された遺族に対し、「慶んで欲しい」というのは、亡くなっていく人の勝手な言い分であり、エゴのように思えなくもないけれど、少なくても、前向きな考えであることは間違いないように私には思えます。

 

 

 ・・・という事で、下に、「ことほぎ~君への遺言~」の動画と歌詞を、先にご紹介した高野健一さんのブログからお借りしてきましたので、よろしかったら、一度お聞きになってみてください ( ^-^)/ ♪

 

 

 ことほぎ ~ 寿ぎ・君への遺言 ~   

 

(一)「寿命」とは「命を寿ぐ」という意味なんだ
   今日まで生き抜いたこの命をどうか慶んで欲しい

   君を愛し抜いて 君に先立つと決めていた
   想いを成し遂げるこの命を どうか慶んで欲しい

   大空にほら 涙も悲しみも溶けてゆく
   そばにいてくれてありがとう ごめんね

   君と歩んだ人生 本当に幸せだった
   君と巡り会えたこの命に どうか微笑んで欲しい

 

(二)限りある命はみんな等しくいつか終わる
   どんなに小さくて短い命もどうか愛しんで欲しい

   新しい命が きっとどこかで産まれている
   ずっと繋がってる命の絆を 子達へ伝えてゆこう

   大空にほら 孤独も寂しさも溶けてゆく
   温かいその手ありがとう ごめんね

   君と過ごした日々 本当に幸せだった
   君と巡り会えたこの命に どうか微笑んで欲しい

 

  「寿命」とは「命を寿ぐ」という意味なんだ
  今日まで生き抜いたこの命をどうか慶んで欲しい

  君と巡り会えたこの命にどうか微笑んで欲しい

  君を愛し抜いたこの命にどうか微笑んで欲しい

  命を寿ぎどうか微笑んで欲しい

|

« 同期 | トップページ | 新しい顔 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/50099475

この記事へのトラックバック一覧です: ことほぎ:

« 同期 | トップページ | 新しい顔 »